段ボール箱に入れられて道路わきに捨てられた7匹の子犬

段ボール箱に入れられて道路わきに捨てられた7匹の子犬

いったい誰がこんなひどいことができるのでしょうか?それはセルビア共和国で起きました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

捨て犬

段ボール箱

わずか生後約2週間の仔犬たちが段ボール箱に入れられて、道路わきに捨てられていました。

乳飲み子

まだ母親が必要な乳飲み子たちです。

それなのに、母親から無理やり引き離し、しかも段ボール箱に押し込んで道路わきに捨てるなんて、死ねというようなものです。

いったい誰がこんな惨いことを平気でできるのでしょうか?

セルビア

残念ながら、南東ヨーロッパ、バルカン半島中西部の内陸に位置するセルビア共和国では、このような捨てられる動物たちがまだ無数にいます。

幼い

子犬たちは、4匹の女の子と3匹の男の子でした。

子犬たちは、シェルターに収容するには小さすぎました。

ミルク

何故なら、子犬たちは2時間おきにミルクを与えなければならないからです。

そのため、子犬たちは、一時預りさんのところに連れて行かれました。

一時預り

一時預りさんは、子犬たちに2時間おきにミルクを哺乳瓶で与え、暖かい寝床を作ってくれました。

子犬たちは暖かい寝床で安心して寝むりにつくことができました。

最後に

この子たちがその後どうなったのかは、動画にはありませんでしたが、犬のレスキューをされている団体が救出してくれたようなので、きっと乳離れした後に、それぞれ里親さんを見つけてくれたと思います。

避妊・去勢することがまだ浸透していない場所であっても、こうして命を助ける人たちがいるということに救われる気持ちです。

日本も他人ごとではありません。このように避妊・去勢をせずに、生まれたら捨てる人たちはまだまだいます。

そういう、命に対しての無情の行為がいつかこの世からなくなることを心から願っております。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。