逃げまどう捨て犬と救助者との距離が劇的に縮まる5分間

逃げまどう捨て犬と救助者との距離が劇的に縮まる5分間

住宅の裏庭に捨てられた犬は人との接触を嫌っていました。保護の際にも限られたスペースを右往左往して逃げまどいますが、保護にきた人は確固とした思いを持って、犬との距離をじりじりと縮めてゆきます。

お気に入り登録

ボクシングのサイドステップのように、左右に振れて逃げる犬

通報・発見

「シャイロ」は半年前に住宅の裏庭に捨てられていました。そこに住む女性が、犬の保護活動に携わっていることを知って、意図的にそこに捨てたのです。卑怯ですね。

女性は半年間、犬のストレスにならないよう、無理に近づかずに様子を見てきましたが、ついに保護団体HOPE FOR PAWS に助けを求めました。

来てみると、シャイロはとてもおどおどして、裏庭を右へ左へ小走りします。

少しずつ距離を詰めていきます。ある意味、犬にあきらめをつけさせる感じでしょうか。

保護する方も、犬を怖がらず、脅かさず、冷静で断固とした気持ちを維持しないといけませんね。焦って噛む犬の場合は、また違ったアプローチになるのかもしれません。

気持ちが伝わった時、犬はその場に座り込みました。

次の段階は、手を受け入れること。まだ身構えてしまいますが、手が触れるのを拒絶はしていません。

犬のすぐ横に座り、身体接触を増やしていきます。「どうして触るの?どうすればいいの?いじめない?」と訴えるような視線を送ります。

その後

シャイロの動画は、接近の過程を記録して終わります。もちろんこの後、病院での処置や、里親探しといったプロセスを踏んでいったことでしょう。この動画では、犬の動きや表情の変化をじっくり観察してみてください。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。