性格が悪い飼い主に共通する4つの特徴

15564view

性格が悪い飼い主に共通する4つの特徴

よく「犬好きの人に悪い人はいない!」と言いますよね。ですが、同じ犬好きとはいっても、やはり飼い主さんにもいろいろな性格の人がいるもの。あなたの周りにも、こんなちょっと困った飼い主さんはいませんか?

1.公共の場でマナーを守らない

犬立ち入り禁止の看板

わんこのお散歩中に排泄物の処理をしなかったり、わんこ禁止の場所にわんこを連れ込んでしまったり、ドッグランで自分のわんこが他のわんこと喧嘩していても仲裁しなかったり、公共の場でマナーを守らない飼い主さんは「性格が悪い」と思われても仕方がありません。
こういった人たちは、自分のわんこを溺愛しているために「うちの子は可愛いから何をやっても許される」と思っていたり、世の中には犬アレルギーの人や犬が苦手な人がいるということを忘れてしまったりしている場合が多いようです。

2.犬をファッションアイテムと思っている

おしゃれしたチワワ

わんこ好きの人から見て「あの人、性格悪い!」と思わざるをえないのが、わんこをファッションアイテムのように扱っている人たちの言動です。わんこに奇抜な服装やカラーリングをさせて連れ歩いていたり、嫌がっているわんこを無理やり写真に収めていたり。もちろん、愛犬の可愛さをみんなに自慢したいあまりにそういった行動に出てしまっている飼い主さんもいるとは思いますが、わんこの気持ちや体調を考えずに自分勝手な行動でわんこを振り回していると、「あの人は本当の愛犬家じゃない」と思われてしまっても仕方ありません。

3.愛犬自慢でマウンティングしてくる

ドッグランで遊んでいる犬

「わんこはみんな可愛いけど、やっぱりうちの子が一番!」というのは、どんな飼い主さんも共通して思っていることではないでしょうか。わんこを愛している以上、そう思うことは当然で、むしろ全ての飼い主さんにそう思ってほしいくらいではありますが、その言葉は心の中と家の中だけに留めておきましょう。お散歩中やドッグランで他の飼い主さんと愛犬の話で盛り上がっているときに、相手のわんこの話を聞くのもそこそこに「うちの子はもっとすごい!」とマウンティングばかりしていると、「あの人と話していても楽しくない」「あの人は性格が悪い」と思われてしまいます。わんこ同士も人間同士も、やたらめったらなマウンティングはマナー違反ですよね。

4.トリミングサロンや動物病院でクレームをくり返す

クレーマーの女性と謝っている男性

わんこが日常お世話になる場所といえば、トリミングサロンや動物病院ですよね。こういった場所には、クレーマーいわゆる「モンスター飼い主」がつきもののようです。もちろん、愛犬を思うあまりにクレームをつけてしまっている場合や、正当な理由があってクレームを寄せている場合もありますが、いわゆるイチャモンばかり並べて無理な要求をくり返す飼い主さんは、「あの飼い主さんは性格が悪いから注意」とお店や病院側のブラックリストに入れられてしまいます。飼い主さんがクレーマーでも、わんこには何の罪もありません。ですが、飼い主さんの性格や態度が悪いばかりに、愛犬までサービスや治療が受けづらくなったり、スタッフの人たちから敬遠されてしまっては可哀想ですよね。

まとめ

嫌悪の意思表示をする女性

いかがでしたでしょうか?愛犬をみんなに好かれるわんこにするためには、飼い主さんの性格がとても重要です。そのことを私たちは肝に銘じなければなりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。