まだ2歳なのにまるで老犬…衰弱しても放置されていた犬をレスキュー

まだ2歳なのにまるで老犬…衰弱しても放置されていた犬をレスキュー

亡き夫の飼い犬に興味がなかった女性は、経済的な困難もあって、衰弱してゆく犬を放置していました。動物愛護団体が引き取って治療と愛情を与えると、犬は若さと健康を取り戻し、そして最高の家庭に引き取られて行きました。

お気に入り登録

2歳なのに、歩く姿は高齢犬で、寝てばかり

通報・発見

2歳の「サラ」は、鎖につながれて、この小屋だけ与えられていました。

食べ物と水はあったようですが、それ以外に、人や犬との接触がない状態で打ち捨てられていました。

ドライアイにもかかわらず毎日の点眼をしないせいで、視力を失いつつあります。

耳の感染症のため、処置しなければ聴力も失う可能性がありました。

サラに関する他の記事を読むと、フィラリア陽性、内臓に他の寄生虫も抱えていました。

こんな状態で放置されていたのです。

動物保護団体PETAのスタッフでさえ、触るのをためらってしまう、不潔な状態だったようで、完全に監禁とネグレクトの案件ですね。

元の飼い主はサラに治療を受けさせる経済的余裕が全くなく、PETAに助けを求めたのだそうです。サラは飼い主の女性の亡くなった夫の飼い犬で、女性はサラに興味もありませんでした。

保護

まだとても若いのに、数歩歩くのもやっとな状態で、寝てばかりいる老犬のようだったといいます。

PETAの施設で、顔も目の周りもきれいになりました。

施設で療養中、サラは起きている間、近くに人がいれば、ずっとべったりくっついていました。

もしかしたら一種の愛着障害だったのかもしれませんね。今までの境遇を考えれば、無理もありません。

新しい家庭へ

治療が功を奏して、サラはみるみる回復していきました。しっかり歩けるようになり、目にも輝きが戻ったのです。若いからこそ、まだ間に合ったのですね!

そんな折、最近2頭の飼い犬のうちの1頭を亡くした家族が、残ったもう1頭のために、相性の良い犬がいれば里親になりたいとの話が持ち上がったのです。

サラが家族に会ってみると、みんながハッピーに。先住犬とも仲良くなりました。

こうして、サラに家族が見つかりました。

里親さんのマッサージにうっとり。こんな触れ合い、今まで経験してないものね。

その後

里親さんは、「サラはすばらしい家庭犬です。私たちと一緒に、幸せに、できるだけ長生きしてほしいです。」と言ってくれました。

里親さんの家庭で安心して甘えるうちに、サラの不安からのくっつき過ぎも収まったかもしれませんね。

孤独からついに救い出されたサラに、そして全ての犬に、幸あれ!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。