家族の突然の引越でアパート室内に置き去りにされた子犬

家族の突然の引越でアパート室内に置き去りにされた子犬

お気に入りに追加

ある家族が突然アパートを引っ越していきました。そこには、仔犬が1匹取り残されていました...

4562view

アパートに置き去りにされた仔犬

ある家族が引越の際に、仔犬をアパートに置いて行くことにしました。

置き去り

仔犬の名前は『バグシー』。

バグシーはある家族と一緒に暮らしていました。

家族が引っ越すことになった時、バグシーを一緒に連れて行くことはありませんでした。

2週間後

その家族は、突然、アパートを出て行きました。

大家が気が付いたのは、その2週間後でした。

ショック

アパートの室内は、糞尿だらけになっていました。

しかし、大家が一番ショックだったのは、その中に置き去りにされてやせこけた仔犬がいたことでした。

通報

大家さんは、アニマル・コントロール(保健所)に連絡しました。

オフィサー(警官)が来て、バグシーを連れて行きました。

シェルター

オフィサーは、バグシーをその地区のシェルターに連れて行きました。

Anechaiaricoさんはそこでボランティアをしていました。

動物病院

シェルターのスタッフは、Anechaiaricoさんに、バグシーを動物病院へ連れて行ってくれないかと頼みました。

Anechaiaricoさんはすぐに了承しました。そしてバグシーを病院に連れて行ってくれました。

獣医

バグシーは、やせこけていて衰弱し、脱水症状を起こしていました。

獣医たちは、彼のことをとても気に入りました。

獣医たちが唯一すぐに治せなかったのは、バグシーの内気な性格でした。

自宅

Anechaiaricoさんは週末、バグシーを自宅に連れて帰りました。

バグシーはゆっくりと、彼の内気な殻を破り始めていました。

一時預り

その後、バグシーは一時預りさんの家に移動しました。

そこでバグシーの里親が決まるまで過ごします。

修復

バグシーは辛い時を経験しましたが、傷ついた心は修復されるでしょう。
そして、いつか里親さんが現れて家族の一員として迎え入れられることでしょう。

安心

バグシーの安全は保障されています。バグシーもそれがよくわかっています。

バグシーはやっと仔犬らしさを取り戻すことができました。

彼はおもちゃで遊ぶことも覚えました。
また先住犬と遊ぶことも覚えました。

最後に

バグシーは、前の家族が置き去りにしたことで、本物の幸せを掴むことができる犬として運命が大きく動いたというわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。