シェルターに愛犬収容、$20の手数料の支払いを拒否した飼い主

シェルターに愛犬収容、$20の手数料の支払いを拒否した飼い主

シェルターに収容された盲目の犬。その犬を助け出すには$20の手数料の支払いが必要でした。その犬の飼い主がすぐに見つかったのですが、手数料の支払いを拒否してきました…

はてな
Pocket
お気に入り登録

$20の価値もないと引き取り拒否された犬

ジェイク

これはジェイクの物語です。

彼は生まれつき盲目でした。

ある日、ジェイクはカリフォルニア州南部の道路をたった一人で歩いていたところを保護され、シェルターに収容されました。

拒否

飼い主がすぐに判明したため、シェルターは$20の引き渡し手数料を要求しました。

でも、飼い主はそれを拒否しました。

この犬にそんな金を払う価値はない…と。

わずか$20の手数料でジェイクの命は殺処分から救われるのですが…飼い主はそれを拒否してきたのです。

引き取り

ジェイクはとても人懐っこくて、まだ1歳でした。

なんとか助けようと、アニマルコントロールのスタッフが、動物愛護のボランティアにジェイクの事を伝えました。

それでジェイクは助かりました。

ジェイクは一時預かりさんの家で里親が見つかるまで過ごすことになりました。

里親

2年後、譲渡会でジェイクに里親様が決まりました。

問題なし

ジェイクは、盲目ですが、他の犬達と変わりなく過ごせています。

ビーチに行って他の犬達同様走り回れます。

他の犬達と問題なく遊べます。

見えなくて踏み外してこけたとしても彼はすぐに立ち直ります。

最後に

ジェイクの里親さんは、最後にこう語っています。

「ジェイクは私に”保護犬を助ける”という気づきを与えてくれました。」

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。