老犬ホームの選び方とチェックしたいポイント

老犬ホームの選び方とチェックしたいポイント

お気に入りに追加

犬が年を取って出てくるのが介護の問題です。飼い主さんがお世話をできる範囲にも限界があります。もしもうダメだ、と思ったらひとりで悩まずに「老犬ホーム」を利用することを考えてみてはいかがでしょうか?

2342view

犬が年老いたとき、どうしますか?

ソファーで寝る犬

犬は人間よりも早く年を取ってしまいます。
長く一緒に暮らしてきた愛犬も他の犬と同じように年を取っていきます。
そして年を取ったら避けられないのが身体機能の低下です。いつまでも元気なままではありません。
少しずつ弱り、寝たきりになることも少なくありません。
そういった場合に始まるのが介護です。
初めて犬の介護をするという飼い主さんも多く、不安を感じるかと思います。
そして始めてみて気づく大変さや苦労もたくさんあります。
飼い主さんの生活の中で介護の時間が増えると、飼い主さん自体の生活もままならなくなるケースもあります。
できれば飼い主さんの手で世話をしてあげて、安心させたいという思いはあると思いますが共倒れしてしまってはいけません。
愛犬を世話してあげたい、でも自分の生活もしなくてはいけない……とても辛いですよね。
そんなときに選択肢のひとつとして考えてほしいのが「老犬ホーム」です。

老犬ホームとは?

お昼寝をする黒い犬

老犬ホームとはその名の通り老犬をお世話する施設です。
老犬ホームは比較的最近できたものなので、まだ歴史が浅く情報が広がりにくい状態なので知らない方も多いかも知れません。
やむ得ない事情で犬の面倒を見ることができなくなった場合に、飼い主さんに代わってお世話をしてくれます。
食事や排泄の補助、シャンプー、散歩、遊び、トリミングなどをしてくれます。
預かる期間はその施設やプランによって異なり、数時間から数ヶ月の一時的な預かりや、その犬が亡くなるまで預かる終身預かりなどがあります。
愛犬のお世話をしてくれる施設なので、どういった場所にあってどういう環境なのか見学をしてから利用を決めたほうが良いでしょう。

知っておきたい選び方

老犬ホームの選び方として必ず確認しなければならないことが4つあります。
まずひ1つ目は介護の環境です。清潔でなければ感染症などの危険があるため、どういった環境で介護をしてもらえるのか確認しておきましょう。
2つ目は介護の内容です。プランがあったりすると確認しやすくて良いですね。また何かの資格を持ったスタッフさんが居るのかも確認しておくとどういった介護をしてもらえるのか把握することに役立ちます。
3つ目は見学ができるかどうかです。見学ができない場所は基本的に選択肢から外してもかまわないと思います。飼い主さんの質問にきちんと答えてくれる施設を選びましょう。
そして最後の4つ目は施設の設備です。ドッグランが併設しているのか、お風呂はどうなっているのかなどを確認しておきましょう。設備によってもできることは変わってきます。
見学をする際に色々と見せてもらうと良いですね。

老犬ホームのチェックポイント

チェックリスト

スタッフさんがいる時間

老犬ホームで働いているスタッフさんがどの時間帯にいるのか確認しましょう。
日中だけなのか、それとも深夜にもいるのか、24時間常駐しているのか調べてみましょう。
常に見てくれるスタッフさんがいると安心ですよね。
体調の変化に気づけるような調整がされていると良いですね。

病院や獣医さんの対応

緊急時にすぐに対応してくれる病院や獣医さんが専属でいるのかを確認しておくといいでしょう。
老犬は若い犬と違って急に容態が変わってしまい、体力の低下も激しくなります。
そんなときにすぐに対応してくれる病院や獣医さんが専属でいるかどうかを知っておくと飼い主さんとしても安心できるかと思います。

部屋のスペース

犬が過ごすことになるスペースが快適なものであるかどうかは重要なことです。確認しておきましょう。
自分だけのスペースであることはもちろんですが、寝床がきちんと用意されているか清潔に保たれているかなどがチェックポイントになります。
また広すぎたり、狭すぎたりするのも良くありません。犬の体に対して与えられたスペースが合っているか確かめてみてください。
老犬にとって休むことはとても大切なことなので、きちんと確認しておきましょう。

運動と食事

老犬になったからといって全く運動をしないとストレスが溜まってしまいます。
適切な運動方法で、その犬に合った運動をさせてもらえるか聞いてみましょう。
短時間でも自由に歩き回れる時間があると、犬の気持ちも変わってきます。
そして大切なのが食事です。
運動と合わせて食事にも気を使ってくれているのかを調べてみましょう。

月額以外の費用

例えば月額6万円とあった場合、別途出るお金がないか確認しておきましょう。
入居日や医療費は別会計なのかどうか、その他なにか追加で出るお金がないかを聞いておくといいですね。
老犬ホームによってそのあたりの扱いが違うので、確認しておくことでトラブルを防ぐこともできます。

まとめ

犬の横顔

老犬ホームに犬を預けることは悪いことではありません。
適切な介護をしてくれる場所にいたほうが犬も飼い主さんも安心して過ごすことができるというケースは少なくありません。
定期的に顔を見せに行って、穏やかに過ごせると良いですね。
犬と飼い主さんにとって良い選択になるかどうかは、老犬ホームによって決まる部分も大きいのであまり妥協せずにきちんと選ぶようにしましょう。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。