犬の「マテ」と「おあずけ」では意味が全く異なる?

犬の「マテ」と「おあずけ」では意味が全く異なる?

犬と人間が共同生活を送り、その生活をより豊かにする為には必須のしつけのひとつが「マテ」です。しかし、飼い主がマテを「おあずけ」と同一に理解している事が多々あります。「マテ」と「おあずけ」はどのように違うのでしょうか?

はてな
Pocket

「マテ」と「おあずけ」の違いとは?

おあずけ

おあずけ

食事を犬の前に置き、食べ始めの合図を飼い主が指示することが「おあずけ」です。飼い主の存在を無視して食事に集中してしまう事を防ぎます。自分の欲求があっても飼い主の指示を聞く耳があるというのは事故防止の意味でもとても大きな役割をもちます。

指示があってから口にすることを癖つけておくと、散歩中の拾い食いや家の中に落ちている小さいおもちゃなどの誤飲防止に繋がります。

飼い主が与えた物だけ食べるというのは、犬が飼い主に対する信頼関係も築くことができ、服従心も自然と生まれます。

おあずけは飼い主の指示があってから食事を始めることが重要なので、長く待たせる必要はありません。おあずけの時間を長くしすぎると勢いよくバクバクと食いつくため、空気が大量おなかに取り込まれることで、胃捻転や腸捻転など命を落とす病気にもなりかねません。また、あおずけを長く出来るからといって「マテ」が長く保てるとは限りません。

自分の欲望は飼い主の指示が出るまで抑えるということを学ぶことが出来ます。解除する意味の言葉は家族で共有して同じにしましょう。様々なシチュエーションで使えて犬が理解しやすいのは「よし」だと思います。

マテ

マテ

マテは食事が目の前になくても、どこでも飼い主から指示があったら解除されるまでその場を動かないことです。マテは様々な状況でどんな誘惑があっても動いてはいけません。

たとえば、子どもがキャッチボールをしていてそのボールが犬の方面に転がってきたので飼い主の存在を忘れてボールに食いつこうとする、キッチンから調理中の食材が落ちたのを食べようとする、車の往来が激しい道や信号でマテをかけるなど、毎日の中で何回も必要になるのがマテです。

マテを理解すると、飼い主が出掛けるときや、少しの買い物時間を車の中で待つなど吠えることなく静かに待てるようになります。

重要な「マテ」の教え方

基本位置で並ぶ犬

最初はリードをつけた状態でしつけを始めます。犬を飼い主の左側につけ、飼い主の足と犬の前足が水平に来るように位置取ります。この立ち位置がどのしつけを行うにも基本です。

リードをゆるめた状態でマテと指示をかけて飼い主が一歩前へ出ます。
マテの学び始めには、手符(手の合図)も一緒に出すとわかりやすいです。「マテ」という声符(声の合図)と同時に手をパーの状態にして「来てはいけないよ」という合図を送ります。これを繰り返します。

犬が前に進んでしまったら、その進んだ場所からマテの練習を再開するのではなく、必ず動く前のスタートラインまで戻ります。出来なかったらやり直しという意味を理解させるためです。これをやっておかないと、マテした状態でもズルズルと動いてしまう癖がつくようになってしまいます。

マテが出来たら成功のタイミングから3秒保持して、飼い主が基本の位置の戻っても動かなければマテの成功です。成功したらヨシといって待っていたその場所を動いてOKです。

ボールやおやつなどを与えてご褒美を与えます。成功させる為に離れる距離を短くし、成功したら距離を伸ばしたり、立ち位置を向かい合わせに変えます。

マテは根気よく教えることが大切です。そして学習の最後は必ず成功させて褒めて終わりましょう。

まとめ

マテする犬達

お手、おかわりなどはしつけではなく芸のうちのひとつです。出来なくても困りません。おあずけも犬はすぐに理解出来るでしょう。しかし、マテは様々な環境や状況で出来るようにならなければいけないので焦りは禁物です。愛犬の理解度を見ながらしつけを進めましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。