PostThumbnail

【教えて!】犬の癌について

犬の癌についての情報を募集しています!また、愛犬が癌を患ったことがある飼い主さんはその時のご経験を教えてください。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける

42件の書き込み

  • 投稿者

    21: マーババ 女性 50代以上 2017/07/21 18:29 [通報]

    チワワ12歳メス
    7月10日にお腹のできものを発見、絶えずお腹を舐めまくるようになった。変な咳も増えたような気がする。
    すぐに病院に連れて行き診てもらうと、腫瘍が破れそうなのですぐに切除手術になり入院。
    翌日午後から手術。
    夕方迎えに行くと、今の所、悪性か良性かわからないとのこと。ただ腫瘍が筋肉まで根を張っているし、お腹全体が真っ赤になっているところを見ると、悪性かもしれないと言われた。
    家に連れて帰ると麻酔が切れても立てない。力が入らない。次の日も同じ。術後なので仕方がないと思いつつ、このまま死ぬんじゃないかと、いてもたってもおられず早朝に病院へ。
    自宅と併設している病院なので、7時半を待って先生に電話。すぐに診て下さり、注射3本打って即、入院となる。夕方迎えに行くと、血液検査の結果、元気にならないのは低血糖だったから。ブドウ糖を飲ませて元気が戻ったとのこと。処方箋にブドウ糖をもらって帰る。
    次の日まだ元気にならず。少量のブドウ糖をシリンジで飲ませると、少し立てるようになり、病院でもらったカンズメを食べることができた。
    しかし、お腹の赤みは増すばかり、術後ますますひどくなったみたい。昼夜ひっきりなしに舐めまくる。みていてつらい。悪性だと思った。
    よーし、癌のことを徹底的に調べるぞ。このまま死なせてなるものか。あきらめないと誓い、2日間徹夜で癌の文献を読み漁る。
    たどり着いたのが「癌の食養」サイトの「ビワの種療法」。幸い我が家には今まで実がならなかったビワの木がめずらしくたくさん実をつけていて、私たちは美味しくその実をいただいて種は捨てていた。
    捨てていた種が癌の特効薬とも知らないで。
    さっそく、種を細かく切って、(すり鉢では細かくすれなかった)餌に混ぜた。量は人間では1日に1粒で良いとされるを参考に、わずか3・15キログラムのチワワに細かくしたかけらの粒5粒から始めた。
    いちかばちかの賭けのようだったけど大丈夫だという確信があった。亜麻仁油も餌に混ぜた。幸い少量だけど食べてくれた。ビワの種には青酸性の毒があるので、多くを与えてはダメ、絶対ダメ。朝夕の餌に5粒づつ2回。
    ビワの種療法2日目、お腹を舐めなくなった。(舐める回数が減った)注意深く見守る。3日、4日ビワ種かけら5粒と亜麻仁油の餌を続ける。
    元気が出てきた。たんを絡ませたような咳も出なくなった。(おっさん咳が以前から続いていたのだが)
    1週間後、真っ赤なお腹が普通の肌色に戻った。もう舐めまくることもない。
    2週間後、お腹の抜糸もできて、すこぶる元気。食欲も旺盛。それはそれで嬉しいが、やかましい、以前より増してよく吠える。
    我が家には2歳の猫もいて、チワワが食べ残した(ついつい多く作ってしまうため)餌を猫が食べている。
    ビワ種療法は猫にも有効だと思う。

    愛犬愛猫の病気で悩んでおられる皆さんに告げたい。諦める前に、手の施しようがないと思う前にビワ種療法を試してみてはどうだろか。
    ビワの種は粉末よりも乾燥後に冷凍してあるものを買ったほうが良いと思う。または乾燥させたもの。
    ビワ種に含まれるアミグダリンという成分(がん細胞にピンポイントで効く)が空気に触れると消失してしまうらしいから。
    しかし、量的にはその子の体重を十分考慮して、ほんの少しから初めること。
    私はついついエスカレートして、たくさん混ぜてしまった時、泡状のものを吐いた。多く与えれば効き目も多いと思ったら大間違い。何より危険だ。それぞれの責任のもとで試してみてほしい。
    ちなみに我が愛するチワワのビワ種療法は今日で打ち切る。がん細胞に耐性を作らせないため。今後は10日に1回ぐらいにしようと思う。または月に1回?まだまだ未知数。
    食事ができない子には粉末を水に溶いてシリンジ(注射器の針なし)で与えてみては?(量は粒より少し多い目)

    「メイプル重曹療法」も定期的に試してみようと思う。癌が全くなくなったわけではないと思うから。
    いづれも【癌の食養サイト】で詳しく載っているから飼い主さんも勉強してほしい。
    それにしても、うちのビワの実に感謝。
    それと種を割るのにクルミや銀杏を割るハサミも用意すると良い(800円ぐらい)。ビワの種もかなり固いから。
    こういった民間療法は賛否両論だが、獣医には相談しないほうが良いと思う。私は獣医にビワ種のことを
    告げたら、ビワで治るなら医者はいらないと言われた。なのにその獣医さん、ハブ茶(エビス草の種)を愛飲していると去年言っていた。








  • 投稿者

    22: 匿名 女性 50代以上 2017/08/19 17:40 [通報]

    我が家のミニチュアダックス(もうすぐ12歳の女の子)の乳腺腫瘍(部分摘出)の病理検査、結果は悪性でした。シコリに気づいて1ヵ月もしないうちに手術をして貰ったのですが、進行が早く既にリンパ節に転移していました。レントゲンでは肺への転移が確認されなかったため、先生は乳腺全摘及びリンパ節の手術を提案されましたが、とても迷っています。先日の手術のあと右足を引きずるようになり、抜糸をして貰ったにも関わらず、まだ時々足を引きずっています。
    乳腺全摘とリンパ節の手術をすれば、以前のように走り回る事が出来ないかも‥痛い思いをして手術をしても長くは生きられなかも‥と考える一方で、手術するなら今しかない、後で「あの時、手術しておけば」と後悔しないだろうかなど、決め切れず様々な思いが頭を駆け巡っています。
    皆さんの体験を読んで、悩んでいるのは自分だけじゃないとあらためて感じましたし、この書き込みをしている事で少し気持ちが落ち着いてきました。
    どんな選択にしろ、一緒に居られる時間を大切にしたいと思います。
  • 投稿者

    23: 上記ミニピン飼い 男性 40代 2017/08/27 21:26 [通報]

    ♀の乳腺腫瘍は摘出手術の時ついでに子宮摘出(避妊と同じ)をした方がいいそうです。
    腫瘍については絶体ではありませんが、比較的丸いモノは良性、イビツなゴツゴツした形は悪性の場合が多いようです。
    良性の場合でも肺に転移しやすい特性は同じですので早期に摘出した方がいいです。
  • 投稿者

    24: 匿名 女性 30代 2017/09/08 00:04 [通報]

    ヌルヌルのお皿で飲まされていた水。
    酸化したご飯、散歩にも連れて行ってもらえず、家の中で放ったらかし。
    平気でわんちゃんの前でゴキブリの殺虫剤を撒く飼い主の元で2年以上生活してきた繁殖引退犬のトイプードルの11歳の女の子。
    初めて出会った日は毛玉だらけ、ボサボサ。
    そして乳腺腫瘍が自壊し患部をぺろぺろ舐めてました。
    見ていられなくて、病院に連れて行ったところ、肺への転移もあり、持って年内だろう…と言われました。
    そして、ネグレクト虐待から救い出し、我が家で引き取りました。
    残された時間が少しでも苦しみから解放されて。
    少しでも幸せだと思ってもらえるように…してあげられることはしてあげたい。
    終わりが見えてるからこそ、引き取りました。
    今はステロイドを、飲んだり、飲まなかったり。
    今後まだ飲み続けるのか。
    悩みますが、大好きなお散歩ができる日が1日でも多ければ…。
    美味しいものを食べられる日が1日でも多ければ。
    お薬を飲ませたいと思って…。
    緩和ケアしかできないのが本当にもどかしいですね。
    食事療法、酸素室のレンタル、サプリメント。
    これくらいしか出来ませんが、精いっぱい見てあげるつもりです。
    この子の産まれてきた意味、生きてきた意味。
    愛して欲しいよー!という命懸けの心の声を受けとめて。
    残された日々を過ごしていきたいと思います。

    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    25: おかあさん 女性 40代 2017/09/08 10:00 [通報]

    まさに今、苦しみ痛みと闘っているシーズー12歳を目の前に。

    何もしてあげられない自分がホントに腹立たしいです。

    4ヶ月前に
    首のシコリに気づき
    病院にいきました。

    足にも 首にも腫瘍があり。

    細胞を詳しく検査してもらったら
    ローゲージ(リスクの低い悪性リンパ腫)
    と言われ

    内臓も全て、今は元気だから
    様子みながら2年くらいは元気でいられるでしょう。
    ってことでしたが。

    あれよあれよというまに
    腫瘍が大きくなり

    一週間後には酷いことに。

    再検査。

    そこからの闘病が始まりました。

    いろんな抗がん剤
    ためしましたが
    この子の癌が強すぎて
    何一つ効果なし。

    外科的手術にも耐えることは
    不可能

    出来ることは

    すこしでも穏やかにすごさせてあげること。


    三ヶ月色々治療しましたが
    もう諦めました

    あとはほんとに穏やかに日々を。

    でも首周り
    喉、胸
    その辺の大きくなる腫瘍、増えていく腫瘍、
    もう息が吸えなくて

    苦しくて寝られなくて

    酸素室のレンタルもしていますが

    全然だめで。


    わたしが一人で暮らすようになってから
    この子には寂しいおもいもさせたのに
    毎日毎日
    待っていてくれて

    いろんなお話きいてくれて。

    この子がいるから
    ひとりでも生きてこられたのに。

    お母さんを放って、先に死なないでね!って

    元気な時に
    言いすぎたね

    こんなにしんどいのに
    まだがんばってくれていて。

    ほんとにごめんね。

    もうイイよ、ありがとうね、そう言ってあげたいのに

    まだお別れ言えないお母さんで
    ごめんね。


    おかあさんの投稿画像
  • 投稿者

    26: ケイン 女性 20代 2017/09/09 05:18 [通報]

    我が家のミニチュアダックス(♂16歳6ヶ月)も現在ガンと闘っています。

    診断されたのはほんの1ヶ月前で、
    口腔癌の黒色腫(メラノーマ)です。
    右側の上顎に腫瘍ができたのですが、とても進行の早い種であっという間に大きく腫れて右目は見えなくなり、鼻腔も圧迫され鼻も詰まったままで口呼吸しかできません。
    リンパへも転移しています。
    あと数ヶ月と宣告されて、毎日家族で面倒を看ています。
    食べることが大好きだった子なのに今は全く食べようともしなくなり、横になっても呼吸がしづらいため寝付けないし直ぐ起きてしまいます。
    薬を飲むのも大変ですし、水もなかなか飲んでくれません。
    今は2日に1度動物病院に連れて行き点滴で水分補給とビタミン剤を投与しています。
    あまりにも食べず飲まずなので体重も2〜3週間で2キロほど落ちてしまい、体力もなくなっていています。
    もともとホルネル症候群で左眼の瞬膜が露出していてあまり見えていなかったので、今は両目もほとんど見えないし、鼻も効かないで家の中を歩いてもぶつかったり身動き取れなくなったりして目が離せません。
    昨日からステロイドの投与を開始しました。
    長く使うと副作用も気になりますが、逆手にとって食欲回復や水を飲む量が増えることを期待してはじめることになりました。

    あまりの進行の早さで、少し前まで元気一杯だったのにと、気持ちがついていかないです。
    きっと痛みもあると思いますし、大好きだった食べ物も食べられず、眠れなくてウロウロしたり。。そんな姿をみているとほんとに辛いですが、家族みんなで大好きなこの家で暖かく最期の時を一緒に過ごしてあげたいと思っています。
    少しでも痛くないように、
    少しでも辛くないように、
    少しでも長く一緒にいられますように、と願う毎日です。
  • 投稿者

    27: さっくさん 女性 2017/10/29 01:32 [通報]

    皆さんのコメントを読んでいたら、思わず書き込みに手が伸びてしまいました

    柴犬メス17歳、慢性腎不全治療中です

    2日前ほどに母が気付いたオナカの小さなしこり、2日後の今日(深夜)、それは親指の爪くらいの大きさになっていました

    色は黒っぽく、かたい

    私はしこりがあったことを知らなかったので、急いでネットで調べました

    多分場所的に乳腺腫瘍

    明日病院に連れていきます

    17歳で慢性腎不全末期に近い愛犬には、乳腺腫瘍の摘出は無理だと思います

    慢性腎不全が悪化して尿毒症になって苦しむより、乳腺腫瘍でしこりがどんどん大きくなる前に苦しまずに、母の腕の中で眠るように逝ってほしい

    愛犬の顔を見ながらそう思ってしまいました

    乳腺腫瘍ではなく、良性腫瘍だといいな
  • 投稿者

    28: ショコラママ 女性 40代 2017/11/14 15:22 [通報]

    愛犬ショコラ亡くなりました11月12日に
    卵巣腫瘍ガンでした
    看とれて
    良かったです
    ショコラに
    伝えたい
    ありがとう
    可愛いい娘
  • 投稿者

    29: ミニピン飼い 男性 40代 2017/11/15 20:51 [通報]

    さっくさん、見ておられましたら慢性腎不全の治療内容を教えていただけませんか?
    ウチはミニピン以外に柴系雑種が居ますが、5月に慢性腎不全を発祥して食欲ゼロ、有効な治療法がなく6月に安楽○の処置をしてもらいました。
  • 投稿者

    30: 匿名 女性 50代以上 2018/01/02 20:53 [通報]

    私の所の犬はゴールデンレトリバー13歳です。今現在癌で抗がん剤を週に1回打ってました。がん宣告を受けたのが29年9月の終わりです。10月から抗がん剤治療がはじまりました。獣医さんはもって2か月から2年だといっていました。なるべく長く楽に暮らしてもらえたらという思いで毎日それだけを思いすごしていました。でも突然急変したのです。いきなり歩かなくなり毎日たくさん食べていた食事も食べなくなりました。好きなちくわもふかしイモも、、、明日獣医さんに行きます。そして相談することになるでしょう。この子に一番いい最後の向かえ方を、、、


  • 投稿者

    31: ずん太ママ 女性 40代 2018/01/19 20:35 [通報]

    今年の6月で12歳になるチワワ オスです
    最近やけにお腹が膨れてるなぁと心配になり診てもらったら肝臓ガンと言われました腫瘍は6センチとかなり大きいものでした 先月のエコー検査は異常無かったのに・・・
    今のところ腹水は無いですが なんでこんなにお腹がパンパンなのでしょうこれは謎です何もしてあげれないのは悲しいです 今はキノコなどの低カロリーメニューにしました ガンは甘い物を好むようなので避けて食事で免疫アップする食べ物や ガンに効く物を取り入れてます 1時間でも延命できるように頑張ります
    ずん太ママの投稿画像
  • 投稿者

    32: t 女性 20代 2018/01/27 10:03 [通報]

    失礼します。私の愛犬も昨日無色素性メラノーマと診断が下りました。
    家族一同呆然と泣くだけでした。抗がん剤や放射線のお話もいただきましたが、やはり副作用は人間と同じ。治療は緩和治療でしかできないと告げられ、どうするのが愛犬にとって一番いい方法かわからず、、。
    私としては器官が癌で塞がっているので手術で息ができるように喉に穴も開いているこの子に、放射線や抗がん剤治療をして苦しむのが長くなるのならば、そのままそっと余生を過ごしてほしいと思っています。
    でも、この考えは愛犬を見放していることになるのでしょうか?
    突然の長々としたコメントお許しください。
  • 投稿者

    33: miomio 女性 40代 2018/04/28 14:02 [通報]

    tさんへ
    こんにちは。
    愛犬ちゃん、さぞお辛い状況に置かれていることでしょう。
    心中お察しいたします。
    うちのパピヨン13歳も今扁桃扁平上皮癌と闘っています。
    首に大きな腫瘍があり、3月26日に摘出手術をしました。でもそれは転移巣で、原発は後のCT検査で
    扁桃であると判明しました。しかも高悪性度でした。
    摘出したのは、内側咽頭後リンパ節4センチ大でした。ということは、既にリンパ節に転移している状態です。
    医師からは、手術、放射線、抗がん剤、単体の治療では、ほとんど効果が得られないと言われました。
    この3つを全てすれば、一番良い効果が得られるかもしれないと提案されましたが、年齢と短期間で2回の手術、これを考えるとなかなか決断できません。
    そんな私を見かねて、医師から何もしないのも有りですよと言われました。
    それは決して諦めや見放すでない、選択なんです。飼い主が我が子の事を考えた最も良い選択なんですと。
    だから、罪悪感や自分を責めることだけはしないで下さいと言ってくださいました。
    大好きな家族の元で、辛い治療から解放され、美味しいものを食べ、フカフカのお布団でねんね。
    ワンちゃんにとっては、至福の時だと思います。
    実は、偉そうに書いてますが、私も未だ迷っています。
    何もしなければ確実に早く進行し、呼吸もままならなくなり、飲み込みもできなくなります。
    そして最後は肺転移かもしれません。
    何かしてあげたい、でもそれが治療なのか安らぎの時を与えてあげることなのかわからないんです。
    迷っています。
    だって愛すべきワンちゃんなのですから。
    私は同じ病気で闘っているワンちゃんのブログで、かなり情報や励ましを頂いています。
    一度ブログ見てみてはいかがですか?
    気持ちも楽になるかもしれません。
    全ての命ある動物が、救われることを願うばかりです。
    そして、tさん頑張ってくださいね!
  • 投稿者

    34: ランラン 女性 40代 2018/05/03 16:55 [通報]

    わが家のチワワも乳腺腫瘍にかかり悪性ではあったものの転移の確率は5%と言われてました。手術後定期健診をしながらほぼ寛解と言われたあとに肺への転移が見つかり7歳で余命半年の宣告を受けました。かかりつけ病院で色々調べたところ極度の冷え症といわれました。継続的にしていた漢方の種類を変えてサプリやハナビラダケを使用して肺癌の腫瘍は数も増えず、若干ですが小さくなってきています。担当医も驚いていました。まだまだ小さくなると信じて飼い主は頑張りたいです!彼女がおばあちゃんになるまで一緒にいたいです。
    ランランの投稿画像
  • 投稿者

    35: 匿名 女性 40代 2018/05/05 07:14 [通報]

    うちはまだ(もう?)6歳で元気です。だけど死はいずれやってきます。読んでいるだけで涙が出ます。もし、死を宣告された時、私はどうなってしまうのか?辛い犬の前で涙してるのでないか?いや、それは犬にとっては病気より辛いことかもしれない、色々なことが頭の中でぐるぐるしました。とにかく今を大事に愛犬とすごしたいです。
  • 投稿者

    36: 匿名 女性 40代 2018/06/05 01:28 [通報]

    今、私の右側で毛づくろいをしている大きなおじいさん犬がいます。
    16年前の子供の日にうちにやって来ました。やんちゃで、いたずらとアイスクリーム大好きな時期には手を焼きました。大きく大きく育った現在、足腰が痛いそうです。病院は大嫌い。体のあちこちがデコボコしています。

    君は、よく笑うね。おじいさんになっただけだよね?お散歩好きだよね。
    首と足の付け根の腫れ物はなに?
    一緒に病院に行こう。君からもらったもの、たくさんありすぎる。お返しさせてよ。お願い。
  • 投稿者

    37: 匿名 女性 30代 2018/06/16 13:27 [通報]

    5歳になったばかりの愛犬が、先日骨肉腫と診断されました。診断時点のレントゲン検査では肺に転移はまだ見られないとの事ですが、腫瘍のある後ろ足を手術で取り除き、その後抗がん剤治療をしても術後1年の生存率は10%程との事。ただ骨肉腫は進行が進むとモルヒネも効かないほどの激痛に襲われる為、断脚は完治に向けてではなく痛みを取る為と説明されました。つまりは余命宣告を受けた様なものです。足をびっこ引く以外はまだまだ元気で病に侵されているなんて信じられません。今は数ヶ月後に来るであろう別れをまだ受け入れられず涙してばかりです。でも骨肉腫は進行が非常に早い癌です。症状(跛行)が出始めてまだ1週間なのに、ご飯大好きでおねだりしてた子が足が痛いからかこちらからフードを持って行かないと食べなくなりました。私の気持ちが着いて行く前に逝ってしまうかもしれない我が子、頑張って穏やかに痛みなく最期の時を迎えられる様努力したいと思います。
  • 投稿者

    38: stella 女性 30代 2018/07/15 01:54 [通報]

    実家にいる長男坊が先日、癌と言われました。飼い始めた時からずっと通っていた病院で、来すぎ的に院長から拒まれ、若い先生の見落としでした(´;ω;`)
  • 投稿者

    39: 匿名 女性 40代 2018/07/29 13:14 [通報]

    9歳で引き取った避妊済の保護犬を12歳の時に悪性腫瘍で亡くしました。

    脾臓に小さいイボ?のようなものが見つかり、検査した所、悪性腫瘍と診断されました。
    12歳で元気もあったので脾臓の全摘出手術をして、抗がん剤治療も始めましたが、合わなかった様で、その後肝臓に転移が見つかり、余命2、3ヶ月宣告されました。
    手術で辛い思いをさせなければ良かった…
    信じられないのと、何故もっと早く気付いてあげられなかったのか、ご飯を食べられなくなり後ろ脚が弱っていく愛犬を見る度、後悔するばかり。

    どの様に最期を過ごさせてあげたら良いかセカンドオピニオンで行った病院で、医師から
    「動物たちには昨日も明日もない。今、を生きているんです。だから、その日その日を精一杯、楽しく過ごさせてあげてください」と言われ、自分達だけ悲しんでいて彼女の気持ちを考えていない事に気付かされました。

    その日から愛犬に今までの感謝とお礼と、もう無理しなくて良い、と言うような事を言いつづけました。なるべく明るく過ごさせてあげたかったのですが、今は自分の気持ちも納得させたかったんだと思っています。

    仕事をしていたので、留守中が心配で仕方ありませんでしたが、頑張ってくれて週末、家族全員に看取られて亡くなりました。
    きっと家族皆にお別れが言いたくて、その日まで頑張ってくれたんだな…と思っています。
  • 投稿者

    40: ミミの母 女性 50代以上 2018/09/06 00:17 [通報]

    わが家のミミ(パピヨンの女の子)が乳腺腫瘍に気付いたのは、8歳半の時でした。主人がお腹を撫でていた時に小豆ほどのシコリを見つけました。かかりつけの病院で受診すると「まだ小さいから様子をみたら」との事でした。ただそのままでは嫌だったので手術をお願いしました。病理の結果は悪性度が中度の乳腺癌でした。幸い転移も無く全て取り除けたので、半年毎の検査で様子を診ていきましょうとの事でした。2年後の検診も異常がなくホッとしていた矢先(2ヶ月後)また主人が脇の下の2cmほどのシコリを見つけました。癌の専門医の病院で受診した所、乳腺癌のリンパ節転移でした。手術で取り除くことができその後抗ガン剤治療を受けました。ただ3回目の時にまたリンパ節に再発があり抗ガン剤の種類を変えて合計10回の抗ガン剤を投与しました。幸い大きな副作用も無くとても元気に過していましたが、シコリは小さくなる事はなく少しずつ大きくなっていました。強い抗ガン剤治療を止めてメトローム療法(弱い抗ガン剤を毎日少しずつ投与)に切り替えて1ヶ月後に膵炎にかかってしまいました。ご飯が食べられなくなり下痢も続き、抗がん剤を停止しました。その頃(亡くなる1ヶ月前)呼吸が荒い時や急にバタっと倒れて10秒位で元に戻ることが何度かありました。 もしかしたら脳と肺の転移かもしれないとの事でした(詳しく調べるには麻酔をかけてCTを撮らないとわからない。ただ分かっても治療法は無い)そして膵炎から1ヶ月、リンパ節の手術から11ヶ月で旅立ちました。亡くなる1週間は呼吸困難で酸素室で過ごし、2日前に痙攣を起こしやはり脳と肺への転移だったと思います。ただ最期の一晩はほとんど私が抱っこして子守唄を歌ってました(降ろすと徘徊がありいつものミミではありませんでした)翌朝は酸素室でも苦しそうでしたがもう近いと感じた時、息子達を呼び寄せ大好きな主人の胸の中で、皆に見守られ旅立ちました。2ヶ月たった今でも苦しそうな姿は目に浮かびます。今は最初の乳腺の手術の時にもっと転移しない努力(炭水化物を控える、サプリをのませるなど)をすればよかったとか、もっと早く避妊手術をしておけばと後悔してばかりです。ミミか癌と戦った約3年は転移に怯える毎日でした。最初は癌という事を怖くて受け入れられず、ネットを見る事ができませんでした。今は癌と戦った小さなミミが、治療の後も笑顔で駆け寄って来てくれる可愛いミミちゃんが愛おしくてたまりません。長くなってすみませんでした。
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。