犬の介護用品を活用してハッピーシニアライフを♪

11559view

犬の介護用品を活用してハッピーシニアライフを♪

犬の介護用品がここ10年でかなり充実してきてきました。いろいろと大変な事の多い介護生活ですが、犬の介護用品を利用してワンコも飼い主さんもハッピーにワンズシニアライフを送りましょう!

犬の介護用品について

ここ10年でも食事や環境、医療の充実等により、犬の平均寿命が飛躍的に伸びました。

それに伴い、シニアワンコの数も劇的に増えています。

飼い主ならみんな、愛犬にはいつまでも元気でいて欲しいものですが、やはり、人間に換算すると80歳、90歳にもなるシニアワンコ達中には介護の必要なワンコも多いことと思います。

介護生活はワンコ達にも、飼い主さんたちにも大変な事が多い事は事実なのですが、幸いな事に、今は犬専用の介護用品がかなり充実してきています。

犬の介護用品を上手に利用して、ワンコも飼い主さんも楽しく、ワンズシニアライフを送れるといいですね!

シニア初期に多くみられる足の衰えに便利な犬の介護用品「ハーネス」

多くのシニアワンコ達に見られる症状が、まず後ろ足の衰えです。

立っている時に後ろ足が震える・・・といった事から始まって、排便排尿の時に転んでしまう、階段の上り下りができなくなる、自力で立ち上がれない、と言った症状のワンコが多くみられます。

この時期の愛犬にお勧めの介護用品

こういった症状が見られたら、早いうちに介助用のハーネスや胴着を利用して、歩行を補助しつつのお散歩の継続をお勧めします。

もちろん痛みがあるようであれば、獣医さんと相談の上、慎重に行う必要がありますが、基本的には、なるべく筋力を維持させるように、後ろ足の衰えを遅らせる為に、補助しながら自力での歩行を続けさせることが大切です。

介護用の補助ハーネスは筋力維持の為の歩行をサポートするだけではなく、転倒などの防止にも役立ちますので、是非、早いうちにご用意くださいね。

いろいろなタイプのものがありますが、一般的に後ろ足に装着して後ろ側をサポートするタイプのものが多いです。

その他、前足サポートのもの、洋服のような胴着になっていて背中に飼い主さんのサポート用の持ち手がついているタイプのものなどがあります。

選び方のポイント

  • 装着が簡単であること。
  • ワンコの体にあたる部分がどのようになっているかをチェックして、ワンコが痛くないように配慮すること
  • 飼い主さんがサポートする為に持つ部分、持ち手の部分がしっかりしていて持ちやすいこと
  • これらを総合的に考えて、ワンコにあったものを選んであげてくださいね。

    私は

    ◆「ウォークアバウト(WALK A BOUT)」 のハーネス


    アメリカの獣医師、看護師により設計された犬の介護専用ハーネス。
    皮膚ずれがおこりにくいように肌触りのよい素材が使われています。
    アメリカWALK A BOUTホームページ

    日本ではグリーンドッグさんで手に入ります。
    (お取り寄せになる場合もあります)
    GREEN DOG

    ◆ペティオの「老犬介護用ハーネス(後ろ足用)」


    通気性のよいメッシュ素材が使われています。
    軽量で、洗ってもすぐ乾くのが便利です。

    ◆ペティオの「老犬介護用補助機能付ベスト」


    こちらは室内などでの動作の補助のみになります。
    お散歩時にずっと補助をするには持ち手が短か過ぎるので
    ほとんど自力で歩ける子にはむいています。

    のみ、使用経験がありますが、他に評判のよいハーネスとして

    ◆トンボの「LaLaWalk(ララウォーク)」

    ワンコの体重が分散するような設計になっており、
    ワンコに優しいハーネスです。
    トンボwith

    ◆アイアンバロンの「ハニカム胴着」


    ワンコが寝たまま、装着ができるので自力で立つことが難しくなってきたワンコ、特に大型犬に嬉しい設計になっています。
    アイアンバロン

    等があり、お勧めです。

    ハーネスを利用しての歩行の際の注意

    ワンコがきちんと足を使えているかどうか、チェックしながら使って下さいね。

    逆立ちや後ろ足立ちのような姿勢での歩行、ツメをひきずるようにしての歩行など、ワンコの体に負担のかかっていないかは常にチェックするようにしましょう。

    シニアワンコのお散歩に必須な介護用品「カート」

    自力で歩くことのできるワンコ、サポートありなら歩けるワンコ達でも、行きはよくても帰りは歩けなくなってしまう、なんて事はよくあることです。

    「行きは元気に見えてもシニアの疲労は早くくるもの」 ということで、シニア犬のお散歩にはカートを持って行くことをお勧めします。

    小型のワンコ達は飼い主さんが抱っこということもできますが、抱っこの仕方によっては痛みが出る場合もありますので、やはり寝そべる事の出来るカートを準備されることをお勧めします。

    今は大型犬用の介護用品としてのカートも充実していて、カートへの昇降用のスロープがついているもの、飼い主さんが乗せやすいように床が低くなっているもの等が多くなっています。

    歩くことが困難になった場合にも、気晴らしに外の景色や空気に触れさせる事は大切な事ですので、是非、カートも準備して下さいね。

    カートを選ぶ時のポイント

  • ワンコをのせやすいか?
      大型犬の場合には昇降の為のスロープがついていると便利です。
  • カートは動かしやすいか?
      特に大型犬を乗せるとかなりな重さになりますので、車輪の動き具合などチェックしてみて下さいね。
  • ワンコが中で寝そべることができるか?
  • カートの床に準備

    不意の排尿排便に備えて、ペットシートを敷いておくことと、体が痛くない様、バスタオルや毛布などを敷いておくとワンコも快適にお散歩が楽しめると思います。


    おむつ

    失禁が多くなるシニアワンコ。

    おむつも老犬には必須の介護用品です。

    こちらも今はいろいろな種類が出ていますので、ワンコにあったものを選んであげて下さいね。

    食器スタンド

    シニアになると首を下げて食事を摂る事が辛くなってきます。

    食器スタンドなどを上手に利用して食べやすいようにしてあげましょう。

    犬用の食器スタンドは特に介護用品として売っているものではなくても大丈夫です。

    食器スタンドを選ぶ時のポイント

  • 食器が滑りにくいもの
  • ワンコの首の高さにあっているもの
  • 土台がしっかりしていて、ひっくりかえりにくいもの
  • 床ずれ防止に便利な介護用品

    ワンコが寝たきりになってしまった場合、一番問題になることが床ずれです。

    老犬の床ずれ防止用の介護用品も出てきていますので、ワンコにあったもの、使いやすいものを選んで利用すると便利です。

    マット

    寝たきりワンコの場合、どうしても床ずれ、寝ダコができやすいので、クッションも介護用品として販売されているクッションの中から選ぶと便利です。

    「老犬介護用」「床ずれ予防」の機能が充実している物を中心に選ばれるといいと思います。

    低反発の素材、高反発の素材、その他、体重を分散させるように考えられたものがいろいろとありますので、ワンコにあったものを選んで下さいね。

    また、洗いやすいもの、通気性のよいもの、抗菌効果のあるものなど、付随したものがあると更に便利だと思います。

    マットの上にペットシート、バスタオルなどを敷いて使用すれば、上に敷いたものだけを洗えばよく、本来ならクッション本体を洗う必要はないのですが、そこはシニア犬。

    やはり何かとクッション本体が汚れる事態がおこります。

    そのため、クッション自体もお洗濯しやすく、乾きやすい物がお勧めです。

    洋服

    シニア介護用の洋服もいろいろと出ています。

    体の冷え対策としてカイロを入れられるようになっている洋服、タコができないように関節部分にパットがついている洋服等。

    いろいろと機能があるものも出てきましたので、ワンコにあったものを選んでみるのも楽しいですし、便利ですよね。

    まとめ

    犬の介護用品についていろいろと書きましたが、一番のポイントは、ワンコが楽に過ごすことができるか?ということかと思います。

    プラス、介護をする飼い主さんの負担も軽減できるようなものであること。

    我が家の愛犬のシニア時代よりも今は随分と、介護用品の種類が増えていますし、今後も充実してくると思います。

    是非、愛犬のためにも介護用品を上手に利用して、ワンコも飼い主さんも笑顔で!ワンズシニアライフをエンジョイしましょうね。

    ▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
    老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

    あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

    あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

    • 30代 女性 いちか

      まさに我が家の愛犬は13歳でシニア真っ盛りです。今のところは散歩は問題なく行けますが、これから1年1年ガクッとくる可能性は大いにありますのでとても勉強になりました。
      後ろ足から衰えてくるというのは、うちも前兆があり、後ろ足が震えてたまに散歩の後半でつまづく事もあります。マッサージ等で血流を良くしたり、少しでも老化を遅らせたいのですが、いよいよ歩くのが困難となったら、記事にあるようなハニカム胴着を用意しなければと思いました。
    • 30代 女性 チャチ

      恥ずかしながら、今までシニア犬の介護についてはあまり真剣に考えたことがありませんでした。この記事を読ませてもらって、今はいろいろな種類の介護用品があることを知り、正直に言って驚きました。

      私の暮らしているフィリピンでは、まだ、アニマル・ウェルフェアの考え方自体が定着しておらず、犬たちの立場は日本のわんこよりだいぶ低いものになっています。我が家の愛犬たちもいずれ年をとる時がやってきます。その時にどうしたらいいのか。大事な家族にいつまでも幸せでいてもらうために、これから考えていかないといけないですね。
    • 40代 女性 なっちゃん

      私が実家の愛犬を介護していたのは、もう10年以上前になります。あの頃は介護用品もあまり無くて、35キロの大型犬をお世話するのはとても体力が要りました。
      この記事を拝見して、今は本当に色々と便利で役立つものが揃っていて、心強いなと思いました。今一緒に暮らしている子の介護はまだまだ先になると思いますが、人間もわんちゃんも気持ちよく生活できるように取り入れていければと思います。
    • 20代 女性 みるく

      犬の状態や、歳の取り方、自分で出来ること出来ない事を考慮した上で選んだ介護グッズであれば、老化を促進する事も、愛犬に無理をさせる事もなく、飼い主さんも愛犬も良い老後を送れると思います。詳しい方の助言が不可欠です。
    • 40代 女性 draco

      犬の寿命は、15年位であっとい間です。いつまでも元気とは限らないです。すでに、私も父親も介護で経験済みで良く大変さは分かります。少しでも、便利グッズを活用して負担を少なく介護をする事がベストです。
    この記事をシェアする

    あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

    ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

    年齢を選択
    性別を選択
    写真を付ける
    書き込みに関する注意点
    この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
    「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
    ※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。