餓死寸前…捨てられたドーベルマンがピカピカの姿に戻るまで

餓死寸前…捨てられたドーベルマンがピカピカの姿に戻るまで

栄養失調でガリガリ、皮膚リーシュマニア症でボロボロのドーベルマンが、保護され、手厚いケアで心身共によみがえる姿を追いました。

お気に入り登録

この命を、なぜ、捨てた!

発見・救出

遺棄されたドーベルマンが迷い込んできたと農家から連絡を受け、ギリシャ・クレタ島の保護団体Takis Shelter が現場に行くと、そこには骨と皮にやせ衰え、皮膚病におかされてボロボロのドーベルマンが、なすすべもなく地面に丸くなっていました。

脂肪も筋肉も落ち切った体で、12月の寒風に吹かれていたのです。首にはゆるくなった太い首輪がはまっています。

なんとか自力で、よろよろと立ち上がった犬。歩く後ろ姿は本当に、骨と皮。よくぞ、まだ生きていました。あと1日、2日遅かったら、手遅れだったのではないでしょうか。

保護

シェルターに保護。柔らかくしたフードを与え、点滴もします。

犬は疲れ切って眠っているようです。少なくともここは暖かい。

小型犬が寄り添ってくれました。

表情も悲し気です。とにかく、力が出ないのでしょう。皮膚病その他の治療と、体力回復に努めました。

回復

元気になってゆく「ディアズ」。仲間の犬と楽しそうにじゃれ合います。

肉付きが格段に良くなりました。回復する力が残っていてよかった。皮膚の状態はどうでしょう?

あ、とてもいいですね。まだ少し、斑点のようにはげているところがあるようですが、おおむねきれいです。

その後

すっかり回復して見違えたディアズが、仲間たちと仲良く遊び、ドーベルマンらしい黒光りする姿ですっきりと立つ姿は、ほれぼれするほど格好良い!

何よりも、瞳に生命力がみなぎっています。これだけ回復する力があったものを、弱らせて捨てた人がいるとは…。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。