溝にはまって死にかけていた子犬の救出劇

溝にはまって死にかけていた子犬の救出劇

溝から犬の鳴き声がすると、インドの動物愛護団体に通報が入りました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

溝にはまっていた子犬

通報

蓋が閉まった溝の下から、子犬の鳴き声が聞こえてくると、『Animal Aid Unlimited』というインドで活動している動物愛護団体に通報が入りました。

同団体のスタッフがすぐに現場に駆けつけました。

発見

救助者が2人がかりで重い蓋を持ち上げてみると、溝の汚水の中に、子犬が1匹はまっているのが発見されました。

子犬の鼻まで汚水につかり、辛うじて息をしていました。

救出

子犬はとても弱っていました。

慎重に溝から救いだされました。

検査

子犬の体はくまなく調べられましたが、骨折や怪我はしていませんでした。

しかし、神経的な問題が生じていました。

頭部を強く打っている可能性がありました。

治療

子犬の状態を安定させるための点滴での投薬が24時間行われました。

翌日

子犬は救助してからずっと眠り続けていました。

翌日も目が覚めませんでした。

3日目

救出から3日目に、ようやく子犬は目覚めました。

そして介助が必要でしたが、ご飯を食べることができました。

バランス

その後、子犬は立ち上がりましたが、バランスをとることができず、何度もよろけてこけてしまいます。

5日目の夜には発作を起こしました。

サークル

7日目には、まっすぐに立つことができましたが、くるくると回っていました。

そして

子犬の名前は”リトル・レオ”

このこはもう一生まともには歩けないと考えられていましたが...

やがて奇跡が起きました!

最後に

生きようとする力は偉大なパワーを発揮します...

その命を人間たちの都合で、殺処分という形で、奪わないでやってください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。