犬は自分が「知らない」ということを知っている【研究結果】

犬は自分が「知らない」ということを知っている【研究結果】

お気に入りに追加

ある問題について知らない時に、自分がそれを知らないということを認知する「メタ認知」は犬にもあるのだろうかという研究の結果が発表されました。興味深い内容です。

3503view

犬にメタ認知はあるのだろうか?

茶色の犬の目と鼻のアップ

ドイツのマックス・プランク人類史科学研究所の、犬研究室の科学者によって、「犬にはメタ認知はあるのだろうか?」というテーマの研究が発表されました。

メタ認知というのは、人間で言えば自分自身を客観的に見て、「自分が何を分かっていて何を分かっていないか」を認知することを言います。メタというのは、「高次の」という意味です。

メタ認知は、チンパンジーにもあることが示唆される研究も発表されています。犬が、ある問題についてその犬自身が知らないということを、知っているかどうかを確認する実験が行われ、その結果が発表されたのですが、どのようなものであったかをご紹介します。

犬のメタ認知を確認するための実験

考えているチンパンジー

実験のための部屋には、簡単な装置が設置されました。部屋にV字型になったつい立てを2つ置きます。2つのつい立てはピッタリくっつけないで、隙間を空けて置かれています。

実験者2人と犬が1匹ずつ参加し、犬とつい立ての間は必要に応じてカーテンで遮ることができます。

1人の実験者が、つい立ての向こうのどこかに報酬(食べ物またはおもちゃ)を置きます。

もう1人の実験者はその間、犬のリードを持っています。

報酬を置くときに、カーテンを閉めて犬に見えないようにするパターン、カーテンを開けたままで、犬がどこに報酬があるか見ているパターンがあります。

その後、実験者は犬をオフリードにして報酬を探しに行かせます。

そのときに犬がどちらのつい立ての方に行くかを選ぶ前に、つい立て同士の間の隙間を点検した回数を分析しました。人間やチンパンジーでは、報酬がどこにあるのか分かっていないときに、その隙間を点検するので、それとの比較です。

報酬がどこにあるのか分からないときには、手掛かりになる追加の情報を探すために、そのような点検行動をします。

これは人間もチンパンジーも、「自分は報酬がどこにあるのか知らない」ということを知っているからです。

さて、犬の場合はどうだったでしょうか。

犬が何かを探すときのメリハリが意味すること

ボールをくわえたボーダーコリー

研究者らは、犬がどこに報酬があるのか知らないときには、かなり頻繁に隙間を点検したことを発見しました。

つまり報酬の場所がわからないときには、犬は積極的に追加の情報を求める傾向があることを示しています。

これは犬が自分が何を知っていて何を知らないのかを知っているという前提条件の1つを満たし、犬にメタ認知能力があることを示唆していると推測できます。

また、多くの犬は食べ物よりもおもちゃを探すときに隙間の点検の頻度が高く、熱心に探索を行いました。

食べ物の探索では、犬にとって高価値の食べ物と低価値の食べ物で比較した場合、点検の頻度は変わりませんでしたが、高価値の食べ物では探索が迅速になりました。

このように犬が報酬を探すという行動に対して、報酬が自分にとって価値があるかないかでメリハリをつけていることがわかります。

これはつまり、犬にとっての探索行動は本能的で、ルーチン行動をしているだけではないことが示唆されます。

チンパンジーでは、この探索のメリハリはもっとはっきりと強くなるそうです。

分析の結果から示唆されること

目を閉じたビーグル犬の顔

犬は報酬がどこにあるか知らないとき、自分が知らないということを知っていることは分析の結果から示唆されました。今回の結果だけでは、犬がメタ認知を持っているかどうかを明確に結論づけることはできませんが、多くの手掛かりが掴めました。

今後の課題として、この実験では犬が隙間を点検する行動に視覚を使っていることが前提になっていましたが、実際には犬はおそらく嗅覚を使って、隙間から情報収集をしていたと思われます。

今後は犬がどのような状況で嗅覚と視覚を使用するかを検討して、犬の情報収集の能力を分析することで、犬のメタ認知の確認に役立つ可能性があります。

まとめ

こちらを見つめる柴犬

犬が報酬を探索するときに、報酬の在りかを知らないときには、手掛かりとなる追加の情報を積極的に収集しようとすることから、犬は「報酬の在りかを知らないことを自分で知っている」と示唆されたという、ドイツの研究所の研究をご紹介しました。

残念ながらこれだけでは「犬にはメタ認知の能力がある」と結論づけることはできないのですが、今後さらに研究が続けられる予定です。

犬やチンパンジーなど、他の動物と人間の認知能力を比較することで、人間の認知についての理解が深まり、様々な分野で役立つことが期待されます。

けれども学術的な面とは別にして、犬がある問題を知らないということを自分で認識しているということだけでも、「ああ、あの頭の中でそんなことを考えているんだなあ」と胸が熱くなるような気がします。
今後のさらなる研究に期待したいと思います。

《参考》
http://www.shh.mpg.de/1115966/dog-metacognition

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。