初対面の犬にやってはいけないNG行為5選

初対面の犬にやってはいけないNG行為5選

あなたは初めて会うワンちゃんに接するとき、どんな行動を取りますか?この記事では「初対面の犬にやってはいけないNG行為」というテーマで、初対面の犬が怖がってしまうことや、嫌なこと、困らせてしまうことなどを5つご紹介します。是非、チェックしてみてくださいね!

はてな
Pocket
お気に入り登録

初対面の犬へのNG行為1:目をじっと見る

こちらを見つめるチワワ

犬にとって、目をじっと見つめることは「敵意がありますよ」という意味を持ちます。

特に初対面の犬は、「どんな人なんだろう?」とあなたのことを警戒しているので、じっと見つめ返してしまうとさらに警戒心をあおることになります。

人間は興味のあるもの、好きなものをじっと見つめて行為を表すことがありますが、それを犬に対して同じように行ってはいけません。

長年ずっと一緒に暮らしている愛犬ならば、目をじっと見つめてコミュニケーションを取ったりできますが、初対面のワンちゃんにはやめておいた方が賢明です。

初対面の犬へのNG行為2:真っすぐ近づく

正面で向き合う白い犬と黒い犬

犬がフレンドリーな気持ちで近づく場合は、半円を描くようにゆっくりと近づきます。

ですので、真っすぐに近づくということはフレンドリーとは逆で、「この人は僕(私)に攻撃しようとしている」と受け取られてしまうのです。

初対面の犬に近づきたい時は、ゆっくりと様子を見ながら円を描くように近づいて行くのが正解です。

初対面の犬へのNG行為3:頭をわしゃわしゃ撫でる

頭を撫でられる白い犬

犬を可愛がる、撫でると言えば「頭(目の上)」あたりをわしゃわしゃ、ゴシゴシと撫でる様子を想像する人も多いのではないでしょうか?

でも実はこの行動、犬は嫌がっていることが多いのです。撫でられて嬉しいのは、首から前足にかけてのあたりで、特に初対面のワンちゃんは首のあたりを優しく撫でてあげるとよいでしょう。

初対面の犬へのNG行為4:大きな声を出す

メガホンで話す男性と犬

特に若い女性に多いかもしれませんが、「きゃー!かわいいー!」といきなり大きな声を出しながら犬に近づいている人を見かけます。

犬は高めで優しい声は好きですが、突然&大きな声はとてもビックリしてしまいます。

可愛いワンちゃんが目の前にいてテンションが上がってしまっても、落ち着いて「可愛いですね!」と話しかけるようにしましょう。

初対面の犬へのNG行為5:おやつをあげる

おやつをもらう犬

ワンちゃんと仲良くなりたいがために、好きそうなおやつをあげようと思うかもしれません。

飼い主さんにちゃんと「これあげてもいいですか?」と確認すれば大丈夫ですが、確認なしにあげてしまうことは危険です。

犬が好きなジャーキー(肉)にアレルギーのある子もいますし、クッキーやボーロに含まれる卵や小麦粉でもアレルギーになる場合があります。

おやつにはそのような危険を伴うことを意識しておきたいですね。

まとめ

!の看板を持つパグ

いかがでしたでしょうか?

犬好きなら犬に好かれたいと思いますよね。初対面のワンちゃんにも好いてもらえるように、この記事でご紹介した「NG」行為はしないようにしましょう。

おさらいすると、次の5つがNG行為でしたね。

  • 目をじっと見る
  • 真っすぐ近づく
  • 頭をわしゃわしゃ撫でる
  • 大きな声を出す
  • おやつをあげる

これらのことに気を付けて実行すればきっと、ワンちゃんたちの人気者になれますよ。是非、覚えて活用してみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。