愛犬が病の痛みで苦しんでいる…手術?安楽死?あなたの選択は?

愛犬が病の痛みで苦しんでいる…手術?安楽死?あなたの選択は?

お気に入りに追加

これは病に苦しんでいる老犬を持つ飼い主の女性がとった究極の選択のお話です。もし、あなたの愛する犬が、歳老いて病に苦しんでいたとしたら、あなたはどうしますか?

6130view

究極の選択、あなたならどうする?

布団でお昼寝をする老犬

もし、家族として生活してきた愛犬が、病にかかり、その痛みで夜も寝られずに苦しんでいたとしたら…。
もし、その愛犬はもう14歳という老齢だったとしたら…。

手術して、痛みの原因となっている腫瘍を取り除くことはできる、だけどその手術に愛犬の体力が耐えられるかどうかわからないとしたら…。

そして、手術が成功したとしても、あとどのくらい生きられるかわからないとしたら…。

決めるのは飼い主のあなたです。そんな状態にもし、愛犬がなったら、あなたはどうしますか?

愛する犬の苦痛を取り除いてやりたいから、命を懸けた手術を選びますか?

それとも…この苦痛からもう解放してやりたいと、安楽死を選びますか?

夜も寝られない激痛

病院で点滴をしているラブラドール

そんな選択肢を迫られている女性が、ある動物救急病院の部屋から出てきました。

女性の愛犬”スタッフィー”は14歳のシニアです。スタッフィーは、お腹の中にガンの腫瘍がありました。スタッフィーは、その激痛に襲われ、夜も寝られない状態にありました。女性はその痛みを何とか取り除いてやりたいと、スタッフィーを救急病院に連れて行きました。

2つの選択肢

獣医師に診察されているラブラドール

スタッフィーを診察した獣医は、女性に2つの選択肢を迫りました。

「手術して痛みの原因となっている腫瘍を取り除くことができます。でも、14歳のスタッフィーが、その手術に耐えられる体力があるかどうかはわかりません。お腹を大きく切らなければならないので、術後の痛みは数日間続きます。たとえ手術が成功したとしても、その後スタッフィーがどのくらい生きられるかは不明です。

あるいは、このまま安楽死をさせてやるという選択肢もあなたには残されています。
そちらの選択肢は、スタッフィーをこれ以上苦しめることはなくなります。
スタッフィーは永遠に痛みから解放されることになります。

そのどちらを選ぶかは飼い主であるあなたです。あなたがスタッフィーに対して何が一番良いのかを考えて決断してください。」

痛みから救ってやりたい

獣医師に体を触られているラブラドール

女性は、病院に来るまで、スタッフィーを安楽死するということは、一度も考えたことはありませんでした。
ただ、ひたすら、この激痛からスタッフィーを解放してやりたい、助けてやりたい、そう思って救急診療を訪れたのです。

獣医からその選択肢を与えられたことで、女性は、どうしたらいいのかわからなくなりました。

保証などどこにもない

飼い主に頭を撫でられているラブラドール

手術が成功しても、スタッフィーのガンが完治するとは限りません。再び、腫瘍ができ、苦しむことになるかもしれません。

また、お腹を大きく切り開くのですから、術後の痛みも相当なものになることでしょう。苦い薬も何日も飲まなければならないでしょう。辛い思いをして、病床の上に、息を引き取ることももちろん考えられます。腫瘍を取れば助かるという保証はどこにもありません。

安楽死という選択肢

ラブラドールの目アップ

安楽死という選択肢があると獣医から言われたことで、このまま絶え間ない苦痛から永遠に解放してやることもできるということを女性は初めて認識しました。

ですが、これは飼い主にとって、一番難しい選択となることは言うまでもありません。女性が診察室の外で悩んでいる間も、スタッフィーの苦痛の声が聞こえていました。

相談

悩んで悲しむ女性

女性は、何度もこういう経験をしてきたであろう、知り合いの動物愛護のボランティアさんに電話しました。電話の相手はこう言いました。

「愛犬のこの世の命を終わらせる決断を飼い主が下さなければならないことは、想像を絶する罪悪感を伴うことになるでしょう。
もっと公園に連れて行ってあげたかった。
もっと一緒に旅をしたかった。
もっと一緒に…もっと一緒に…。
きっとそういう願いが、飼い主側には無限に沸き起こると思います。
でも、それは犬にとっての望みではなく、飼い主側の自己満足に過ぎません。
手術して彼女の命を少しでもつなぎとめたい気持ちも、それともしかしたら同じかもしれません。
スタッフィーはもう十分に生きました。これが彼女の寿命なのです。」

そして最後にこう言ったのです。

「Let her go...」 (もう逝かせてあげなさい…)

安らかな眠り

眠っているラブラドールの顔

飼い主の女性は、その後、スタッフィーを家に連れて帰りました。スタッフィーは、もう痛みで鳴き続けることはありません。苦痛から解放されたスタッフィーは、安らかな眠りについていました。

冷たくなったスタッフィーの体を抱きしめた後、女性はスタッフィーの体を綺麗に拭いてやりました。それから14年間のスタッフィーとの思い出を走馬灯のように頭に描きながら…スタッフィーの体をなで続けました。

女性の目から涙が止まることはありませんでした。それが果たして愛するスタッフィーにとって、正しい選択だったのかどうかは、誰にもわかりません。

しかし、1つだけ言えることは、スタッフィーは14年間の彼女の犬生を、愛する飼い主さんと一緒に幸せに過ごすことができ、そして最期に、永遠に苦痛から解放してもらったということです。

もし、あなただったら、どう決断していましたか?

《参考》https://doggiescare.com/she-looked-directly-into-eyes-passed-pain-unimaginable/

最後に

嬉しそうなラブラドールと笑顔の女性

筆者は今年7月、愛犬の手術を決断しました。

脾臓が誤作動を起こしてしまい、健康な赤血球を破壊し続けて、大きく腫れあがり、もう脾臓摘出手術しか助かる方法は残されていませんでした。

手術は成功しました。でも、愛犬の体力は持ちませんでした。その翌日に静かに息を引き取ってしまいました。

今でもいろんなことが頭をよぎります。

本当に正しい選択をしたのか?手術しなければ、もっと生きられたのではないだろうか?などなど…後悔は尽きません…。

ただ、その選択は安楽死ではなかったです。それでも、やはり後悔は残ります。しかし、それもその子の背負った運命、寿命だったのだと思うようにしています。

大事なことは、どんな状況になろうとも、最期まで家族として対応していくということではないでしょうか?

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 男性 やみす

    去年柴わんこをガンで亡くしました 脾臓に血管肉腫が出来て手術で摘出して抗がん剤治療をしました 血管肉腫は転移率が高くもし肺に転移して苦しむようなら安楽死も考えていました 痛みで苦しんでるいるのに最後まで看取りたいは人間のエゴでしかないと思われたからです 結局は肺の腫瘍が破裂して肺に血が入って即死状態で逝きました 苦しまずに逝ってくれたのが幸いです 私もガンで苦しむようなら安楽死をお願いしたいです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。