鎖の長さの範囲が犬の全世界だった。救助、余命宣告…そして凝縮された日々

鎖の長さの範囲が犬の全世界だった。救助、余命宣告…そして凝縮された日々

鎖に12年間つながれたままだった犬が衰弱し、やっと保護できました。体はボロボロで、医師から余命宣告が。残された時間に、今まで見られなかった世界を見せてあげよう。

お気に入り登録

もっと早く、小さな円の世界を抜け出させてあげたかった

世話した年月

米国の動物愛護団体PETAが「ウィリー嬢」と呼ぶこの犬は、1日24時間、365日、鎖につながれていました。

12年間も…。

この半円が、ウィリー嬢の世界の全てだったのです。

人で言ったら、70歳…75歳くらいでしょうか?跳んだり、走ったりが大好きで不可欠な、犬ですよ?

PETAのスタッフがウィリー嬢を訪問しては世話をし、少しの間でも、コミュニケーションをしてきました。

この太い鎖を見てください。

ある日、ウィリー嬢は、衰弱して立ち上がることもできなくなっていました。

こうなって初めて、飼い主はウィリー嬢をPETAに託したのです。

きっと、衰弱死したら始末が面倒だから、ということなのでしょうね…。

犬、そんなに好きじゃないですよね?なんで飼ったんです?団体が譲り受けるというのを、なぜ拒絶し続けたんです?素朴な疑問です…。

病院へ

ウィリー嬢はかなり危険な容態でした。

ずっと、プフップフッと空咳をしています。

余命宣告、そこからの日々

肺に水が溜まっていると判明し、水抜きの処置が施されると、翌日にはだいぶ元気になりました。

しかし医師には、おそらく余命数週間だろうと宣告されました。

そこで、ウィリー嬢を特に気にかけてきたPETAスタッフのジェスさんは、残された時間を存分に楽しんでもらおうと、ウィリー嬢を自宅に連れ帰りました。

ジェスさん、色々体験して、最後の日々を楽しく過ごしてほしい!という思いで、考えました。

まずは友達を招いて「誕生会」

ウィリー嬢、尻尾をブンブン振っています!

続いて「カヌーで川遊び」

身を乗り出すようにしてますよ。すべてが新鮮!

カフェも楽しむ

立ち寄ったカフェでは、長年連れ添ったパートナーのよう。

泣いちゃダメ、まだ泣いちゃダメ、とことん楽しむんだから!

次は「マッサージ」

神妙な表情…。

ふう、気持ちよかったよー。

今日は「消防署訪問」

消防士たちが、ウィリー嬢に敬意を払っていますよ。

嬢はとても、人が好き!出会いを楽しんでいるのが伝わります。

そして、「海辺の休日」

世界は、広かったね。

その後

半円の外の世界で色んな初めてを体験して、遊んで、友達を作って、2週間と2日後にウィリー嬢は息を引き取りました。

友達に囲まれて、きずなを感じながら、静かな旅立ちでした。

ウィリー嬢や、同じ境遇の犬たちを忘れないで。見かけたら、観察して、声をかけてみて。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。