どうして誰も僕を迎えに来てくれないの?いつまで待てばいいの?

どうして誰も僕を迎えに来てくれないの?いつまで待てばいいの?

お気に入りに追加

センターに収容されて1年近く、誰一人里親希望として名乗り出てくれない犬がいました。彼の名前はドーザー。ピットブル系の雑種です。ドーザーはセンターでの生活が長期化したことへのストレスでとうとう食欲もなくしてしまいました。

3382view

1年近くも誰からも望まれなかった犬

ドーザー

カリフォルニア州のAgouraアニマル・ケア・センターでドーザーは、もう1年近く誰か里親になってくれ、家に連れて帰ってくれることを待ち続けていました。

ピットブル系の雑種は、センター生活があまりに長くなり、ストレスで食欲さえも失せていきました。

ボランティアたちは、このままではドーザーの健康に支障が出てしまうことに気づき、彼をなんとかしたいと考えました。

そこで彼らは彼の性格と彼の生い立ちを描いた手紙を首からぶら下げて写真を撮影しました。

手紙に書かれた言葉

「どうして誰も僕のことを迎えに来てくれないの?
僕はこのセンターにもう1年近くいるよ。
僕は悲しくて仕方ないんだ。
とうとう食欲もなくなってきた。
ボランティアの人たちは、僕はとてもいい子だと言ってくれる。
僕は人が大好きで、子供にも優しいよ。
僕が望んでいることは、ただ誰かに愛してもらうこと、それだけなんだ。
それはもしかしたら君かもしれない。 

愛をこめて ドーザー」

SNS

ドーザーの写真と手紙がSNSで公開されました。

ドーザーの悲しい状況は、すぐに動物好きの人たちの間で広まり、みんなでドーザーの里親探しが始まりました。

すると、割とすぐに複数の家族がドーザーに興味を持ち始めました。

お見合い

96本の電話での問い合わせが入りました。

ドーザーには1年近くも誰も興味を持たなかったのに、SNSに載ったことでわずか2日後にはお見合いが始まりました。

わずか数日間でドーザーの里親希望者の申し込みが殺到しました。

そしてドーザーに里親さんが決定しました!

最後に

ソーシャル・メディアの力は凄いことが証明されました。

こうしてドーザーの運命をアッとという間に変えたらのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。