犬もレバーで健康元気!手作りご飯レシピ♪

19993view

犬もレバーで健康元気!手作りご飯レシピ♪

愛犬がレバー大好きならしめたもの!手作り食、トッピング食にぜひ取り入れたい、優秀食材「レバー」を使ったレシピを紹介します。

レバーいため

わんちゃんも大好き!レバーの特徴

肉にはビタミンAの他、B群(B1、B2、B6、他)が多く含まれており、野菜では摂取できないビタミンもたくさんあります。

中でも、レバーにはビタミンB12(コバラミン)とビタミンB9(葉酸)がずば抜けて多く、またバランスよく含まれています。

造血作用に重要なビタミンB12は体外から摂取するしかなく、またビタミンB12が効率よく作用するには葉酸が必要です。

「貧血にはレバー」の言葉通り、正肉の部分だけでなく、レバーを摂取する事は、わんちゃんの食事に用いるのは、非常に理にかなったことと言えるでしょう。

また、手作り食をしていると、小魚やひじき等でカルシウムを積極的に与える飼い主さんは多いですが、このカルシウムが亜鉛不足を起こす要因になっているケースも多いようです。

  1. 肉球の角質が固い
  2. フ毛艶が悪い、毛がパサつく、フケが出る
  3. 顔やマズルに脱毛がある
  4. 傷が治りにくい

愛犬にこんな症状はありませんか?レバーには、皮膚の新陳代謝と抗体生産にとって重要な栄養素、「亜鉛」がたっぷり含まれています。

特に、怪我をした際、換毛のシーズンには、亜鉛不足を防ぐためにもレバーを上手に取り入れたいものです。

レバーを利用する際に気をつけたいこと

1.健康で新鮮なレバーを

肝臓には、動物が生きている間に様々な栄養と共に悪いもの(飼料の農薬や抗生物質など)も蓄積されていますので、こだわれる範囲で上質のもの、新鮮なものを用意しましょう。

レバーは冷凍できますので、小分けにして常備しておくのもオススメです。

2.食べ過ぎに注意

どの食材にも言えることですが、レバーも摂取し過ぎには気をつけたい食材です。

ビタミンAの過剰摂取になるという説聞きませんか?ですが、これは犬には当てはまらないという事でも有名です。(読者の方でご存じの方もいらっしゃるかもしれません)

一応解説させて頂くと、そもそも過剰摂取による中毒は、毎日数キロ単位でレーバーを摂取する必要があり、「毎日こんなにレバーを食べる犬なんて居ない!」というオチ。

しかし、今回注目して頂きたいのは、その点ではなく、その他の点についてです。

実は、レバーには同じ鶏肉である「ささみ」に比べると、「5倍」ものコレステロールが含まれています。

また、レバー好きのワンちゃんにとって「美味し過ぎる」ため、クセにしない方がいいとの逸話も(笑)毎日あるいは1日置きにごく少量与える、週に1〜2度、正肉の代わりに取り入れるなど、愛犬の身体と相談しながら、導入スタイルを見つけて下さい。

レバーを用いたレシピ例

材料

材料

  • 鶏レバー
  • オリーブオイル
  • ※自家製鰯のつみれ
    ※※野菜(椎茸、えのき茸、にんじん、小松菜、白菜)

    ※サブの食材には、鰯のつみれを選びましたが、(新鮮な鰯が手に入った際に骨ごとフードプロセッサーにかけたものを小分けにして冷凍しています)青魚、しらす干し、ペット用の煮干し等、その時に家にあるもので結構です。

    ※※血中コレステロール値の上昇を押さえるのに有効なのが食物繊維。

    うちの子は穀物アレルギーなので、食物繊維たっぷりでローカロリーのキノコ類を利用しました。

    わかめやひじき等の海草類もおすすめです。

    その他野菜類は、大根、ピーマン、パプリカ、キャベツ等、愛犬の身体と家の冷蔵庫と相談して選んで下さい。

    作り方

    炒める

    鶏レバーは薄めにそぎ切りし、オリーブオイルで炒めます。

    我が家では特に血抜きは特に必要ありません。

    オリーブオイルが少なすぎると、中まで火が通るまでに焦げるので注意しましょう。(オリーブオイルの量が多過ぎたら、盛りつけ前にキッチンタオル等で油を切りましょう)

    レバーを炒めている間に、他の食材を用意します。

    調理は食材と愛犬の体質に合わせて行って下さい。

    キノコ類や海草類は消化が悪いので必ず火を通し、細かく刻みます。(我が家では鰯のつみれはトースターで焼き、椎茸・えのき茸はボイルしてみじん切り、その他の野菜は生のまま細かく刻んでいます。写真の野菜類は2回分の量です)

    盛りつけて出来上がり!熱い食材はしっかり冷ましてあげましょう。

    美味しく召し上がれ!

    の手作りご飯

    ==ひとくちメモ==

    牛、豚、鶏、どのレバーでも栄養価大きく変わりません。

    手に入りやすいもの、愛犬の好みでお選び下さい。

    ▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
    犬が食べてはいけないもの一覧

    あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

    あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

    • 20代 女性 ひかり

      犬がレバー好きだとは知りませんでした! 与えたことがなかったので、この記事を読んで驚きました。レバーは犬にとって癖になるほど美味しいものなんですね!
      うちの愛犬なのですが、肉球が固いとか、艶が悪くパサつくなど、亜鉛不足に当てはまりました。美味しく調理して、あげてみたいと思います。
    • 30代 女性 aya

      レバーが犬の体にいいことは知らなかったです。我が家の犬は食べてくれるかな?また、健康に良いからといって、与えすぎはコレステロールが溜まり、逆に不健康になる可能性もあるんですね。注意して与えていこうと思います!
    • 30代 女性 てっしー

      牛、豚、鶏、どのレバーでも栄養価が変わらないのはいいですね!!私自身はレバーが得意ではないのですが、愛犬は絶対に好きだろうなぁと思います。普段あまり扱わないレバーですが、調理法など詳しく知れてよかったです。今年の愛犬の誕生日に手作りごはんを作ってあげようと思っていたので、参考にさせていただきます♪
    • 40代 女性 アヤモミ

      我が家の愛犬も9歳。ドライフードをちょっとランクアップさせ、あげていますが健康の為にも手作りがいいのか、悩み始めています。手作り本を見ていると内容が、私の性格には合わなくて、1、2回作ってそれっきり。人間と愛犬の為にこだわり手作りは大変だ!という印象があるのです。
      こうやって、一品を中心に紹介してくれるとこんな私にも始めやすいので、嬉しい内容でした。夫も、「いいんじゃない。レバニラ炒めの時とか、レバー多めに買ってきなよ。」と言っています。
    • 10代 女性 ちはる

      レバーは、とても栄養があり疲れた時ひ食べるとすぐに疲れが取れます。愛犬にも食べさせあげたいけどカラーコンが弱い為すぐにお腹を崩して人間の食べ物は危険です。犬用のおやつでガマンです。
    • 40代 女性 ぽち

      わたしの愛犬もレバーが大好きです。
      おやつにレバーを作るのですが、ラムレバーが一番食いつきがいいですよ。
      知り合いの子犬がどうしてもドッグフードを食べてくれないと言って相談されたときに、
      私は迷わずレバーをおススメしたところ、全く食べることに興味がなかった子犬がすごい勢いで食べ始めたそうです。その後も乾燥フードと一緒にレバーをあげるようになり、健康を維持しているとのことです。
      小食の犬にとっても栄養たっぷりのレバーはとてもいいと思います。
      しかし与えすぎると便が緩くなったり下痢をしますので、気を付けてください。

      わが家ではレバーを小さめに切りオーブンに入れて、出来たら冷まして与えています。
      オーブンは弱火でじっくりと時間をかけて焦がさない程度に焼くといいと思います。
      焼きレバーは人間のおつまみにもなりますので、購入するときは少し多いくらいに買っておくといいですよ。
    • 30代 女性 38moto

      貧血予防にレバーを取り入れています。豚、鶏、牛とどれも栄養素は高いですが、貧血予防のために食べさせるならダントツ豚レバーです。鉄分と亜鉛の量が鶏や牛よりも高く少ない量でもしっかり栄養を取ることができます。
      場所にもよりますが、スーパーで見かけやすく購入しやすいのも豚レバーです。新鮮なもの与えるのが一番効果を得られるので、買いやすさも重要ですね。

      豚レバーを与え始めてから効果があったと思う点は、やはり貧血改善です。白っぽい舌が赤みを帯びてきたことが一番大きかったです。鉄分を効率よく摂取できているのだという証明になりました。
      次に、乾燥気味だった皮膚が通常に戻ってきたことです。フケが少々出るくらい乾燥していましたが、今では気になりません。鼻や肉球の乾燥も気になっていましたが、こちらも少しずつですが改善されています。ビタミンAの皮膚、被毛、免疫を高める効果が出ていると思います。その他にも、うちの愛犬は目ヤニが減ってきました。

      ビタミンAは取りすぎると良くないという話を色々なところで読むことがありますが、人と違って犬はビタミンAの摂取上限量がとても高いので、毎日のように数キロのレバーを与えるというような極端なことをしなければ、さほど心配する必要はなさそうです。貧血改善であれば、愛犬の体重に応じた量を週2~3回の頻度で与えると良いと思います。予防であれば週1~2回でも効果が期待できます。毎日与えるよりも日を置いて与えた方が過剰摂取の心配もなく、わんこにとっても特別な食べ物になってくれると思います。
    • 30代 女性 fanta

      レバーは栄養豊富ですし、手作りご飯には是非活用したい食材です。ビタミンAの過剰摂取については賛否両論ですが、メインをレバーにしなければ心配いりません。栄養補助のため、と念頭に置いて使用すればむしろ健康に役立つものと考えています。うちでは、鶏肉や豚肉、魚などのたんぱく質にプラスして加えるようにしています。
      うちでは、皮膚が乾燥しがちでフケが多い愛犬のため、レバーを定期的に与えるようにしています。1パック買ってきても2.3日では食べきれないため、茹でてからカットしたものを1回分ずつ小分けにラップをし、冷凍保存しています。牛、豚、鶏のレバーで、ビタミンAが最も豊富なのは鶏だそうです。うちでは、レバーだけではなく、ハツ(心臓)も与えています。ハツもビタミンAが豊富です。
      毎日の食事が愛犬の身体と健康を作っていきます。薬のような即効性はありませんが、気長に続けることで私の愛犬は皮膚状態が改善しましたよ。
    • 30代 女性 Qoo

      鶏、豚、牛と肉の種類を問わず、我が家の愛犬もレバー、大好きです!
      焼いたり茹でたりと火を通す時に漂う匂いで、瞳はキラキラ、時に涎を垂らしつつ
      ご飯が出てくるまでの時間を、自分が信じている「一番お利口さん」のポーズで待っているぐらいです。
      相当に好きな様子なので、カロリー・コレステロールのことも考えて、たまのご馳走扱いとしています。ちなみに、レバー(肝臓)以外にも、ハツ、スナギモなど、ホルモン系は大好きのようです。思えば、犬はもともと、肉食系の雑食。狩りをしていた頃には動物のあらゆる部位を食べていたわけですから、正肉だけよりも色々な部位を食べことが、むしろ自然の理にかなうように思います。
      カルシウムや食物繊維を一緒に摂るという、提案されているレシピ、いいですね。そこまで考えて与えていなかったので、少しづつ愛犬に慣らしつつ取り入れたいと思います。
    • 40代 女性 匿名

      レバーは、フードプロセッサーでドロドロにしたものと小麦粉、それにオリーブオイルを混ぜてレバークッキーを作って与えています。他の野菜や果物でも作りますが、レバークッキーが一番好きなようで、作っている時は鼻をピクピクさせてソワソワと落ち着きません。たくさん作って冷凍しています。
    この記事をシェアする

    あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

    ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

    年齢を選択
    性別を選択
    写真を付ける
    書き込みに関する注意点
    この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
    「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
    ※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。