10年近く通りで暮らしていたホームレス犬が『リード生活』で学んだこと

10年近く通りで暮らしていたホームレス犬が『リード生活』で学んだこと

お気に入りに追加

通りで何年も暮らし続けている高齢の犬がいると通報が入ったことで、その犬の生き方は劇的に変わりました...

2312view

ホームレスの高齢犬

通報

ロサンゼルスを拠点に動物救済活動を繰り広げているHope For Pawsが通報を受け取りました。

「長い間、ずっと通りで暮らし続けている高齢犬がいる」

リサとジョアンがその犬の救出に向かいました。

両目

その犬の両目は白く濁っていました。

彼がどのくらい見えているのかわかりません。

嫌がる

明らかに人間が彼に近寄るのを嫌がっていました。

10年

近所の人たちに聞き込みをしたところ、彼はもう10年近くこの通りで暮らしているそうです。

未体験

彼は、人間の優しさに触れたことがないんだと思います。

ステップ

私達は、確信しています。

犬が背負う捕獲の際の数分間のストレスは、生涯の愛と幸せを掴むためのステップになることを。

外す

捕まえた時のワイヤーはできるだけすぐに首から外します。

命名

私達はこの子を『ファラオ』と名付けました。

一時預り

必要な医療ケアの後、彼は一時預りさんの家に向かいました。

再会

リサとジョアンは、数か月後、フェラオに会いに行きました。

最後に

ファラオがホームレス時代、彼はリードで繋がれて歩く犬たちを、かわいそうだと思っていたかもしれません。

しかし、今、彼がリード生活をして学んだことは、人間たちの愛でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。