狭い囲いの中に監禁されていた姉妹犬。必死の働きかけと結末に涙

狭い囲いの中に監禁されていた姉妹犬。必死の働きかけと結末に涙

2頭の姉妹の犬は、世話を放棄した所有者が設置した狭い囲いの中に監禁されました。巡回してくる愛護団体がそうじやエサやりをできる限り行う一方、警察に通報し、姉妹の保護権獲得に動きましたが…。これは、半分悲しい、半分嬉しい記録です。

お気に入り登録

彼らの訪問を待ちわびていた

世話

黒白の「エリー」と白の「ジジ」です。

2頭の姉妹は、小さな金網の囲いの中で、汚物にまみれて生きていました。

動物愛護団体PETAが何度も訪れて、飼い主に世話することや、果ては犬の所有権の放棄まで説得しましたが、受け入れられずにいました。

PETAのスタッフは、食べ物と清潔な水を持参、訪問するたびに囲いの中の清掃もしていました。

時々訪れるスタッフたちを姉妹の犬は心待ちにし、心無い所有者は、手間が省けたと思っていたのかも。

扉はいつ開くの

姉妹は、どんなにここから出たかったでしょう!

ついにPETAは動物虐待で所有者を警察に通報しました。所有者は有罪となり、今後一切、動物の飼育禁止となりました。グッジョブ!

でも、2頭の所有権の移動にはまだ時間がかかりました。

そして、聞きたくない結末が、訪れてしまいます。ジジが、死んだのです。

囲いの中でエリーは、ジジのなきがらに寄り添っていました。

そうしてやっと、許可が下りました。PETAがエリーの保護権を勝ち取ったのです。

ついに扉は開きました、ただそれは、ジジにとって遅すぎたのです。

PETAは、2頭が監禁されていた囲いを引き倒しました。

そしてエリーは、協力関係にある保護団体の施設で暮らし、医療と愛情を十分に受け取った後、素敵な里親さんに巡り合いました。

里親さん宅には先住犬もいて、エリーは仲良く遊びます。

最後に

エリー、本当によかったね。ジジの分も、思い切り幸せに!

ごめんねジジ、間に合わなかった。会ったこともないジジ、いってしまったジジ、でも忘れたくない。あなたと、あなたのような犬たちを。

ありがとうPETAの皆さん。これからも、よろしくお願いします。応援しています。
↓↓

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。