犬は人間の性別を見分けられるの?

4379view

犬は人間の性別を見分けられるの?

皆さんは自分の家の愛犬を含め、犬が人間の性別を「男」「女」として見分けることができていると思いますか?見分けているような気もするし、見分けていない気もする…といった曖昧なところですよね。今回はその真相に迫っていきたいと思います。

犬は人間の性別を見分けてる?

犬を撫でる女性と男性

皆さんが共に暮らしている愛犬は、男性と女性ならばどちらの方が懐く、あるいはどちらの方が好きそう、といった行動をとりますか?例えば、オス犬であれば、女の人にばかり寄っていく、といったエピソードがあるでしょうか。

一緒に暮らしていると、なんとなくですが「もしかして、犬って人間の性別をしっかり見分けているのでは?」と感じる事があります。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか。犬はしっかり人間の性別を見分けているのか、もしくは男と女という概念を持ち合わせているのか…ちょっと気になりますよね。

実際にこんなエピソードが…

実際、「うちの子は人間の性別を見分けているのでは?」といったエピソードは、日常の犬友の皆さんやSNS上で多数耳にします。

上記で簡単に触れた「オス犬が女の人にばかり寄っていく」というエピソードもよく聞く代表例の1つです。筆者の家の愛犬もオスですが、やはり女の人の方が比較的寄っていく回数や懐き具合が高いように感じます。もちろん、その反対のパターンも存在します。

しかし、中にはオス犬が男の人にばかり寄っていく、あるいはメス犬が女の人にしか懐かない、といったようなエピソードもあります。いったい、犬はどのように区別しているのでしょう。

犬は人間の性別を見分けているのか…「YES」

男性の顔を舐める犬

犬が人間の性別を見分けているのでは?というエピソードをいくつかご紹介しましたが、実際のところはどうなのでしょうか。結論から言ってしまえば、最近の研究・論文において「犬は人間の性別を見分けている」という説が濃厚であるとされています。

はっきりと何をもって男性・女性と区別しているのかという点については、未だに研究している最中ですが、以下の点に注目して人間の性別を見分けているのではないかとされています。

匂いや視覚で判断している?

最も有力な説として、優れた嗅覚によって人間の性別を見分けているのではないかとされています。男性と女性では匂いが異なるため、その匂いによって見分けているというものです。

たしかに犬は初対面の相手に会った際、挨拶として匂いを嗅ぐことで相手の情報を得ていると言われています。男性と女性で匂いを異なるのであれば、その匂いの違いを犬が嗅ぎ取り見分けていても不思議ではありません。

また、発表された論文によると、嗅覚だけでなく視覚によっても見分けているとされています。人の外見から男性・女性を判断していることになります。これらを総合的に判断し、「この人は男」「この人は女」と見分けているのでしょう。

妊娠していると守ろうとする姿勢を見せることも

妊婦さんのお腹

上記とは全く異なる話になりますが、女性の中には犬を飼っている最中に妊娠する人も多くいます。そんな時、通常の女性と妊娠中の女性の間には、異なる匂いが漂うと言われています。

そのため、妊娠中の女性特有の匂いを嗅ぎ分け、犬は「何か違うぞ」「守らなきゃいけない」という防衛本能が働き、妊娠している女性を守ろうとする姿を見ることも珍しくありません。

犬によっても反応は多種多様

女性に抱きつかれるハスキー

犬が実際に人間の性別を見分けている可能性が極めて高いということがわかったところで、性別を見分けた上で、犬によって懐く相手(性別)が異なるということも理解しておきましょう。今回はオス犬を例に挙げてご紹介します。

女性にばかり懐くオス犬

オス犬の多くは、人間の中でも女性に近寄って行くことが多いという意見が多いです。これは上記でも取り上げたように、男性と女性では匂いが異なるため、動物的本能から女性の匂いのする方へと近寄って行く傾向が強いのです。

やはり、人間も動物も異性に対して「好き」という愛情のような感情が芽生えやすいということでしょうか。たしかに筆者の愛犬も家族の中では女性陣に懐いているように感じます(もちろん男性陣にも懐いていますが、真っ先に選ばれるのは母)。

男性と居る方がリラックスしているオス犬も

しかし、女性にばかり近寄って行くオス犬が多い一方で、反対に男性にばかり近寄って行くオス犬ももちろんいます。このような犬は、なぜ男性に対して優先的に近寄って行くのでしょうか。

最も濃厚な説として、「この男性ならば、いざという時に守ってくれる」「頼りになる」とリーダー的な存在として認識している可能性があるという説が挙げられます。

犬は元々集団行動をしていた動物ですので、必ずリーダーがいました。その時の習性が未だに残っているため、「自分よりも強い人」「頼れる人」についていこうとしているのではないかと言われています。

また、女性(メス)は守られる側、男性(オス)は守る側といった考えが犬に本能的に定着している場合、やはり「守られたい」「安心感を得たい」と感じているオス犬の場合は男性に近寄って行くことが多いようです。

まとめ

カップルと犬

いかがでしたでしょうか。犬は人間の性別を見分けているという結論でしたが、だからといって必ずしも異性の人間に懐きやすいというわけではありません。その人の行動などを見て、犬がどう感じているかによって近寄っていくのです。ぜひ自分の愛犬の行動も日頃から観察してみてくださいね!

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。