ゴミ袋で捨てられ、死にかけた子犬の話

ゴミ袋で捨てられ、死にかけた子犬の話

お気に入りに追加

ナイロン製の黒いゴミ袋に仔犬が入っていました。子犬は死にかけていたところを発見されました。そして...

4217view

捨て犬

ゴミ捨て場

ルーマニアのトランシルヴァニアのゴミ捨て場で子犬が捨てられているのが発見されました。

子犬

子犬は固く結ばれたゴミ袋に入れられていました。

ひどい状態

子犬の足は骨折していました。

子犬は飢餓状態で脱水症状も起こしていました。

更に頭部にひどい怪我を負っていました。

殺意

子犬は、酷く殴られていました。

たぶん、誰かが仔犬を殺そうとしたのでしょう。

子犬はすぐに『トランシルヴァニア アニマル ケア』に運ばれました。

治療

最初に獣医師は、子犬の腦の腫れに対処しました。

それから彼らは子犬に寄生していたウジ虫を取り除きました。

脳卒中

子犬は頭部外傷により脳卒中を起こしました。

でも、治療のおかげで助かりました。

命名

子犬は『アノラ』と命名されました。

それは”光“という意味です。

”生きるためにあらゆる意思を尊重する”という意味が込められています。

里親

その後、アノラはイギリスに行きました。

とても暖かい家族に迎え入れられました。

手術

やがてアノラの足の手術が行われました。

アノラは順調に回復し、ちゃんと歩けるようになりました。

最後に

アノラは、虐待を受け殺される寸前まで追い込まれた子犬でした。

でも、そのことがきっかけとなり、発見され、治療を受け、最終的に海を越えて素晴らしい家族と巡り合うことができました。

命が脅かされ、大けがをして苦しまされた末に、やっと掴んだ幸せでした。

それは、アノラをなんとか助けようと動かれた人々がつないだ命でした。

人間には大きく分けて三種類の人たちがいます。

他の命を傷つけたり殺そうとする人、何にもしない人、そしてなんとか命を救おうとする人。

あなたはどの人になりたいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。