PostThumbnail

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける

4件の書き込み

  • 投稿者

    1: 匿名 女性 40代 2019/11/21 12:34 [通報]

    ミニチュアシュナウザーの男の子
    数日前に11歳7ヶ月で天使になりました。
    膀胱結石も治療中でしたが、2ヶ月前に
    十二指腸に腫瘍が見つかりました。
    吐き気もあり口から食べれず、胃ろうをしていました。詳しい検査もしましたが、腫瘍の位置が悪く手術は諦め緩和ケアで、看取る事を家族で決めました。
    せめて、家族の誰かが一緒にいる時に旅立てるといいな、苦しまず自然に暮らしながら看取れる事だけを毎日願いました。
    私も主人も子供達も働いていますので、休みを調整しながら、なるべくその子との時間を過ごしました。亡くなる数日前には、家族でお出かけもしました。
    それから数日後、その日はきました。
    私の仕事も休日で、弟犬と一緒に散歩をしました。家に付き、浴室で汚れたその子のお尻を荒い、タオルに包んだ時に息を引き取りました。
    家族の願っていた終わりではありますが、あまりに普通すぎた日常の中の旅立ちでした。安らかなお顔でした。
    もっと、たくさんの事をしてあげたい後悔もありましたが、やれる事はしたかな…
    弟犬が不安になっています。弟犬も私達家族も少しづつ愛犬の事を受け入れよう、無理はしない、泣きたい時は泣き、思い出したい時は たくさん語る事にしました。
    初めての愛犬の死に辛いですが、これからも心の中では生き続けています。
    最後の最後まで、家族思いな子だったと思います。
    家族になってくれて本当にありがとう!

  • 投稿者

    2: 植田久美 女性 50代以上 2019/11/22 15:10 [通報]

    11月20日に愛犬未来ちゃん(みく)ちゃん享年14歳。天国に旅立ちました。寝たきり生活をしていましたが、
    私に見守られ、見送られて息を引き取りました。肺水腫で、お腹の中には水分が。床擦れも出来ており、治療中に逝ってしまいました。翌日の夜に火葬車に火葬して貰いました。骨壷は自宅で保管しています。2日間はペットロス状態で、号泣してましたが、少しずつ、ペットロスから抜け出しています。実家にはミニチュアダックスフントのチェリーがいるので彼女を可愛がってあげようと思えるようになりました。未来ちゃん、14年間ありがとうね。生まれ変わったらまた私の所においでね。
    植田久美の投稿画像
  • 投稿者

    3: ごんた 女性 50代以上 2019/11/22 17:44 [通報]

    我が家には14才と5ヶ月過ごしたビーグルが居ました。
    この3月にドックドックを受けた時に肝臓の数値が悪く、そんな矢先に症状が悪化して夜中に救急に駆け込みました。
    エコー、レントゲン、血液検査などして、応急手当をしてもらい次の日直ぐに掛かり付けに駆け込みました。
    エコー検査からは影があり、腫瘍?なのか。
    その検査も全身麻酔。
    飼い主としても悩みましたが、薬と点滴での治療にしました。
    3日の入院と通院点滴3日で症状も安定し1ヶ月に1度の通院に。
    半年は安定して過ごしていましたが検査の結果には悪化を示していました。
    そして11月に入ると食欲が少しずつ落ち、歩いては立ち止まるなどなども増えてきました。

    3月に検査を受けた時から心の準備はしてきたつもりでした。
    でも実際に弱っていく姿や、食欲旺盛だったのが食べなくなったり、大きな声で吠えていたのい全く哭かなくなったりと変わっていく姿に心痛めていました。
    でも本人はもっと辛いはずと。

    何とか楽にしてあげいそれだけでした。

    最後も病院に連れて行き点滴でした。夕方お迎え行くとグッタリと看護師さんの腕の中にいました。でも私の顔を見るなり降りたいとジェスチャーして降りるとブルブルと体を震わせ、確かな足取りで出口に向かって行きました。
    もう少しで病院の出口の自動ドアの所でバダッと倒れそのまま虹の橋を渡っていってしまいました。

    病院で治療か自宅で様子を見るか?の選択にあの時の判断は正しかったのか?
    など自問自答する日々ですが、少しずつ前を向いていきたいと思えるようになってきました。
  • 投稿者

    4: クミ 女性 50代以上 2019/11/25 22:37 [通報]

    11月20日に愛犬は息を引き取りました。享年14歳。寝たきり生活になり、床擦れも出来てしまい、動物病院で通院しながら治療していた中での死。ショックで号泣しましたが仕事を休む事は出来ず。翌日の夜に火葬して貰いました。悲しくないと言ったら嘘になりますが、メソメソしてたら愛犬が心配して成仏出来ないもの。
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。