犬がドッグフードを残す理由とは?やりたい対処法まで

犬がドッグフードを残す理由とは?やりたい対処法まで

お気に入りに追加

ドッグフードを食べ残してしまうとき、どんな理由が考えられるのでしょうか。残してしまう理由とそれぞれにできる対策について考えてみました。

2786view

なぜ、ドッグフードを残すの?~理由と対策~

お皿から溢れたドッグフードと犬

愛犬がドッグフードを食べ残してしまったら、ちょっと不安になってしまいますよね。
お腹の調子が悪いのかな?何か病気かな?と心配になり、病院へ連れて行こうかどうか考えてしまうかもしれません。
ふだんはしっかり食べ終わるのに今日は残している、そんなときはどんな理由があるのでしょうか。一緒に考えてみましょう。

犬がドッグフードを残す理由①「もう、お腹いっぱい」

緑のお皿とドッグフード

私たち人間は、その日によって食欲に違いがありますよね。
食べ過ぎてしまう日もあれば、食べ残してしまう日もあります。
犬にも同じことが言えるのではないでしょうか。
飼い主さんによって決められた量を与えられているので、食べ過ぎてしまうことはないと思いますが、その日の食欲によってその量を食べきることができない日もあると思うんです。

どんな対策をしたら良いのか

食べきれないのであれば仕方がありませんので、無理に食べさせる必要はないと思います。
私の愛犬の男の子も食べ残すことがあるのですが、しばらく時間を置いてまた食べ始めるんです。
たった一粒だけ残していることもあるので、“何で!?”と思うこともあるのですが、お腹いっぱいで残すことに、対策は必要ないのではないでしょうか。
栄養面から考えても、与えたときに全部を食べきれなくても、一日の間に完食できるのであれば問題ないと思います。

犬がドッグフードを残す理由②「飽きてしまった」

青いお皿に山盛りのドッグフードとパグ

いつも同じドッグフードを食べているため、味やニオイに飽きてしまう犬もいるようです。
どんなに大好きな食べ物でも毎日食べ続けていたら、私たち人間だって飽きてしまいますよね。
お腹が空いているからとりあえず食べるけど、飽きちゃっているから全部は食べたくない、ある程度満足したら残してしまう、なんてことがあるようです。

飽きてしまったドッグフードへの対策

急にいつもと違うドッグフードを与えると、お腹を壊してしまうことがあるため、やめた方が良いです。
いつものドッグフードに飽きてしまったら、何かトッピングをしてあげることで残さず食べてくれることがあります。
犬用のふりかけも売られていますし、添加物などが心配であれば、トッピングを手作りしても良いと思います。
手作りと言っても難しいものではありません。
キャベツやキュウリやブロッコリーなどの野菜、リンゴやバナナなどの果物、カボチャやサツマイモなど、愛犬が好きな食べ物をトッピングしてあげるんです。

犬がドッグフードを残す理由③「味に問題がある」

袋に小分けしてあるドッグフード

賞味期限や消費期限に関係なく、保存状況などによってドッグフードの味が悪くなってしまうことがあるのではないでしょうか。
私がドッグフードの味見をすることはないのでわかりませんが、人間の食べ物も味が悪くなってしまって食べられなくなることがありますよね。

味が変化してしまったことで美味しくないと感じたり、これ以上は食べない方が良いかも、などと犬が感じたりして残してしまっていることも考えられるのではないでしょうか。

どんな対策をしたら良いのか

賞味期限や消費期限をしっかり確認しておきましょう。
また、保存方法も見直してみましょう。その保存方法で問題はないでしょうか。

湿気が入りやすい状況や、酸化してしまいやすい状況ではありませんか?
ドッグフードが入っていたパケージのまま保存しているという飼い主さんも多いと思います。
ジッパーがついているから大丈夫と思っていても、意外と密閉されずにいることもあります。

私は用量が5Lのドッグフード用の密閉容器を使っているのですが、真空状態にすることができてドッグフードの新鮮さをキープしながら保存できるので、気に入っています。

犬がドッグフードを残す理由④「量が適切ではない」

ドッグフードと青いスプーン

毎回残してしまうのであれば、与えている量が適切ではない可能性があります。
ほとんどの飼い主さんが、ドッグフードのパッケージに書かれた体重別の目安量を参考に与えているのではないでしょうか。
しかし、犬それぞれに食べる量の違いはあると思いますし、年齢を重ねるごとに食べる量が変化することもあります。

量に問題がある場合にできる対策

量が多いからといって、減らしてしまうと栄養バランスが崩れてしまいますよね。
少食なワンちゃん向けのドッグフードに切り替えてみてはいかがでしょうか。
少量で必要な栄養を摂ることができるドッグフードがあります。

まずは獣医さんに相談してみると良いです。
以前暮らしていた私の老犬の食べる量が減ってしまったとき、獣医さんに相談して「高栄養食」というものを提案していただいたことがあります。

まとめ

白いお皿で食事中の犬

私たち人間にも食欲の変化があるように、犬にもあるのではないでしょうか。
今日は何だか食べたくないな、という日があっても、決しておかしなことではないと思います。
あまりにも食べ残す日が続くようであれば、体調に何か変化や異常がある可能性も考えられますので、病院で診てもらうと安心できるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。