犬を無理やり抱っこする危険性!こんな抱っこは絶対にやめてください

犬を無理やり抱っこする危険性!こんな抱っこは絶対にやめてください

お気に入りに追加

犬と生活している中で、抱っこをする機会は多いでしょう。しかし、その抱っこの仕方は正しいと自信を持って言えますか?もしかしたら、愛犬に負担がかかっているかもしれません。間違った抱っこの仕方についてご紹介します。

9801view

犬にとっての抱っことは?

抱っこされる犬

犬はもともとオオカミとして野生で生活していた動物なので、人間に抱っこされることを必要とせず生きてきました。しかし人間と共生し、人間と密接に生活する現代では、抱っこをしなければならない場面が多数存在します。

例えば、

  • 交通量や人通りの多い道
  • ペット可の公共施設であっても、周りの人を考慮して入店するとき
  • 犬のことが苦手な人が近くにいるとき
  • 他の人や犬に対して過剰に反応し、ケンカに発展しそうなとき
  • 爪切りや耳掃除などのグルーミングを行うとき

などが挙げられます。このような場面では、愛犬の身を守るためや第三者へ危害を加えないために、抱っこをする必要があります。犬にとって抱っこは、人間と生きていくうえで必要なものと考えられます。
しかし一概に抱っこといっても、気を付けなければならない点がいくつかあります。

こんな抱っこは危険①縦のまま抱っこする

縦のまま抱っこされる犬

つまり、犬がバンザイをした状態で肩甲骨あたりを持ち、そのまま宙に持ち上げる状態を指します。この体勢では胴体や下半身の重さによって足腰に負担がかかります。

また、犬は鎖骨が存在しないため横への可動域が狭く、関節に痛みが生じたり脱臼する恐れもあります。飼い主さんが持っている肩甲骨周辺は、とくにストレスがかかるでしょう。胴体が長いダックスフンドなどの犬種はとくに注意しましょう。

また足が宙に浮いた状態なので、犬にとっても落ち着くことができません。これでは、犬にとって気持ちの良い抱っことはいえないでしょう。

こんな抱っこは危険②仰向けの抱っこ

仰向けの犬

人間の赤ちゃんのように、仰向けで抱っこする飼い主さんも多いのではないでしょうか?

しかし普段四足で歩いている犬にとって、仰向けの状態は内臓に負担がかかる体勢です。また、腰にもストレスがかかる体勢であることから椎間板ヘルニアを発症しやすく、抱っこの仕方としてはオススメできません。

また、犬が仰向けで寝ていたり、自らお腹を見せる仕草は「服従」や「落ち着き」をあらわしますが、犬の意思とは関係なしに無理やりに仰向けにされることは、「飼い主に服従しろ」「従え」と強要されていると勘違いしてしまいます。

それは犬にとって居心地が悪い状況であるので、信頼感が薄くなったり警戒心が強まってしまうかもしれません。

こんな抱っこは危険③抱っこ嫌いな子を無理やり抱っこする

悲しい顔の犬

犬にも、もちろん好き嫌いが存在します。それは抱っこにおいてもそうで、子犬のころから抱っこが好きな子や嫌いな子、子犬のころは好きだったけど成犬になって嫌いになった子、などさまざまな子がいます。

抱っこが嫌いな子は、もしかしたら過去に経験したトラウマがあるのかもしれません。例えば、抱っこをされたときに足が痛かった、抱っこされたときに強く足を握られた、抱っこされたまま嫌いな場所に連れていかれた、抱っこされてケージに入れられそのまま長時間閉じ込められた、など。

このようなトラウマを持っている子を無理やり抱っこするのは、逆効果です。「この子は抱っこが好きなのか嫌いなのか」を見極めることが大切です。抱っこしようとすると嫌がったり逃げる、抱っこすると震える、抱っこするとキャンと鳴く、などの仕草がみられたら、抱っこが嫌いな傾向にあるでしょう。

抱っこしようと体や足を触ったときにキャンと鳴いた場合、違和感や痛みを感じている場合があるので、様子を見て心配であれば動物病院で診てもらいましょう。

まとめ

犬と飼い主

犬と飼い主さんのコミュニケーションツールとして、抱っこはとても有効的です。
愛犬に抱っこをせがまれたときの瞳や仕草に癒され、抱っこしたときのフワフワした毛が気持ち良く、なにより愛犬と触れ合えることに喜びを感じるでしょう。

しかし、間違った抱っこをしたことで愛犬が痛い思いをしたり、なかなか忘れることのできないトラウマになってしまう恐れもあります。とくに小型犬は抱っこする機会が多いので、正しい抱っこをしてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。