犬の手作りご飯で絶対にしてはいけないNG行為3選

犬の手作りご飯で絶対にしてはいけないNG行為3選

ドッグフードだけでなく、犬の手作りご飯を与えている人もここ数年でとても増えてきています。ここでは犬の手作りご飯で絶対にしていけないNG行為について詳しく解説していきたいと思います。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

手作りご飯のNG①与えてはいけない食材を使う

犬が食べてはいけない食材とマルチーズ

犬の手作りご飯でまず気をつけなければならないことは、犬の健康に害を与える可能性のある食材を絶対に使用しないということです。犬に玉ねぎを与えてはいけないということは広く知られていると思いますが、長ねぎやわけぎ、ニラなどのねぎ類も同様に与えてはいけません。

これらの食材にはアリルプロピルジスルフィドという有機硫黄化合物が含まれており、犬が摂取すると赤血球のヘモグロビンが酸化して溶血性貧血を引き起こします。にんにくはねぎ類ですが、他の食材に比べて中毒性が低くよほど大量に摂取しない限り健康被害はないと考えられています。しかし、摂取量の計算ができないという場合は与えない方が安全でしょう。

その他にもチョコレートやぶどう、アボカドなども健康を害する恐れがあり、体質や抱えている疾患によっては食べない方がいい食材などもあるので、手作り食を与える場合は必ずそれらに関する情報を確認してから始めるようにしましょう。

手作りご飯のNG②犬が喜ぶものばかり与える

肉や野菜が盛られた皿と2匹の犬

手作りご飯を犬が喜んで食べてくれる様子を見るととてもうれしくなりますし、また作ろう!という気持ちになりますよね。反対に、あまり食が進まないようだと「おいしくないのかな?」と心配になったり、がっかりしてしまったりすると思います。

そのため、食べ物の好き嫌いがはっきりしている犬の場合、次第に犬が喜んで食べる食材ばかり与えるようになってしまうことがあるので注意しなければなりません。ドッグフードの場合は、それぞれの食材の味やにおいなどが全くわからないほど加工されているため、好き嫌いに関係なく様々な食材を摂取することができますが、手作りご飯の場合は意識的に与えるようにしないといけません。

犬の手作りご飯でバランスを整えることは大切ですが、とても難しいことでもあります。一度の食事で完璧な栄養バランスに整えることは非常に大変なので、一週間単位や一か月単位でバランスを取るようにするといいでしょう。

手作りご飯のNG③体重や体調の確認をしない

体重計にのるMダックスフンド

犬に手作りご飯を与えている場合、食事そのものだけでなく犬の体調チェックも大切です。毎日できる上、とても有効な健康チェックの方法としておすすめなのが排泄物の状態の変化を見ることです。

特にうんちは“健康のバロメーター”とも言われるほど重要な情報源なので、色や硬さ、量などをきちんとチェックしておくようにしましょう。消化しきれずに野菜などの形が残ったまま出てきていないか、下痢はしていないかなどを確認することで、手作りご飯が愛犬の体に合っているかを知ることができます。

その他にも体重や毛艶の変化は、飼い主さんでもこまめにチェックすることができますし、1年に1回など定期的に動物病院で血液検査などの健康診断を受けるようにすると安心です。

まとめ

オレンジの器に入った犬の手作りご飯

ドッグフードは犬の体に必要な栄養がバランスよく含まれているので安心して与えることができるでしょう。しかし、飼い主さんが作る手作り食は添加物や保存料が含まれておらず犬の体にとって安全で、食材そのものの風味を味わうことができるので、犬もとても喜ぶと思います。

手作りご飯を与えるときは犬に与えてはいけない食材を避け、栄養バランスを考えて作るようにしましょう。そして食事は体作りの基本なので、毎日のうんちや毛艶をチェックしたり、定期的な体重管理、健康診断などを行ったりすることも大切です。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    室内犬の柴犬。2~3日前から食欲がないです。だからチーズやさつまいも、ヨーグルトといったおやつのような食材は食べます。ロイヤルカナンを食べなくなり手作りごはんに替えても1日だけしっかり食べました。夏バテでしょうか。エアコンは27度設定です。
    匿名の投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。