収容所で過酷な時を何年も過ごしてきた犬

収容所で過酷な時を何年も過ごしてきた犬

彼には名前はありませんでした。彼に与えられたのは、番号だけでした。

はてな
Pocket
お気に入り登録

番号を付けられた犬

収容所

この犬は、何年もの長い間、ルーマニアの収容所で過ごしていました。

適切な医療も行われず、この犬はどんどん衰弱していきました。

彼はやせ細っていて、弱弱しかったです。

待ち続ける

彼は8歳になっていました。

過酷な環境の収容所で、救いの手が差し伸べられるのを待ち続けていました。

救出

『Howl Of A Dog』によって彼はこれから幸せの道を歩みます。

かゆみ

彼の体にはノミやシラミが無数に寄生していました。

そのため、激しいかゆみに襲われていました。

初めて

彼にとっては恐らく初めて撫でられたのではないでしょうか。

番号

名前はありません。

彼に与えられたのは、耳に付けられた番号だけです。

彼が生まれて初めて庭を散歩している時、虹が祝福してくれました。

ブラッシングをしてもらい、メディカル・バスをしてもらいました。

耳に付けられていたタグを外してもらいました。

タグを付けられていた場所には穴が開いていました。

名前

もう彼には番号はありません。

彼にあるのは、名前です。

彼は「チャーリー」と名付けられました。

そして彼には、期待に満ちた将来が待っています。

笑顔

救助者にとって、助けた犬の笑顔を見るのは最高の喜びとなります。

歳をとったチャーリーは、これからは子犬のように生きている事に対して素直に喜ぶことができるでしょう。

最後に

ルーマニアの収容所は、日本の保健所と同じです。

そこまで過酷な収容ではないかもしれませんが、収容された犬には名前も与えられず、番号が振り分けられます。

日本では、犬は法律上、”命”ではなく、”物”として扱われています。

このままでいいと思いますか?

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。