老犬のトイレに滑り止めマットを下敷きにしましょう

9021view

老犬のトイレに滑り止めマットを下敷きにしましょう

犬も年齢を重ねると、今まで当たり前のようにできていたことも出来なくなって来てしまいます。今回は老犬のトイレのアイテムをご紹介致します。ちょっとの工夫で安上がりの解決できるかもしれませんよ。

我が家のシニア犬のトイレ必須アイテム

滑る犬

うちには今年の5月に15歳になるラブラドールがいます。平均寿命が10歳と言われる大型犬のなかでもかなりの長寿と言える年齢だと思います。
真っ白いとてもきれいな毛色の、大切な家族です。

家の中で飼っているのですが、今は15時間ぐらい、1日の大半は寝ています。

トイレに行ったり、餌を食べたり、散歩をしたりと、日常生活でのわずかな動きが筋力維持になっているのかなと思います。

まだまだ歩けますが(と言っても自分のクシャミでよく転んでいます)やはり年齢を重ねて来るに従って、環境整備が色々と必要になってきました。

そんな彼女にとっての必要なアイテムを1つご紹介致しますね。
大したものではありませんが、うちの子の場合はこれがないと本当に困ります。

オススメは「滑り止めマット」

それは滑り止めマットです。このマットをトイレシートの下に敷き込むのです。これでトイレの場所が決まらずにウロウロ、ウロウロしても、トイレシートは動きませんしぐちゃぐちゃになりません。

滑り止め

もともと小さい頃からトイレシートの上で用を足そうとする犬だったので、老犬になり足がおぼつかなくなってもその習慣は変わりませんでした。本人はシートの上でしているつもりなのですが、ここにしよう!という場所がすぐに決まらなくなってきました。

そのためシートの上でひたすらグルグルと回ってしまい、ぐちゃぐちゃになってしまうのです。

眼も見えず、耳も遠くなっているのでしょうがないです。こちらが何とかしなければ!と滑り止めマットを購入しました。普通の100円ショップで購入できます。

トイレ後のすっきりした顔をみるとこちらも満足感でいっぱいです。ちなみに、用を足す際に移動する範囲が広がるのでトイレシートは大きいものを使用しています。(サイズは60cm×90cm。)

シートが小さいとやはり外れてしまうケースがありますし、うちの犬の場合は何故か?小さいシートが2枚あるとその真ん中で用を足します(笑)

滑り止めマットは、このシートが収まるような大きさにしています。大きさはお使いのシートに合わせたものでいいと思います。

マットの種類は何でもいいと思いますが、うちの犬の場合は段差があると危ないので、極力薄いマットを使用しています。厚さは大体2〜3mmです。

時々何かが気に入らず、トイレシートと滑り止めマットをめくり上げて床でしていますが(笑)まぁ、そんな時もありますよね。

また、他にも2頭のラブラドールがいますが、彼等は室内でトイレをしません。まだ若いので、教育して室内でトイレをしてもらう手もありますが、今は考え中です。

外でトイレをすることを覚えた後に、トイレトレーニングをするとなると、かなり難しいですしね、、。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 20代 女性 ひまわり

    うちのわんちゃんは3歳なのでまだ大丈夫だけど、こういう知識はすごくありがたいです!
  • 女性 匿名

    うちも15歳になる中型犬がおります。
    元々外飼いで8歳から室内飼いにしましたがその時から室内でのおトイレを覚えさせ始めました。
    今は中ではペットシーツで
    外では電柱や草むらでおしっこもうんちもできるようになりました。

    今ではペットシーツの上で足を滑らせるほど踏ん張りが利かなくなって来て対策を練っている所ですが、やはり室内でのおトイレを覚えさせて正解だったと思います。
    お外だけだったら雨の日でも台風でも雷でもおトイレに連れ出さなければいけません…
    それが老犬になった時…
    毎回抱っこして外まで連れてって支えながらの用足しはかなりのしんどさです…
    1日何回も連れ出さなくてはいけないかもしれないです。
    それに真冬の寒い日は中々出たがらなくもなってきました…
    両方で出来るようにしてよかったと思っています。



  • 40代 女性 momo

    記事を拝見して、トイレシートの下に滑り止めのマットを敷くというのは良いアイデアだと思いました。我が家には14歳の大型犬がいます。今はしっかりと立てますが、以前「前庭疾患」という老犬特有の病になった際には、立ち上がるのも大変でサポートしていました。トイレは外でさせていたのですが、一応寝ているときにしたくなってしまうと困るので、トイレシートを周りに敷いておきました。しかし、その上に乗るとツルツル滑ってしまい結局ずれて意味がなくなってしまいました。滑り止めがあればしっかりと上で固定出来て良いですね。
    老犬になると、お風呂場の床も踏ん張って立つのが難しくなります。我が家では最近、《パズル型》のジョイントマットを買ってきてシャンプー時に敷くようにしました。(写真有)
    愛犬はそれまではすぐに座ったり伏せたりしていましたが、しっかりと立っていてくれるので洗いやすくなりました。このマットはバラして収納出来るので便利だと思います。
  • 女性 シュナ

    うちもとても勉強になりました。以前ラブラドールを飼っていましたが、お庭のスペースを自由に過ごしてもらう生活でした。(うちは16歳まで生きてくれました。Tsukaさんのラブちゃんも長生きしますように☆)老犬になってもその生活スタイルは変わらず、お庭全部が彼のテリトリーようで、芝もありましたのでよくそこでのんびりしていました。ですので、トイレも必然的にすべてお外でした。今のワンちゃんは3歳半のミニチュアシュナウザーで室内で飼っています。おトイレはお散歩中か外に出れないときはサークルの決まった場所にしてくれています。今のわんちゃんはどこでするかよりも、トイレは我慢せず家でも外でもしてくれますが、歳をとったときはきっとTsukaさんからのアイデアがとても役立つと思います。むしろ、今から役立つ気がします。トイレシートはよく動いたり、少しのことでくしゃくしゃにされて困ることも多かったので。。私も早速100均に行ってみたいと思います。
  • 40代 女性 モカ

    我が家の愛犬も10歳を過ぎたあたりから足がおぼつか無くなり、トイレの時くるくると回り始めてから足がもつれることが多くなったように感じています。ある日私がヨガをしていたらトコトコとやってきてヨガマット上に座ったり、歩き回っり、挙句の果てには寝てしまいました。それからたびたびヨガを始めると同じ行動をとるので、やはりわんこにとってすべり止めと同じ素材のヨガマットはクッション性もあって落ち着くのかもしれません。それ以来ヨガマットを何本か購入してわんこの通り道に敷いておくようにしています。トイレは足が時々縁にあたってしずらそうなので外し直接マットの上に場所を決めてシートを敷くようにしています。足も安定して快適のようですよ。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。