ギリシャで発生した大規模な森林火災で奇跡的に生き延びた犬

ギリシャで発生した大規模な森林火災で奇跡的に生き延びた犬

この夏、ギリシャで発生した大規模な森林火災の事は日本ではあまり知られていません。犠牲者をたくさん出したこの大火災の中で、奇跡的に生き残ることができた犬がいました…

はてな
Pocket
お気に入り登録

大火災の中で生き残った犬

ギリシャで発生した大火災

2018年7月23日、ギリシャのMatiで最初の森林火災が発生しました。
そしてKinetaという場所に飛び火し、大規模な森林火災となってしまいました。
死者は90名以上、負傷者は200名以上出ています。

動物救済ボランティア

この火災では、人間だけでなく、たくさんの動物達も犠牲になりました。

火災がおさまったと同時に、生き残った動物達がいないか、動物救済ボランティアたちが捜索を始めました。

発見

そのうちの1人、ボランティアのアルテミス(Artemis Kyriakopoulou)さんは、最初に火災が発生したMatiの町のある家の庭園に侵入した時に、その犬を発見しました。

Artemis Kyriakopoulouさんの投稿 2018年7月26日木曜日

奇跡

その犬は、庭の中にレンガで作られたバーベキューのオーブンの中に避難していて助かりました。

アルテミスさんが彼をその中で発見した時、犬は恐怖で固まって動けないでいました。

まだ、煙があちこちで立ち上がっている状態で呼吸が苦しい中での捜索でした。

「ある家の庭に侵入した時、レンガ造りのオーブンが見えたので、何か生き残っているとしたら、そこにいると直感しました。」とアルテミスさん。

周囲はすべて焼き尽くされた中で、犬が生き残れたのは、まさに奇跡でした。

Artemis Kyriakopoulouさんの投稿 2018年7月26日木曜日

病院へ

「犬のまつ毛は焦げていました。それなのに、どうやってこの犬が炎の中で生き残れたのか、本当に不思議です。」とアルテミスさん。

犬は『 Loukoumakis』と命名されました。

アルテミスさんが彼を発見した時、とてもお腹を空かせていました。

ケア

Loukoumakisには医療が必要でした。

アルテミスさんはLoukoumakisをすぐに動物病院に連れていきました。

Loukoumakisには必要な医療的ケアをして、その後、すすだらけになった長い毛をカットして、シャンプーされ、すっかり見違える程すっきりとしました。

獣医さんの判断では、この子は4歳くらいだということでした。

迷子犬です。

最後に

沢山の犠牲者を出したギリシャの森林火災では、人だけではなく動物達も犠牲になっています。

火に囲まれてよくこの子は生き延びる事が出来たと思います。まさに奇跡です。

Loukoumakisには、現在も医療ケアが行われています。

飼い主さん探しと同時に里親探しも始めるそうです。

奇跡的に助かった小さな命が今後、幸せに暮らせますようにと願わざるを得ません。

動物救済ボランティアのアルテミスさんのフェイスブック:https://www.facebook.com/artemis.kyriakopoulou

Artemis Kyriakopoulouさんの投稿 2018年8月1日水曜日

※尚、この記事及び動画&写真の掲載につきましては、双方の撮影者であるアルテミスさんの承諾をいただいております。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。