愛犬のご飯を手作り!簡単レシピとトッピング

愛犬のご飯を手作り!簡単レシピとトッピング

お気に入りに追加

ドックフードだけでも、完全手作り食でも、愛犬の栄養バランスが気になるところ。そこで、我が家は、手作りトッピングご飯で、ドックフードと手作り食のミックスご飯で、いろいろな栄養素をバランスよく摂取。

38418view

料理

健康は食から!!

近年、ドックフードの品質が問題視されるなか、手作り食に切り替えたい飼い主さんも多いと思います。

ただ、完全手作り食だと、それはそれで、栄養バランスが取れているのか心配になります。

人間同様に、愛犬にも栄養バランスのよい食事を与えたいものです。

そこで、我が家は、気軽に始められるドックフードに手作り食のトッピングご飯を始めました。

食材選び

私が、食材選びに参考にしているのは、下記の2冊の本です。

犬の手作りご飯本

「わんこの幸せ寿命をのばす トッピングごはん基礎BOOK」阿部佐智子 著
「トッピングごはん実践BOOK」阿部佐智子 著

イヌに与えてはいけない食材、生で食べてもいい食材、火を通さないといけない食材など、この本を参考に食材を選んでいます。

基本レシピ

冷蔵庫に残っている野菜やお肉、約5~10品目をできるだけ細かくみじん切りにし、全て煮る。

みじん切りが面倒なときは、煮込んだ後にミルで細かくしています。

イヌの腸は人間より短いので、なるべく細かくしないと栄養を効率的に吸収できないそうです。

また、みじん切りした食材をオリーブオイルで炒める場合もあります。

煮る、炒めるなどで作った食材は、製氷機に入れて冷凍庫で保存。

製氷器で冷凍

この日の食材は、大根菜(冷凍)、ニンジン、椎茸、キャベツ
オクラ(冷凍)、アスパラ、セロリ、豚タン、合挽き

手抜きトッピング

基本レシピに書いたように、イヌ専用に作るのが面倒な場合は、人間のご飯を作るついでに、
イヌのトッピングも作ってしまします。

例えば、人間用に味噌汁やスープ、炒めものを作るときに、味を付ける前にイヌ用に少し分けて、細かく切って与えます。

味付け前に食材に完全に火を通してしまうので、少々人間のご飯の味が落ちますが、あまり気にしなければ簡単で便利です。

納豆、冷奴、サラダ(生野菜)、果物、葉物、お刺身は、そのままおすそ分けすればOK
プチトマトなどは、常に冷蔵庫に用意しておくと、重宝します。

大根、キュウリ、ニンジンなどは、人間のご飯用に切ったものをおろし器で擦ってトッピング、白菜、キャベツ、レタスはそのまま与えています。

これなら、人間のご飯を作るついでにイヌのトッピングもできて、よりお手軽。

トッピングの量

わが家の場合、トッピングが全体のご飯の2割。

体重に見合った推奨量のドックフードから、2割分のドックフードを減らし、トッピングご飯で賄っています。

きっちりと量ってはいませんが、上で示した製氷皿1個分が1日分のトッピング量です。

ひき肉などを使用した場合、脂質が多くカロリーが高いので、お肉が多めの時は、製氷皿1個分が2日分のトッピング量にしています。

トッピングご飯は、完全手作り食と比べ、お手軽な上に、火を通しているドックフードには含まれない酵素を、生の食材から摂取することもでき、水分も多く取れるといった利点があります。

また、少食な仔でも食いつきが良くなることが多いです。

おいしそうにぺロリ

美味しそうに食べてくれるとうれしいものです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 hiro

    うちの犬も納豆トッピングが大好きです。これを食べた後にペロペロされると納豆臭いのであまり与えたくないのですが、人間の食卓に納豆のパックが並んでいると自分のごはんを食べないほど大興奮なくらい納豆がすきなのです。
    なのでたれを入れる前に、かき混ぜて糸を引かせた納豆を、犬用のフードボウルにちょこんとおすそ分けをしてあげます。糸を引きながら食べている姿はなかなか面白いんですけどね。
    また、小型犬のために手作りご飯をされている方には、フードプロセッサーがおすすめですよ。ザクザクと野菜を切って、何種類でも、一気にガーッとみじん切りにしてくれます。まな板でコツコツやるより時短ですし、洗い物も意外と楽なもんですよ。
  • 投稿者

    女性 aki

    愛情いっぱいの手作りごはんを食べて、ペロリンと舌舐めずりをしているワンちゃん、可愛いですね^^
    ワンコはササミやとり胸肉はもちろんですが、お肉を茹でたゆで汁も大好物の子が多いですよね。うちでは、ササミを茹でたときに、そのゆで汁に小松菜や人参、キャベツなどのお野菜を一緒に茹でて、小分けにして冷凍しています。ドライフードにトッピングをしてあげると、大喜びで食べています。

    オリーブオイルはいワンコの健康にも良いですし、オリーブオイルで炒めて保存という方法はとても参考になりました!

    作りおきして製氷機に入れて冷凍保存をしておけば、分量を量る手間が省けて、取り出しやすいのでとても便利そうですね。人間の赤ちゃんの離乳食と同じ要領ですね♪

    夏場に食欲がおちているときには、ササミと一緒にそのゆで汁や、カツオをつけておいた水をフードにかけてあげると、お肉とお魚の香りにそそられて食べてくれます。また、水分補給にもなりますよ。ただ、水分は傷みやすいと思いますので、早めに食べきるようにしています。
  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    普段はフードですが、何か病気をしてしまった時には手作り食にしています。獣医さんにも療法食を勧められるのですが、調子が悪い時に味の薄い嗜好性の高くないものを食べるのはつらいようで、ご飯を食べてくれない時が多いです。体力を戻すことが最優先だと思うので、そんな時は書籍やネット上のわんこご飯レシピを活用して与えています。

    人間用に買っておいた野菜を使えるのは手間もかからず無駄にもならず助かります。犬が食べてもいいもの、ダメなもので調べると意外にも食べさせられる食材が多くあり、フードでは取れない栄養成分があったりと利点も多いです。療法食で散々嫌がった愛犬も手作り食を出すと、久しぶりに美味しいご飯にありつけた!と喜んで食べてくれます。
    栄養のバランスは少々不安ではありますが、ある程度体力が回復してくると療法食も食べてくれるようになるので、回復も早くなります。

    フードに飽きてしまった時など、手作り食で愛犬のご機嫌を取るのもいいかもしれませんね。
  • 投稿者

    20代 女性 あめたま

    我が家のチワワもドッグフードに蒸した鶏肉のトッピングが好物です。鶏肉があまりにも美味しいのか、ドッグフードを食べずに鶏肉だけを平らげてしまう事もあるのでトッピングの頻度は多くありません。

    普段は市販の缶詰をトッピングしてあげてるのですが、やはり人間の手を加えた食材はヘルシーで食べやすいので愛犬も良く食べてくれます。

    忙しい毎日を送っているので毎日のようにワンちゃんに手作りご飯を与える事は出来ませんが、食材のトッピングは無理なく続ける事が出来ています。

    人間の食べ物をワンちゃんに与える事は賛否両論あるかと思いますが、愛犬の体調に異変が無ければ品質の低いドッグフードを与えるよりも良いと感じられました。
  • 投稿者

    女性 ぽけたろう

    超偏食の我が子なので、とても参考になりました!
    うちもトッピングをしないとドライフードだけでは絶対食べません。
    うちの場合は、トッピングといってもこんな美味しそうなものではなくて、鶏のミンチやすなずり、ささみなどをだし汁で湯がいてトッピングしただけのものです。
    そのスープもドライフードにかけて少し味をしみこませてからでないとトッピングだけしか食べてくれません。
    野菜も食べさせようと時にはピーマン、キャベツ、ニンジンなども細かく入れるのですが、どんなに小さく刻んでもトッピングだけセレクトしてドライフードと仕分けしてドライフードは必ず残すパターン。毎回、食事は悪戦苦闘です。
    とはいえ、やはり栄養やカロリーも気になるので、鶏系をメインにしていますが、豚も一度湯がいて油分を取ってトッピングすることもあります。
    【砂ずり】は意外と好きみたいで、これもかなり小さくカットしてからトッピングしています。
    ワンコは人間よりも「鉄分」を補給しないといけないので、たまにですがレバーをしっかり火を通してからこれまた小さく刻んでトッピングしたりします。これはオススメですよ!
    ただ、与え過ぎには気をつけてくださいね。

    うちの子の場合は決して食欲がない訳ではなくて、自分が人間だと思い込んでるのでドッグフードは自分が食べるものではないと思ってるだけなんです(笑)
    でもこんなにバリエーション豊富だとワンコも絶対喜びそうですよね。
    オリーブオイルを使って良いとは知りませんでした。あと椎茸も大丈夫なんですね!
    きのこファミリーは勝手にダメかもと決めつけてあげていませんでした。
    確かに火を通すと香りが良くなる食材なので良さそうなので早速今日から試してみます。
    あと、製氷皿で保存しておけばいいということは思いもしませんでした。
    確かにうちの長男が離乳食の時に同じ方法で小分けして冷凍保存していたのを思い出しました。うちの子の偏食もこれで少し改善すればいいなと思います。
  • 投稿者

    女性 ラルコ

    人間も犬も 健康は食からまさにその通りだと思います。我が家のシニア犬は 僧帽弁閉鎖不全症と診断されてから特に食事には気を使っています。とにかく塩分ゼロを徹底したいので、既製のおやつも成分表示を見て購入です。チーズも食べさせてあげたいのですが 塩分は少なくともあるので与えません。とにかく現状維持をしたいので 素材その物を与えることが多いですね。例えば 納豆/豆腐/トマト/バナナ/リンゴ 等々。おやつは、もっぱら「おからクッキー」です。おからパウダーと小麦粉をビニールで振って混ぜ、そこに溶き卵投入し ビニールの中でコネコネします。その後クッキングペーパーの上で伸ばしレンジ500Wで3分。裏に返して2分。周りを汚さず簡単に出来るので助かります。手作りごはん最高と思いきや やはり手作りだけでは栄養バランスは吸収も難しいと思うので、手作りごはんと フードとのバランスとりつつ与えるのが理想だと思います。何より喜んで食べる姿を見ると嬉しいものですね。今は、安全美味しい誕生日ケーキについて どのようなケーキを作ろうか?考え中です。そこで こちらで紹介している書籍も内容が充実していそうなので 参考にしたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。