愛犬家なら絶対にしない5つの行為

愛犬家なら絶対にしない5つの行為

お気に入りに追加

これを読んでくださっている方は皆、愛犬家だと思います。犬が大好きな人は知識も豊富で、犬に好かれる行動を取れる人も多いですよね。この記事では「愛犬家なら絶対にしない行為」というテーマで、犬のことが大好きな人ならば絶対にしない行動を5つご紹介します。この記事を読めば、愛犬家の仲間入り!?是非、チェックしてみてくださいね!

10930view

愛犬家なら絶対にしない行為1:理想のサイズを気にする

3匹のトイプードル

最近の日本では、小さくて可愛い犬種が人気ですよね。極小チワワやティーカッププードル、豆柴などの呼び名も生まれ、標準サイズよりも小さい子が可愛いと求められる傾向があるようです。

そのような背景から、予想よりも大きく成長しすぎた犬は「大きくて可愛くない」と思う人もいるようです。

たとえば、「成犬で1.5kg程度の大きさの予想ですよ」と言われて飼ったのに、成長したら3kgくらいの大きさになったので可愛くないと感じ、もう飼いたくないと思って飼育放棄をしたり、里親に出してしまったりする人も実際にいたのです。

愛犬家からすれば、どんな大きさになっても我が子は可愛いですし、上記の例のように、見た目で判断する時点で愛犬家ではないですよね。

愛犬家なら絶対にしない行為2:暴力をふるう

バットを持った男性に叱られるドーベルマン

犬を暴力で言うことを聞かすことは、真の愛犬家ではありません。昔のしつけには、犬をひっぱたいたり、押さえつけたり、蹴ったりしていた方法もあったそうですが、それは犬と本当の信頼関係を築くためには絶対にやってはいけないことです。

その他にも、ネグレクト(飼育放棄)、散歩に行かない、掃除をしない、お手入れをしないことは、愛犬家ならば絶対にやらない行為です。

愛犬家なら絶対にしない行為3:安易に犬を飼う

段ボールに入ったジャックラッセルテリア

日本では生体展示型のペットショップで気軽に犬が手に入ってしまう環境である問題もあり、その時の気分や衝動によって飼ってしまう人もいます。

犬を飼うことはたくさんの責任や手間がかかります。そしてその現実に「もう飼いきれない」と手放す結果になったり、ペット不可の住宅にも関わらず飼ってしまい、バレて引っ越しを余儀なくされたり、安易に飼ってしまった事で起こりうるトラブルはたくさんあります。

最低限、予測できたことで愛犬を手放さなくてはならないことにならないよう、よく考えて犬を迎え入れるように愛犬家は心掛けています。

愛犬家なら絶対にしない行為4:散歩のマナーを守らない

お散歩でうんち中の2匹のキャバリア

たとえば、人の家の前でオシッコをさせる、うんちを持ち帰らない、ノーリードで散歩するなどはマナー違反とされています。

愛犬家は、犬が苦手な人もいることも頭に入れて行動できるのです。一匹のマナーが悪ければ、そのお散歩道を利用しているワンちゃん全員の印象が悪くなりますので、全体を見て行動できるようになりたいですね。

愛犬家なら絶対にしない行為5:犬に関する知識が乏しい

シュナウザーと本に囲まれた女の子

  • 犬のとって食べてはいけないもの
  • 苦手なこと、避妊去勢手術について
  • 人間との違い
  • 病気について

など、最低限の知識を持つようにすることは、犬と快適に生活していく上で必要なことでよね。愛犬家なら、犬に関する知識を調べたり、覚えることが好きな人も多いはずです。

まとめ

love youのボードと犬

いかがでしたでしょうか。愛犬家なら絶対にしない行為を例に挙げて見ました。皆さんがあてはまる例もありましたか?

愛犬家の数がもっともっと増える参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。