子犬が興奮する4つの原因や対処法、落ち着く時期やしつけの方法まで

子犬が興奮する4つの原因や対処法、落ち着く時期やしつけの方法まで

子犬が興奮して手が付けられなくなるという悩みを持つ飼い主さんは少なくありません。子犬が興奮する原因には、一体どんなものがあるのでしょうか。子犬が興奮する4つの原因やそれらの対処法、落ち着く時期やしつけについてご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

子犬が興奮する理由

おもちゃを追いかける子犬

子犬が興奮する理由には、以下のようなことが考えられます。

うれしい時

子犬が興奮する理由として最も多いのは、嬉しいという感情が溢れ出ている時です。飼い主さんが帰宅した時やケージから出してもらえた時、遊んでいる時など状況は様々ですが、嬉しいあまりに子犬が興奮状態に陥ることは少なくありません。この場合、しっぽを激しく振る、飼い主さんに飛びつく、狂ったように走り回る、うれしょんをするなどの行動が見られます。

警戒している時

子犬が興奮する時、何かに恐怖を感じたり、警戒したりしていることが原因となる場合もあります。知らない人や犬に会った時、大きな音が鳴った時などに興奮状態に陥った場合は、激しく吠える、毛を逆立てる、噛むフリをするなどの行動が見られることもあります。

運動不足

子犬が興奮する時、運動不足が原因となっている可能性もあります。ケージ内で過ごす時間やお留守番の時間が長い場合などに、それらを発散するために興奮状態に陥ることも。この場合、狂ったように暴れる、人や物に噛み付く、飛び跳ねる、吠えるなどの行動が見られることがあります。

病気

子犬が常に落ち着きがなく興奮状態であり、それらの行動を制御することが困難である場合は「過活動症」「多動症」などの病気が原因となっている可能性があります。過活動症、多動症とは所謂「ADHD」のことであり、人間同様に犬にも発症することが報告されています。

子犬が興奮する理由としては主に上記のようなものが考えられますが、他にも犬種や個体による気質、性格、生活環境、しつけなどによって興奮しやすい状態となっている場合もあります。特に子犬の場合はただ単に好奇心旺盛でエネルギッシュなだけであり、年齢と共に落ち着くことも少なくありません。一言に興奮状態と言ってもその行動は様々なため、様子をしっかり観察してコントロールできるようトレーニングを行いましょう。

子犬が興奮するのはいつまで?

首を傾げる子犬

子犬特有のハイテンションな興奮状態は、年齢と共に落ち着くことが殆どです。落ち着く時期については犬種や個体によって若干の差はありますが、1歳から2歳半頃までに落ち着くことが多いようです。というのも、犬は生まれてからたった1年の間に社会化期、恐怖期、反抗期、第二社会化期などと呼ばれる段階を経て成長します。

もちろんこれらにも個体差はあるものの、1日1日様々な刺激を受けながら成長しているため、私達飼い主が知らない間に「ただただ好奇心旺盛が旺盛な時期」や「様々な事柄にとにかく怖がる時期」、「飼い主さんの言うことをわざと無視する時期」などが急速に過ぎており、同じように見えてもその都度子犬が興奮している理由は異なる場合もあるのです。

犬の成長スピードに関しては体の大きさや犬種などによっても異なりますので、一言に「子犬」とまとめてしまわず、愛犬の月齢毎にどんなことを感じている時期なのかを調べてみるのもおすすめです。

興奮する子犬を落ち着かせるための対処法

ハイタッチする子犬

興奮する子犬を落ち着かせるための対処法についてご紹介します。

無視する

興奮する子犬を落ち着かせるための対処法は、無視することが一番効果的です。子犬が狂ったように走り回る場合などに大きな声で名前を呼んだり、やめなさい!と声を掛けたりすると、子犬は飼い主さんに構ってもらえていると勘違いしてしまうことが多く、逆効果になります。

子犬が興奮して物や飼い主さんの手に飛びついたり、噛み付いたりした場合も無視をしてその場をサッと離れるようにしましょう。その後、子犬が落ち着いて側に寄ってきたら大袈裟に褒めてスキンシップをとることで、興奮して暴れても良いことはないと認識させることが大切です。

遊ぶ時間を増やす

子犬が頻繁に興奮状態に陥ってしまうという場合は、お散歩やおもちゃを使った遊びなどのコミュニケーションの時間を増やしてみるのも一つの手です。特に運動量の多い犬種の場合は、ドッグランなどの自由に走り回れる場所へ出かけるのも良いですね。また、ノーズワークなどの知育遊びを取り入れることで脳を刺激するのも非常におすすめです。

ケージを利用する

子犬が電話やインターホンの音、来客などに過剰に反応して興奮状態に陥ってしまう場合は、ケージやクレートなどの愛犬が安全だと認識できる場所を用意するのも一つです。何かに恐怖や不安を感じた時に逃げ込める場所があるだけでも、興奮状態に陥ることを防ぐことができます。

ただ、生活音に対して興奮状態に陥る場合は社会化が上手くいっていない可能性が高いため、愛犬と積極的に外出することで知らない人や犬、環境や音に慣れさせることを心がけましょう。

興奮させない子犬との遊び方

2匹の柴子犬

興奮させない子犬との遊び方についてご紹介します。

遊ぶ時のルールを決める

これは子犬に限らず言えることですが、「思いっきり走る」「思いっきり噛む」「思いっきり引っ張る」など、思いっきり遊ぶこと自体は犬本来の姿であり、決して悪いことではありません。子犬を興奮させたくないからとこれらを制限してばかりでは、かえってストレスとなり問題行動の原因となる場合もあります。

ただ、これらを「してもいい時」「してもいい場所」をしっかりルールとして教えてあげることが必要なのです。思いっきり走るのはお家の外、思いっきり噛んだり、引っ張ったりするのはおもちゃなどとメリハリを付けて遊びのルールを教えましょう。そのルール以外の場所や物に対して行った場合は無視を徹底し、ルールに則った遊びができた時は大袈裟に声を掛けるのが大切です。

遊ぶ時間を決める

子犬の時は遊びが楽しいあまりに、徐々にヒートアップしてしまうことも少なくありません。そのため、特に室内では子犬の様子を見ながら、ある程度時間を決めて遊ぶのも必要です。テンションが上がり過ぎていると感じたら、優しく声を掛けて側に呼び、スキンシップに切り替えるのも一つの手です。この時、興奮状態となって噛んだり吠えたりする場合は無視をして側を離れます。

一人遊びを教える

子犬を興奮させないための対処法として、一人遊びができるようにトレーニングするのもおすすめです。遊ぶ=飼い主さんと一緒と認識していると、飼い主さんの不在時や忙しい時間帯に退屈さを強く感じてしまう場合も多いため、知育玩具や思いっきり噛めるおもちゃなど、一人遊びに向いているおもちゃを与えてあげましょう。

すぐ興奮してしまう子犬へのしつけ方

ケージと子犬

すぐ興奮してしまう子犬へのしつけ方は、とにかく興奮した時は無視をすることが重要です。同時に大きな声を出して制止しようする方法は絶対に避けましょう。また、犬のしつけの基本となる「アイコンタクト」や「コマンド」などの基礎トレーニングを行うことも重要です。何かに夢中になっていても飼い主さんが名前を呼んだり、コマンドを発したりすることで動きを止める習慣を付けましょう。

興奮状態に陥った時に「止まれ」「すわれ」などのコマンドを短く発し、反応がない場合は無視を続けます。また少し時間を開けて同じことを繰り返し、反応できれば大袈裟に褒めましょう。

この時、犬笛やクリッカーと呼ばれるトレーニング用のホイッスルを利用して呼び戻しの練習をするのもおすすめです。呼び戻しとまではいかなくても、「何の音?」と子犬の気をそらすこともできますし、犬笛アプリなども無料配信されていますので是非一度試してみてくださいね。

まとめ

おもちゃで遊ぶ子犬

子犬が興奮する理由や落ち着く時期、しつけの方法についてご紹介しました。実際のところ、子犬のうちはすぐに興奮して狂ったように走り回り、噛んだり飛びついたりして大変な思いをしたという飼い主さんは非常に多いようです。人間同様に子犬の時期は感情のコントロールや、良し悪しの判断などがまだまだ未熟であるため、致し方ないことでもあるのかもしれません。

大切なことは、興奮して暴れ回っても良いことはないと教えてあげることです。子犬には悪気はないため、叱りつけることよりも無視することのほうが効果的であることを、しっかりと覚えておきたいですね。また、子犬が興奮状態に陥った時であっても感情や行動をコントロールできるように、日頃からコミュニケーションを取ることが大切です。

ただ名前を呼んで体を撫でるだけでも良いですし、マッサージをしてあげるのもおすすめです。犬の目の少し上、人で言う眉毛のあたりは「攅竹(さんちく)」と呼ばれる緊張をほぐしたり、気持ちを落ち着かせたりする効果があるツボがありますので、優しくマッサージしてあげてください♪

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。