犬の噛み癖を直す方法3選!やってはいけないNG行為まで解説

犬の噛み癖を直す方法3選!やってはいけないNG行為まで解説

犬には“犬歯”が生えているので、噛まれると結構痛いです。今回は「犬の噛み癖」をテーマに、噛む理由やしつけ方法をお届けしたいと思います。犬を飼っていれば誰もが通る道なので、お悩み中の方、是非ご覧下さい!

お気に入り登録

犬はどうして人間を噛むの…?

怒っている犬

犬の「噛み癖」は、犬を飼っている方を悩ませる問題行動の一つです。

甘噛みのうちはまだ良いです。本気で噛まれると、歯形がくっきり残って血が出たり、内出血になるくらい痛いです。

私自身が経験者なので、凄くよく分かります。

そもそも、犬はどうして噛むのでしょうか?理由はいくつか考えられます。

《犬が人間を噛む理由》

  • 遊んで欲しい
  • 自分のものを守りたい
  • 怖いと感じている
  • 抵抗の意思表示

噛み癖があると、誰かを噛んで怪我をさせる可能性があり、家に知り合いを招いたり、ドッグランに連れて行くのも躊躇してしまいますよね。

犬の自由度を上げるには、噛み癖が習慣化する前に直しておくのが賢明です。

犬の噛み癖を直す方法

上目遣いをする犬

1.低い声で叱る

高い声は、叱るときには不向きです。男性の言うことを聞く犬が多いのは、地声が低いことが関係していると言われています。

意識的に低い声で叱ることで、「いけないことをしてしまった」と犬が認識します。立ち上がった状態で見下ろしながら叱ると、より効果的です。

2.無視する

噛まれても反応せずに無視する方法です。一切目を合わせずに、触ったり撫でるのも控えて下さい。

家の中であれば、犬をそのままにして別室へ行くと「あれ、何か悪いことしちゃったかな?」と犬に思わせることが出来るでしょう。

時間は15〜30分程度を目安にします。良心が痛むかもしれませんが、犬のためにじっと我慢です!

3.大きな音を立てる

犬は大きな音が苦手です。その心理を利用して、しつけに用いる方法になります。

例えば、「手を叩いて音を出す」「壁を叩く」など、音はどれか1種類に絞り、短く1回だけ鳴らすのがポイントです。犬の位置から見えないように行って下さい。噛むと嫌なことが起こる、と犬に思わせます。

音に慣れてしまうと効果がなくなるので、使用頻度を下げるために他の方法と併用して行いましょう。

やってはいけないNG行為

あくびをする子犬

長い時間叱り続ける

必要以上に長い時間叱っていても、犬には通用しません。ストレスだけが増殖し、あくびや体を掻くなどのカーミング・シグナルを見せるようになります。

叱る側としても疲れてしまうので、叱るときは短時間集中の一択に限ります。

マズルを掴む

マズルとは、鼻先から口元にかけての部位を指します。昔は犬が悪いことをしたときに、マズルを掴む「マズルコントロール」が浸透していました。

しかし、マズルは犬の急所であり、不快感やトラウマを植え付ける原因になるため、最近では、マズルを掴む行為に対して反対派の意見が挙がっています。

犬が自分の尻尾を噛んでいる!

自分の尻尾を噛むシェパード

子犬に見られる行動として、自分の尻尾を追い掛ける「尾追い」があります。

これだけだと遊びであることが多いのですが、尻尾を噛んでいるときは要注意です。「常同障害」と呼ばれる心の病気が考えられます。

《尻尾を噛むことが多い犬種》

  • 柴犬
  • ポメラニアン
  • ジャックラッセルテリア

尻尾を噛みちぎったり、傷口が悪化する前に動物病院を受診しましょう。

まとめ

頭を撫でられる犬

噛み癖を直すための方法を3つご紹介しましたが、犬の性格に合わせたしつけを行って下さいね。犬を追い詰めることが目的ではないので、精神的に追い込まないよう気を付けましょう。

良いことが出来たときはしっかり褒めて「叱る×褒める」のメリハリを付けると、犬の成長に繋がっていくはずです。

飼い主からの褒め言葉は、犬にとって一番のご褒美ですよ♡

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。