犬は飼い主の子供と同じ行動を取るか?犬の認知についての研究結果

犬は飼い主の子供と同じ行動を取るか?犬の認知についての研究結果

犬は飼われている家の子供と一緒にいる時、どの程度同じ行動を取るだろうか?という研究結果が発表されました。犬から子供に他する認知や大人の飼い主に対する時との違いなど興味深い結果です。

お気に入り登録

家庭の子供に対する犬の認知

2匹の柴犬と男の子

犬を飼うことが、その家庭の子供の体と心の健康に良い影響を及ぼすという研究は複数発表されています。またそれとは別に、飼い主(大人)に対する犬の認知についても多くの研究が発表されています。

しかし、飼い犬がその家庭の子供をどのように認知しているかについての研究はほとんどないそうです。

犬の存在が子供の社会的発達や情緒面で良い影響があるという一方で、犬の咬傷事故の被害者の多数が子供であることからも、犬の対子供の認知を知ることは重要です。

アメリカのオレゴン州立大学の動物行動学および公衆衛生生物科学の研究者チームが、「犬は飼われている家庭の子供と一緒にいる時に、どの程度子供と同じ行動をするか(行動の同期)」という実験と分析を行い、その結果を発表しました。

犬は子供に注意を払って同じ行動をするだろうか?

小型犬と遊ぶティーン男子

実験に参加したのは、8〜17歳の子供30人と、その家庭で飼われている犬のペアです。

実験は、体育館のような広い何もない部屋で行われました。

床にカラーテープで線が引かれており、「子供たちはどの地点で曲がる」又は、「立ち止まる」などの説明を受けています。

子供はオフリードの犬と一緒に歩き、その様子が録画されて観察分析されました。以下の3つの要素が分析のポイントです。

  • 犬と子供が同時に動いた、または同時に静止した時間の合計
  • 犬と子供が互いに1メートル以内の距離にいた時間の合計
  • 犬と子供が同じ方向を向いていた時間の合計

結果は3つの全てにおいて、犬と子供の行動は偶然を超えた数値で一致していました。

具体的には、犬と子供が「動いた及び静止した」行動の平均60%が一致していました。

それぞれの行動では、「同時に動いた」が平均73%、「同時に静止した」が平均41%でした。

また、犬と子供が互いに1メートル以内の距離にいた時間は、平均27%。犬と子供が同じ方向を向いていた時間は、平均33.5%でした。

この結果は、犬は一緒に暮らしている子供に対して多くの注意を払っているということを示しています。

大人の飼い主に対する場合よりも低いのはなぜ?

ファミリーと黒ラブ

犬は子供に対して注意を払い、同じように行動するというのは良いことなのですが、過去に他の研究で大人の飼い主が同様の実験をした時に比べると、一致した数値は低いものでした。

大人の場合、「動いた及び静止した」行動は約80%一致しており、互いに1メートル以内の距離にいた時間は、全体の約70%でした。(方向に関してはデータ無し)

この大人の飼い主の場合との数値の差は、何によるものなのか?

また、子供の場合でも個人差があることから、犬が子供を良い形で認知している場合の事例を詳しく分析するために、さらに研究が続けられるということです。

まとめ

トイプードルと女の子

オフリードの犬と子供が一緒に歩く実験で、犬の行動がどの程度子供に同期しているかを分析したところ、「偶然の一致よりは高い数値で犬が子供に注意を払っていることが分かるが、大人と同じことをした場合に比べると一致の率が低い」、という結果をご紹介しました。

研究者は、この結果を受けて、子供には犬をトレーニングする能力があり、犬は子供のトレーニングを受け入れるくらいの認知を持っているとしています。

さらに研究を進めて、子供が適切に犬と関わり合う方法を明らかにすることで、咬傷事故を防止し、犬との関係をより良いものにできると期待しています。

《参考URL》
https://link.springer.com/article/10.1007/s10071-020-01454-4

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。