愛犬の毎日のご飯に健康と美味しいをプラス!馬肉で始める生食生活!

愛犬の毎日のご飯に健康と美味しいをプラス!馬肉で始める生食生活!

愛犬の毎日のごはん。ドッグフードだけで本当に大丈夫ですか?毎日食べるものだからこそ、愛犬にも美味しくて栄養価の高いものを食べさせてあげたい!そんな思いはどの飼い主様もお持ちのはずです。「犬に生肉がいい」そんな話を耳にしたことがある人も多いはずです。今回は愛犬にぜひお勧めしたい、生肉の素晴らしさと、入門にピッタリの「馬肉」をご紹介していきます。

はてな
Pocket

愛犬に生肉を与える前にぜひ知っておいて欲しいことがあります。

生馬肉ドライフード

「犬は生肉を食べても大丈夫です」

しかし実際に生肉を与え始める前に多くの飼い主様が口にするのは

「犬に生肉なんて与えて大丈夫?」
「お腹を壊さない?」
「寄生虫が心配」

などいろいろな疑問が投げかけられます。

犬にはドライフードや缶詰などいわゆるドッグフードと言われるものを与えるのが普通になっている今現在、生肉を与えるなどと聞くとギョッとする方がほとんどだと思います。

実際この記事を書いている私も生肉を与えるという行為に最初はギョッとしました。
生肉を食べるって聞くとどうしても食中毒などがまず頭に思い浮かびます。

しかしよく考えてみてください。
犬はこれまで野生下ですごしている時にドライフードや缶詰などを食べていたのでしょうか?

答えはもちろんNOです。

犬は野生の生活では動物を狩り、その生肉や内臓、生骨をそのまま食してきました。つまり犬は本来肉食動物であり、生肉を食べることに適正な体になっています。

ドッグフードと呼ばれるものは人間と生活するようになって食べ始めたものであり、犬の体の作りは実際ここにいたるまで大きくは変わっておりません。

だからこそ、本来の食性に近い生肉を与えることには様々なメリットが生まれてくるのです。

その中でも今回は生肉入門にお勧めの「馬肉」を紹介していきたいと思います。

「生馬肉」を食べることで得られるメリット

生馬肉を食べる

まず1番は食いつき抜群!

新鮮な生の馬肉は、愛犬にとってこの上ないご馳走になります。
加熱されていない生の脂肪分の香りは非常に愛犬の食欲をそそり、偏食気味の子や、食欲のない老犬にも非常にお勧めです。

毛艶の健康をサポートしてくれます。

新鮮で加熱されていない良質なたんぱく質は愛犬の皮膚・被毛の健康をサポートして、毛艶の輝きを維持してくれます。

栄養素が豊富で低カロリー高タンパク!

馬肉は牛肉や豚肉に比べて、ビタミンA・ビタミンE・鉄分・カルシウム・グリコーゲンが非常に豊富に含まれています。
このグリコーゲンは体内ですばやくエネルギーに変わるため愛犬の活発な毎日を支えてくれます。

さらにタンパク質は牛肉や豚肉の2倍以上もあるにもかかわらず、脂肪分は牛肉の約5分の1でカロリーも半分ほどしかないので、体重管理が気になる子にも非常にお勧めです。

生馬肉って寄生虫とか大丈夫なの?

生肉を与える上で心配な点だと思います。

馬肉は体温が高く、体内に寄生虫が住み着く心配がありません。
そのため、人間でも生食用のお肉として認められています。

安心して与えられるということはとても大事なことですからこそ、初めての生肉には「馬肉」がお勧めです。

生馬肉で健康生活を送る上での一番のキーポイントは「酵素」

馬肉手作り

酵素といえば最近いろいろなところで目にすると思います。酵素ドリンクダイエットなどが有名ですよね。

ではこの酵素がなぜ健康生活に大きく関わってくるのか少しお話させていただきます。

酵素は大きく分けて3種類

犬の体内には潜在酵素と呼ばれるものがあります。
潜在酵素は「代謝酵素」と「消化酵素」と呼ばれるものを作ります。

  • 「代謝酵素」生命活動に重要な酵素。免疫力を高めて健康な体作りに不可欠。
  • 「消化酵素」食べ物を消化するための酵素。

この2種類の酵素を比較すると、「代謝酵素」を多く作ってもらうことが健康でいるために重要なことだとわかります。
しかしながら潜在酵素は「代謝酵素」よりも「消化酵素」を優先して作ります。

この「消化酵素」の浪費を少しでも助けてくれるのが

  • 「食物酵素」食品に含まれる酵素で主に生肉、生野菜、発酵食品など。

生馬肉には「食物酵素」が豊富!

生馬肉を食べることで「食物酵素」が消化をサポートするので、「消化酵素」が作られる量が少なくなります。

その分が「代謝酵素」が多く作られるので、体の様々な器官の健康維持が行われます。

これが生馬肉を取り入れた食生活で健康になる理由です。

また酵素のほかにも、非加熱の生馬肉には乳酸菌などの有用菌も豊富に含まれています。

生馬肉を与える上での注意点

総合栄養食ではない

あくまでも生馬肉は肉だけなので総合栄養食にはなりません。なぜなら野生では肉のほかに、内臓や骨も合わせて食しています。
この内臓には草食動物が食べた草などが消化されているので、様々な栄養を摂取することができます。

そのため、手作り食にして頂くかドライフードにトッピングするのがお勧めです。

ドライフードにトッピング例

初めての食べる時は下痢をすることがある。

これまで生肉を食べたことがなく、お腹の弱い子は下痢をすることもあります。
下痢をした時は1日ほど絶食していただき、水分だけはしっかりと取らせて上げてください。

下痢が収まったらティースプーンに1杯ほどの少量から与えていただく。
または表面を軽くあぶってレアで与えて頂き、徐々に生にしてください。

初めての生馬肉には使いやすい「小分けトレー」がお勧め!

小分けトレー

帝塚山ハウンドカムが販売する新鮮生馬肉・新鮮生馬肉小分けトレー スターターパックは始めての生馬肉をサポートします。

お勧めポイント1

初回限定のスターターパックには生肉の与え方や給与量、お勧めの手作り食などの情報が豊富な「生肉説明書」や、初めて生肉を食べる子のお腹をサポートするために「乳酸菌サプリメント15g」もプレゼント!

お勧めポイント2

小分けトレー使い方

使いやすい小分けトレータイプで小型犬やトッピングに便利

生肉は一冷蔵庫保存でも日ほどで使いきる必要が出てきます。
そのため生肉生活を始めてみたくても1度の食事量が少ない子にはハードルが高くなります。

また使いやすいので続けやすいのも大きなポイントです!

ハウンドカムの小分けトレータイプは冷凍便でお届けし、使う分だけトレーから切り離して解凍して使えるので、鮮度の心配もサポートします!

お勧めポイント3

脂身

赤身だけでなく脂身もまぜているので毛艶の健康はもちろん嗜好性も高く食いつき抜群です。

脂身って太るのでは?っというイメージが強いと思いますが、愛犬にとって脂肪分はエネルギー源であり、適度な脂肪分は皮膚や被毛の健康維持に非常にお勧めとなります。

最後に

手作り食食べる

生肉を食べさせることについては賛否両論がありますが「本来の食事=生肉」ということもこれまでの歴史で事実であったこともあります。

できる限り自然に近いものを自然な形で与えてあげることは愛犬にとっても大きなメリットにつながると思います。

特に今回ご紹介させていただいた「馬肉」については、老犬社会において年齢を重ねるとともに出てくる腎臓病の子にもお勧めとなります。
たんぱく質制限を行うのが一般的に広まってきていますが、犬にとってたんぱく質は必須栄養素となります。

そんな時こそ、アミノ酸スコアの高い、良質な生馬肉のたんぱく質は非常に役に立ちます。

馬肉に限らず、生食の様々なメリットは愛犬の健康にとって大きなものです。
いきなり生肉中心の手作り食を始めるのは続けることが難しいと思いますので、まずはいつものご飯にトッピングから始めてみてはいかがでしょうか?

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい