虐待で前足骨折…放置され、痛みに何日も耐えた小型犬をレスキュー

虐待で前足骨折…放置され、痛みに何日も耐えた小型犬をレスキュー

レントゲンに映し出されたのは、無残に折れた2本の前足。想像を絶する痛みに1週間以上も耐えた子型犬のレスキューストーリーをご紹介します。

お気に入り登録

虐待から救われた犬

2本とも折れた前足

RSPCA (英国王立動物虐待防止協会) サウスオーストラリアで保護されたのは、小型犬種オーストラリアン・テリアの「チャーリー」。

保護された経緯については不明ですが、チャーリーの前足は虐待により2本とも折れていました。

しかし、あろうことか当時のチャーリーの飼い主は獣医に連れて行くこともせず放置したのです。骨折ですから想像を絶する痛みだったはずですが、保護されるまでの1週間余りチャーリーは耐えていたのです。

手術

RSPCAが費用を負担してチャーリーの足の手術が行われ、一時預かりの里親さんを手配してくれました。

※RSPCAはすべて寄附金のみで賄われている非営利団体です。

手術後はベッドから出ないように24時間体制で見守りました。再度骨折するようなことがあればもう再生は難しかったからです。

そのおかげで、再度骨折することなく回復していきました。

フラッシュバック

一時預かりの里親になってくれたヘザーさんが、チャーリーが保護された頃の様子を語ってくれました。

チャーリーにはまだ虐待の記憶があり、フラッシュバックが起こった時には、体を丸めて足を上げ、目を大きく見開くという見るに耐えないものでした。

一時預かりから永遠のおうちに

懸命にお世話をしてくれた一時預かりの里親さんだったヘザーさん。なんと素晴らしいことに、彼女が永遠の飼い主さんになってくれたのです!

回復したチャーリーは、他のわんちゃんたちと走り回れるほどになりました。

最後に

体にも心にも大きな傷を負ったチャーリー。犬は悪意のない純粋な生き物です。虐待という悪意の塊のような行為を理解できるはずもありません。何故こんなことをされるのか分からず、飼い主を恐れても憎むことはなく、ただただ我慢していたはずです。どんなに苦しかったことかと考えると胸が痛みます。新しい飼い主さんの愛情をいっぱい受けながら、虐待の記憶が消えて行くことを願います。

RSPCAの素晴らしい活動と、チャーリーの元気になった姿をぜひ動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA South Australia

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。