犬に「もってこい」を教えるトレーニング方法

犬に「もってこい」を教えるトレーニング方法【ドッグトレーナー監修】

お気に入りに追加

ボールに興味を持つ・ボールを追いかける・ボールをくわえる・ボールを持って来る・ボールを離す、このような順番で教えてあげると上手くできるようになります。「もってこい」のトレーニングについて詳しく説明します。

7286view

SupervisorImage

記事の監修

埼玉を中心に、しつけ方教室/問題行動のリハビリ/ドッグダンスレッスンまで行う。ドギーホームルームでは、愛犬のトレーニングのみにとどまらず、飼い主様のフォローに力を入れる事でQOLを向上させます。また、JCHA公認のハイドロセラピスト・フィットネストレーナーでもある為、愛犬の健康増進にも力を入れています。【埼玉・東京・横浜でオーナーレッスン随時開催】
《公式HP》ドギーホームルーム

愛犬に「もってこい」を教えてみよう!

ボールをくわえて走るヨークシャーテリア

飼い主さんが投げたボールを愛犬が追いかけ、ボールをくわえて飼い主さんの元に持ってくるようにトレーニングします。

元々ボールに興味のある犬は、特別しつけることなくボールを持ってくることができることも多いのですが、持ってくるけどボールを放すことができないという犬もいます。

元々ボールに興味のない犬は、まずはボールに興味を持ってもらうことから始めなければなりません。

ボールに興味のない犬の場合のトレーニング

オレンジのボールを見つめる子犬

犬は動くものが大好きで、動くものを追いかける習性があります。

元々ボールに興味がない犬の場合、手にボールを持ったまま素早く動かし、愛犬の興味を惹くようにします。手に持ったボールに興味を示したら、おやつをあげるなどして褒めてあげます。

最初は全くボールに興味を持たなかった犬もボールのニオイを嗅ぎに来たり、ボールを取ろうとしたり、ボールに興味を持ってくれるようになります。

「もってこい」のトレーニング その①

ボールを追いかけるリードを着けた犬

1.ボールを追いかけよう!

ボールに興味を示したら、軽くボールを投げてみましょう。

初めは距離は1mくらいが良いです。ボールが転がった先まで行くことができなくても、少しでもボールを追いかけたら褒めてあげましょう。

2.ボールが転がった先まで行ってみよう!

ボールを持って来ることができなくても、ボールを最後まで追いかけることができたら褒めてあげましょう。

3.コマンドを覚えよう!

1と2を繰り返し行い、ボールが転がった先まで追いかけることができたら、次はコマンドを教えます。

「もってこい」でも良いですし、「もっておいで」でも良いですし、その他のコマンドでもOKです。

コマンドは必ずひとつにしましょう。「もってこい」と言いながらボールを投げ、ボールを持って来ることができなくても、ボールを最後まで追いかけることができたら褒めてあげましょう。

4.距離を伸ばしてみよう!

初めは距離は1mくらいが良いですが、少しずつ距離を伸ばして行きます。

ボールを最後まで追いかけることができなくても、少しでも追いかけることができたら褒めてあげましょう。

少しずつ距離を伸ばし、最後まで追いかけることができたら、ここまでは成功です。

「もってこい」のトレーニング その②

ピンクのボールを追いかける犬

1.ボールをくわえよう!

ボールを上手く追いかけることができるようになったら、次はボールをくわえることです。

「もってこい」のコマンドでボールを投げ、追いかけ、少しでもくわえることができたら褒めてあげましょう。一度くわえたボールを離してしまってもOKです。

2.ボールを持って来よう!

“よし!くわえたぞ!”と思っても、途中で落としてしまう犬も多いです。最後まで持ってくることができるよう、何度も繰り返し練習しましょう。

飼い主さんにボールを渡すことができなくても、ボールをくわえたまま飼い主さんの元に戻ってくることができたら次のステップへ行きましょう。

3.ボールを離そう!

くわえて持って来たボールを飼い主さんに渡す、これがなかなかできない犬が多いです。

しかし、犬からボールを無理やり取り上げるのは絶対にやめましょう。

ボールの引っ張り合いになってしまい、引っ張り合いの遊びだと勘違いしてしまうことがあります。しっかり渡すことができなくても、自ら離すことができたら褒めてあげましょう。

自ら離してもらう方法として、おやつと交換という方法があります。ボールをくわえたままではおやつを食べることができないため、おやつを見た瞬間にポロッとボールを放してくれます。

4.コマンドを覚えよう!

ボールを離して欲しいときのコマンドは「アウト」や「放せ」などがありますが、その他のものでも構いません。但し、コマンドはひとつにしましょう。

初めは「アウト」と言いながらおやつを見せても良いですので、ボールを放すことができたら褒めてあげましょう。どこまでボールを持って来たらOKにするのかは飼い主さんが決めて良いです。

私は手の平を出しながら「ちょうだい」というコマンドを使っているのですが、私にちょうだいと言われ、私の手の平にボールを置くことができたらOKにしています。

初めは上手く置くことができずに落としてしまいますが、それでもOKにしています。

まとめ

ボールを飼い主に渡すゴールデンレトリーバー

  • ボールを追いかけることはできても、持って来ることができない
  • ボールを持って来ることはできても、放すことができない

こういった犬が多いですよね。

全くトレーニングをしていないのに、はじめてボールで遊んだ日から、持ってくる・離すが出来る犬もいれば、中々上手くトレーニングが進まない犬もいます。

ただ、重要な事は飼い主さんと愛犬が楽しく遊べることです。焦らず気長にトレーニングを一緒に楽しんでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。