犬のフィラリアの症状と治療法と予防対策

犬のフィラリアの症状と治療法と予防対策

近年はワンちゃん達の病気について飼い主さんも沢山勉強している方が多いためフィラリアの予防を行っている飼い主さんは多いかと思います。しかし、フィラリアについて詳しく知っている飼い主さんは少ないかと思います。犬のフィラリアの症状について少しでも参考になれば幸いです。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

フィラリアの予防

フィラリア予防薬

近年は飼い主さんもワンちゃん達のことについて沢山勉強している方が多いと思います。

そのため、ワンちゃん達の病気についてよく勉強している飼い主さんも沢山いると思います。

病気によっては日頃の健康管理で防いであげることができることもありますよね。日頃の健康管理で防げる病気の一つにフィラリアの寄生があるかと思います。

近年はどの飼い主さんも春〜秋まで薬を飲ませることによって、フィラリアの予防をしてあげていますよね。

しかし、フィラリアによる寄生が怖いということは知っていても、フィラリアによる寄生によって生じる症状などについてはあまり詳しく知らない飼い主さんも多いかと思います。

ワンちゃん達の命の危険にも繋がる犬のフィラリアの症状について少しでも参考になればと思います。

犬のフィラリアとは

犬の病気

フィラリアとはフィラリアに感染しているワンちゃんの血を蚊が吸うことで血を吸った蚊の体内で成長し、さらにこの感染した蚊がワンちゃんの血を吸う際にワンちゃんの体内に入ります。

そして、ワンちゃん達の体内で成虫に成長したフィラリアが心臓や肺の血管に寄生することでワンちゃん達の健康に害を与え様々な症状がでます。

犬のフィラリアの症状

犬にフィラリアが寄生すると様々な症状を生じます。

  • 元気や食欲がなくなる
  • 咳をする
  • 腹水が溜まる
などがよくみられる症状です。急性症状が起こった場合は、尿の色がコーラのようになったり、咳こみながら血を吐きショック状態になってしまうこともあります。

犬のフィラリアの治療

フィラリア予防薬

フィラリアがワンちゃんの心臓に住み着き成虫となってしまった際は、その成虫を取り除いたり、薬を飲んだりします。

しかし、症状や状態によっては成虫を取り除くことが難しく治療が難しいこともあります。

幼虫が寄生した際は1か月に1回フィラリアの予防薬を飲み駆虫します。

ゆえに、フィラリアが感染していないことが分からないとフィラリアの予防薬は飲んではいけません。
何故なら、薬によって死んだフィラリアが心臓や血管などに詰まってしまうとそのことによってショック状態を起こし亡くなってしまうことがあるからです。

そのため、フィラリアの薬は忘れずに毎年きちんと飲み切り、次の年は検査をした後でないとフィラリア予防薬を飲むことができません。

犬のフィラリアの予防

フィラリアは動物病院で処方してもらう予防薬を飲ませることが大切です。

夏は暑かったり、お家にいるワンちゃんだから外に出ないから蚊に刺されないので予防はしなくても良いと思うと飼い主さんもいるかもししれませんが、お家の中でも蚊は入ってきます。また、虫除けをしていても完璧に予防出来る訳ではないため必ず処方してもらうことが大切です。

我が家での犬フィラリアの対策

我が家では窓の近くで蚊の寄ってこないような対策兼ワンちゃんの毎月のフィラリアの薬を飲ませることで予防を行っています。

お家に蚊を入れないようにすることはワンちゃんにとっても飼い主にとっても大切なので行うようにしています。

まとめ

犬のフィラリアの予防は飼い主にとってもワンちゃんにとっても無理なく予防出来ますよね。それら少しのことでワンちゃん達の健康が保てるのであれば、どの飼い主さんもしてあげたいと思いますよね。
いつまでも大切な家族のワンちゃんが元気でいて欲しいですよね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。