犬が思う『最高の飼い主』の条件5選

犬が思う『最高の飼い主』の条件5選

犬にとって『最高の飼い主』とは、どのような飼い主を指すのでしょうか。なんでもわがままを聞いてくれる?おやつをくれる?本当にそうなのでしょうか。今回は、犬の習性や本能を考慮した上で、犬が思う『最高の飼い主』の条件を考えていきます。

お気に入り登録

犬が思う『最高の飼い主』の条件とは?

ゴールデンレトリーバーと男性の後ろ姿

愛犬と過ごしているときに、ふと「この子にとって良い飼い主になれているのかな?」と不安になることはありませんか。

実際、愛犬にとって最高の飼い主になれているかどうかは、言葉を話せない犬からは正確にわかりません。

しかし、犬の本能や習性を考えると、どのような飼い主が犬にとって最高の飼い主なのかがわかるかもしれません。

1.明確なルールがある

散歩中に待てをする犬

犬はもともと、野生としていきていた頃も集団行動をしていたと考えられています。

群れの中にはリーダー的な存在の犬がいて、その犬の指示に従い行動することで、「自分たちは安全だ」「生き延びることができる」と安心感を得ていたと考えられています。

これを基に考えると、犬にとって最高な飼い主は、最高なリーダーであることが求められます。つまり、犬にとって一緒に暮らす上で、明確なルールがあるのです。

例えば、「無駄吠えをしない」「物を噛んではいけない」「トイレはここでする」など、日常において当たり前のしつけであっても、犬にとっては自分の生活を守ってくれる『明確なルール』となります。

こうしたルールが徹底され、一貫していることで、犬は安心して暮らすことができるのです。

2.自分の気持ちを察知して行動してくれる

犬は言葉が話せない分、ボディーランゲージを使って自分の気持ちを表現しています。

このボディーランゲージを出来るだけ多く学習し、愛犬の気持ちを察することができる飼い主は、犬にとって素敵な飼い主に当てはまるでしょう。

また、犬のボディランゲージから気持ちを汲み取った上で、どのような行動をすれば愛犬が喜ぶのか、不安が和らぐのかを考え、実行する飼い主は、間違いなく『最高の飼い主』です。

自分が思っていることを察知して、行動に移してくれる飼い主を見て、犬は飼い主に信頼を寄せ、同時に安心して暮らせることを実感できるのです。

3.自分とだけ向き合う時間を作ってくれる

おでこをくっつける女性と犬

信頼を寄せている飼い主との時間は、犬にとって食事を同じくらい大事な時間です。

毎日、10〜20分だけでも、自分とだけ向き合ってくれる時間を設けてくれる飼い主に、大半の犬は心を寄せるでしょう。

例えば、毎日スキンシップタイムを設け、マッサージをしてあげたり、おもちゃで思いっきり遊んであげたりといった向き合い方は、犬にとって幸福感を感じられる時間です。

仕事で忙しく、かまってあげられる時間が少ない時は、夜の散歩や朝の散歩をコミュニケーションタイムとし、頻繁にアイコンタクトをとったり、いつもより長い時間、愛犬の好奇心が疼く場所を嗅がせてあげたりとサービスしましょう。

4.楽しい遊びを考案してくれる

愛犬との遊び方は、意外とマンネリ化しがちです。ですが、同じおもちゃであってもアイデア次第でさまざまな遊び方ができますし、家にある物で簡単に新しいおもちゃを作ることもできます。むしろ、おもちゃがなくても楽しい遊びは考案できます。

このように、「愛犬はどんな遊びで喜んでくれるかな?」と考えてくれる飼い主は、犬に次々と新しい刺激を与えてくれるため、犬にとって『最高の飼い主』であると言えます。

例えば、同じ縄のおもちゃであっても、引っ張りあったり、投げて取りに行かせたりと2通りの遊び方ができます。また、家にある空きペットボトルはさまざまなおもちゃに代用できるので、ぜひ試してみてくださいね!

5.自分の生涯を最期まで大事に見届けてくれる

老犬の散歩をする女性

そして『最高の飼い主』の条件として、最も大事な条件は、愛犬の生涯を最後まで責任持って見届けることです。

ここまで紹介してきた4つの条件をクリアしていても、ここができていなければ最高の飼い主とは言えません。

犬は最期の最期まで、飼い主と一緒にいたいと思うものです。

飼い主の中には、「飼い犬の可哀相な姿を見ていられない」と言う人もいますが、それでも愛犬からしてみれば、「大好きな飼い主さんに傍にいてほしい」「最期まで遊んでほしい」と思うものです。

最期まできちんとお世話をし、スキンシップをとってあげることで、犬は「飼い主さんに出会えて楽しい生涯だった」と思ってくれるはずですよ。

まとめ

犬と遊ぶ女性

今回は、犬が思う『最高の飼い主』の条件を考えてみました。

犬はそれぞれ性格が違うので、飼い主によっても『最高の飼い主』の条件はところどころ異なるでしょう。しかし、今回紹介した5つの条件は、すべての犬に当てはまるはずです。

ぜひこれらを意識した上で、愛犬にあった幸せ生活を考えてみましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    明確なルールがあるからこそ犬は生きられるのですなければかこの社会を生きれない
    気持ちを汲み取れないやつは信用されません。それは犬も同じ気持ちに寄り添い行動することが信頼される条件なのです
    一対一で向き合うことは犬には必ず必要です5分でも構いません。スマホ、ゲーム、テレビに向かい合う暇があるなら愛犬に時間を使いましょう
    遊びに限ったことではありません。犬にやるべきことを与えてください、犬は人から当たられた仕事をこなすことが幸せにつながるのです
    一番難しいのが生涯見届ける事です。最期の瞬間まで居られれば愛犬は安心して旅立ちます。
    この5条件を満たしてくれれば最古の生涯を送れると思います。他にも個性により条件があると思います皆さんも最高の飼い主目指して頑張って下さい。俺も誰にも負けない最高の飼い主を目指してます!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。