犬の命に関わる「危険食材」5選

【獣医師監修】犬の命に関わる「危険食材」5選

お気に入りに追加

「ドッグフードばかりでは可哀想」という理由から、犬用おやつや違う食材を与えているという飼い主さんは多いでしょう。しかし、犬は何でも食べられるというわけではありません。そこで、今回は犬の命に関わる「危険食材」をいくつかご紹介します。

15560view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の命に関わる危険食材

病院のベッドに横になる犬

犬に与えると危険な食材は多くありますが、中でも大事な愛犬の命に関わる食材だけは、特に注意しておきたいという飼い主さんがほとんどでしょう。ここでは死に至る危険性のある食材のみをピックアップし、なぜ死に至る危険性があるのかをご説明します。

1.チョコレート

チョコレート

犬はチョコレートを絶対食べてはいけないという話は、犬を飼っている人はもちろん、犬を飼っていない人でも知っている人が多いです。しかし、「なぜチョコレートを食べてはいけないのか?」と聞かれると、詳しく説明できる人は少ないのではないでしょうか。

チョコレートにはテオブロミンと呼ばれる成分が含まれています。テオブロミンは神経興奮作用や利尿作用を引き起こす成分で、犬はこの影響を大きく受けてしまうため、下痢や嘔吐、神経症状 、痙攣などの中毒症状が引き起こされます。

チョコレートの引き起こす興奮作用の中には、呼吸興奮作用も含まれており、呼吸困難に陥ってしまったり、最悪の場合、死に至る危険性も非常に高いため、命に関わる危険食材となります。

2.タマネギ

タマネギ

タマネギもチョコレートと同様、犬に食べさせてはいけない食材の代表格として挙げられることが多いです。これはタマネギだけではなく、タマネギと同じ類いの食材とされるニンニクも非常に危険です。

タマネギを始めとしたネギ類の食材には、アリルプロピルジスルフィドという成分が含まれており、赤血球内に含まれているヘモグロビンを酸化させる働きがあります。これにより、溶血性貧血という症状を引き起こすことがあります。

さらにタマネギを食べてしまうことにより、カリウムが血液の中に流れ込んでしまうことがあります。これによって高カリウム血症という症状を起こし、死に至る危険性もあるため、タマネギは食べさせてはいけないと言われているのです。

3.ぶどう(レーズン)

レーズン

果物を愛犬に与えているという飼い主さんは多いですが、果物なら何でも食べさせて良いというわけではありません。特にぶどうやレーズンは中毒症状が引き起こされるため、非常に危険な食材とされています。

ぶどうが引き起こす症状として、急性腎不全が挙げられます。口にしてから2時間ほどで嘔吐や下痢などの症状が出ることが多く、そのまま放置してしまうと体内に毒素が蓄積してしまい、死に至る危険性があります。

チョコレートやタマネギは有名ですが、ぶどうが危険食材だとは知らなかったという飼い主さんも多いため、間違えて与えてしまったという事例も少なくありません。ぶどうもチョコレートやタマネギと同じように危険であるということを理解しておきましょう。

4.アルコール類

ビールを楽しむ人々

人間も摂取しすぎると中毒症状を起こすアルコール類は、もちろん犬にとっても有毒な食材と言えます。では、アルコールを摂取してしまうとどのような症状が引き起こされるのでしょうか。

実は犬の体にはアルコールを分解する働きが備わっていないため、ほんの少量飲んでしまっただけでも酔っぱらってしまうのではなく、死に至ってしまうケースも珍しくありません。分解することができなければ、アルコールに含まれるアセトアルデヒドが蓄積され、脳に悪影響をもたらします。

その結果、意識が朦朧としてしまったり、心肺機能が低下するなどの症状が起こり、死に至ってしまうことがあるのです。飼い主さんが家でアルコールを口にする場合は、十分注意する必要があります。

5.キシリトールガム

最後にご紹介する危険食材はキシリトールガムです。正確に言えばキシリトールという成分が犬にとっては有毒となります。最近では、キシリトールをガムで摂取する人が増えているため、油断できない食べ物と言えるでしょう。

犬がキシリトールを摂取してしまうと、低血糖や急性肝不全など、あらゆる症状を引き起こす恐れがあります。これはキシリトールによりインスリンが分泌されるためで、痙攣などを引き起こし、最悪の場合は死に至ることがあります。

キシリトールが含まれている食べ物はガムだけではありません。最近では、飴やタブレット菓子などにも含まれていることがあります。小さな食べ物だけに、より注意を払う必要があるでしょう。

まとめ

キッチンで制する女性

いかがでしたでしょうか。このように少し口にしただけ、舐めただけでも死に至ってしまう食材が犬には存在します。私たち人間とは体の構造が違うため、「これくらいなら…」という油断が命取りになるのです。今回ご紹介した食材は与えることはもちろん、置きっ放しにする、落下したままにするといった行為も危険です。飼い主さんは十分注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。