女性の飼い主は人間のパートナーよりも犬の隣の方が良く眠れるという調査結果

女性の飼い主は人間のパートナーよりも犬の隣の方が良く眠れるという調査結果

ペットと同じベッドで寝ることについてはいろいろな説がありますが、女性飼い主は人間のパートナーよりも犬と一緒の時の方が良く眠れるという調査の結果が発表されました。どういうことなのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

女性にとって最高の眠りのパートナーは犬?

ベッドで女性に抱きしめられて眠るパグ

犬や猫など、ペットと同じベッドで眠ることについては、衛生学、心理学など様々な違う方面からの研究が発表されており、そこから導き出される結論も様々です。

そして今回、アメリカのカニシャス大学の動物行動学の研究者が、犬または猫と眠ることが飼い主の睡眠に及ぼす影響について調査を行い、その結果が発表されました。

それによると、女性の飼い主にとって最も理想的な睡眠のパートナーは、犬であるようなのですが、詳しい内容をご紹介します。

女性飼い主の睡眠の質を大規模調査

眠る男性と眠れない女性

自己判定と睡眠覚醒判定データを基にした過去の研究では、成人のパートナーとの睡眠は、人間にとってプラスとマイナスの両方の影響があることが示されています。

今回のカニシャス大学の研究では、対象を女性に限定して、オンラインで調査データを収集しました。調査に参加したのは、アメリカに住む962人の女性です。

参加者のうち55%が、少なくとも1匹の犬とベッドを共有し、31%は少なくとも1匹の猫と、ベッドを共有していました。そして57%が人間のパートナーと同じベッドで就寝していました。

研究用に設計された、睡眠クオリティ指数による評価では、「ペットを所有していること」または「ベッドを共有している条件」と睡眠の質に強い相関関係は確認されなかったそうですが、参加者自身の感覚による回答では、違う結果が見られました。

ヒト、犬、猫、とのベッド共有の比較の結果は?

うつ伏せで眠る女性の背中で眠る猫

犬とベッドを共有している参加者の多くが、「犬は人間のパートナーよりも私の眠りを妨害することが少ない」と回答しました。また犬と同じベッドで眠ることは、より快適で安心感をもたらすとも回答されました。

一方、猫とベッドを共有している参加者は、「猫は人間のパートナーと同じくらい私の眠りを妨害する」と答えました。また、眠るときの安心感や安全の感覚が人間や犬と眠る場合よりも弱いこともわかりました。(これは侵入者への対応や、異変が起きたときの飼い主への警告など、犬の能力に関連していると考えられます。)

そして興味深いことに、犬と暮らしている人は猫だけと暮らしている人に比べて、就寝時間も起床時間も早い傾向が見られました。犬を飼うことに伴う責任から、規則的な生活リズムを維持するようになるのか、もともとスケジュールを管理することが好きな人や、得意な人が犬を飼う傾向が強いのかはわかりません。

また犬と眠ることで質の高い睡眠がとれることで、就寝や起床のスケジュールを管理しやすくなるのか、いずれにせよ興味深い傾向ですね。

まとめ

ベッドで黒ラブと眠る女性

アメリカの動物行動学者による調査で、犬を飼っている女性は、人間のパートナーや猫よりも、犬と眠るときに最も快適で質の高い睡眠をとれると感じているという結果が報告されたことをご紹介しました。また猫を飼っている女性が、睡眠を妨害されていると感じていることも調査結果から伺えます。

今後は、男性飼い主への同様の調査も行われると思われます。また今回の調査結果は、回答者の感覚や認識に基づくものですが、これらが睡眠の質の客観的な測定と一致するかどうかを判断するための、フォローアップの研究も必要だと考えられています。

犬と眠ることが一番落ち着いてよく眠れるという感覚は、筆者も大いに頷くものですが、みなさんはこの結果をどう思われましたか?

《参考》
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/08927936.2018.1529354

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。