辛いからと逃げないで!愛犬の最期の瞬間を看取ってほしい…

辛いからと逃げないで!愛犬の最期の瞬間を看取ってほしい…

お気に入りに追加

もしも愛犬がこれ以上何をしても助からない状態になったら、苦しみから解放するために「安楽死」という選択がとられる事もあります。でも、それが飼い主にとって最後の責任ではありません。その後が最も大切だという事をご存知ですか?

8824view

犬は大切な家族

白い犬を抱きしめる女性の後ろ姿

人は裏切ることがあります。人は嫌ったり、嫌われたりすることもあります。しかし、4つ足の家族は、私たち人間を裏切ることはありません。どんなに酷い飼い主であろうとも、彼らは飼い主のことを嫌いになったりはしないのです。

彼らにあるのは、”永遠の愛”。それだけです。彼らが与えてくれるのは、”無償の愛”なのです。

犬の寿命と人の寿命

老夫婦と散歩するダックスフンド

例えば、犬の平均寿命は犬種や体の大きさからも異なりますが、大体12~15年と言われています。大抵の場合、愛犬の死の方が、飼い主さんのそれより早く訪れます。また、そうでなければいけません。犬の寿命を考えて、その犬と暮らし始めなければなりません。これは生きものと一緒に暮らす上での、基本中の基本です。飼い主さんが老齢のため先に亡くなって、愛犬が取り残されるというのは、避けなければなりません。

犬の寿命を考えると、人間が70歳を過ぎると、もう子犬から一緒に暮らし始めるという考えは生まれないはずです。いや、60歳でも、もう子犬からは一緒に暮らすのは避けたいですね。後継者がいないのであれば、自分より長生きしそうな犬と、一緒に暮らし始めるのはどうかと思います。

安楽死という辛い選択

お昼寝している白いチワワ

そうはいっても、犬も病気になります。寿命よりもはるかに短くして、この世を去る子も当然いるでしょう。

もしも、あなたの愛犬が、もう手の施しようもないほどの重篤な病に陥って、その痛みで毎日苦しんで、食べることも寝ることもできなくなったとしたら、あなたはどうしますか?

この場合、獣医さんは『安楽死』を勧めてくるかもしれません。それは、本当に辛い選択です。

殺処分の現状

こちらにアピールする犬たち

まだ生きられるのに、予算や収容場所の関係から、強制的に殺してしまわなければならない保健所の『安楽死』と呼ばれているものはこの場合、違います。保健所での殺処分は、”安楽死”とは程遠いものです。

地区によって、その方法が違う場合も多少ありますが、殆どの地区で行われている日本の保健所(動物愛護管理センターとも呼ばれています)は窒息死です。15分以上も、もがき苦しむガス室での殺処分が行われています。

最期まで、愛犬の傍にいてほしい

病院で治療を受ける犬と撫でる飼い主

犬にも、人と同じ”感情”というものがちゃんと存在します。死ぬ最期の瞬間まで、犬も様々なことを考えています。

愛犬が最も求めるものは、何だと思いますか?

それは飼い主さんの姿です。愛する飼い主さんには、できるだけ一緒に傍にいてほしいと、犬は常に思っています。ましてや、いつも痛いことをする動物病院などでは、特にそうでしょう。

知らない場所、怖い場所、嫌な場所、そういう所では、愛する飼い主さんが傍にいてくれるだけで、かなり落ち着きます。

本当の意味での苦渋の選択とは

病院のベッドの上で治療を待つ犬の足

もう手の施しようがなく、苦しみから愛犬(猫)を解放してやるために、人々は時に”安楽死”を選択するときがあります。その決断を下さなければならないというのは、苦渋の選択となります。でも、本当はその選択を下した後の決断が、最も大切なことをあなたはご存じですか?

獣医さんの悩み

病院で犬の治療をする獣医師たち

「もう助からないのであれば、これ以上苦痛を与えたくはない、安らかに眠らせてほしい」と安楽死をやっとの思いで決断したとします。その後、あなたはどうしますか?愛犬が薬剤を投与されて、息を引き取るまでちゃんと立ち会えますか?

「とてもそんな勇気はない…」
「そんな姿を見たらトラウマになる…」
「怖すぎる…」

と大抵の場合、飼い主さんは、”安楽死をしてください”と獣医に意向を伝えると、立ち去ってしまうそうです。それが獣医さんの悩みでもあることをご存じですか?

病院で点滴を受けながらこちらを見つめる犬

安楽死を望む飼い主さんの約90%が、最期の瞬間には立ち会わないそうです。これは海外のある獣医さんの言葉です。(※安楽死の方法は病院によって違うかもしれません)

「安楽死の場合、点滴で薬剤を注入していくわけなので、最期の瞬間が来るまで時間があります。その間、犬は、飼い主がどこかにいないか部屋中を目で探し回ります。でも、どこにも愛する飼い主は見当たらない。ただでさえ不安なのに、ずっとそばにいてほしいのに、最期の瞬間が来るというのに、愛する飼い主さんはどこにもいないのです。」

最後に

病院で治療中の犬を励ます飼い主

それをずっとなだめているのは動物看護士さんだそうです。頭をなでたり体をさすったり…。本来そうするのは、愛する飼い主さんの役目ではないでしょうか?

参考資料:https://www.shared.com/vet-pets-final-moments/

筆者は安楽死を推奨しているのではありません。でも、もしも安楽死を苦渋の決断で選ばざるをえなくなったとしたら…どうか最期の瞬間が訪れるまで、ずっと傍にいてあげてください…。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    わたしの叔母は、愛犬を安楽死で看取りました。14歳の大型ミックスの女の子でした。
    呼吸器の病気で「もう手の施しようがない、このまま苦しみぬいて窒息死します」と宣告を受け、
    「私の両手に頭を抱き締めてお注射してもらったの。眠って、動かなくなってからタクシー会社に電話してもらって、乗せてくれる運転手さんを探していただいて、抱きしめたまま家に連れて帰った。」と言っていました。生き物をお迎えするということは、こういう覚悟込みなんだなと思いました。
    おととし送った、うちの仔は癌でした。告知を受けてからたった10日間でした。お世話になった獣医さんが良い方で、最期が近づいた時「酸素吸入器を搬入します、○○ちゃん、お家で過ごした方がいいと思います。」と手配して下さいました。壮絶で、残酷で、でもこの上なく幸福な10日間でした。いまでも知らずに涙が出る時があります。でも私たちにとって最善だったと思います。最愛の仔と最期まで過ごした記憶があることは、最後には自分の支え、糧になると思います。今は二代目と暮らしています。あの仔がいたからこそ、二代目の存在がより有難いです。勿論この仔とも出来る限り向き合って、最後の一日まで一緒に生きていきたいと思っています。
  • 投稿者

    女性 匿名

    1月に末期ガンの愛犬が亡くなり、7月にてんかんの重責発作から腎不全になった愛犬が亡くなりました。

    どちらも見ていても辛そうで、安楽死について本当にいろいろ考えました。

    自分が子供の頃に飼い猫を安楽死をさせたことがあり、今でもずっと後悔しているので安楽死は否定派でしたが、愛犬の苦しんでいる姿を見ていたら、安楽死が頭をよぎりました。

    でも、愛犬の目が「生きたい」と伝えていることを感じ、実際に2匹とも亡くなる直前まで生きようと必死でした。最期まで苦しんで亡くなったのに、亡くなった時の顔つきは、とても穏やかでした。

    安楽死をしたほうが良かったのでは?と最期まで葛藤していましたが、亡くなった顔を見て、安楽死を選ばなくて良かったと思いました。

    1匹目は最期を看取ることができずペットロスになったため、2匹目はずっとそばにいて最期を看取りました。

    安楽死については、本当に判断するのはむずかしいと思います。でも、殺処分は反対です。どんなに介護や看病が大変でも、家族の一員です。

    犬たちは短い命なのですから、最期まで愛情を注いであげてください。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    私は今の子が病気になり、もし、安楽死を選択したとしても、最期は必ずそばに居てできることなら抱きしめて、私の腕の中で逝かせてあげたい。

    最期の最期、肉体的にも精神的にも辛い時に1人にするなんて、絶対に出来ません。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。