捨てられた犬たちが辿る『3つの運命』

捨てられた犬たちが辿る『3つの運命』

この記事では「捨てられた犬たちが辿る『3つの運命』」をテーマに、飼い主さんに捨てられてしまったワンちゃんがその後どのような運命を辿るのか、それについていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

捨てられた犬たちが辿る運命1:愛護センターで暮らす

金網越しにこちらを見つめる犬

飼い主さんに捨てられてしまった場合、ワンちゃんは捨てられてしまった場所によって運命が変わります。ここではワンちゃんと暮らせないと判断した飼い主さんが、愛護センターに預けた場合について書きます。

暮らしていた家でどのような扱いを受けたかはいろいろあると思いますが、ワンちゃんはその家で毎日を過ごすというのが当たり前でした。そこで突然飼い主さんに連れられて知らない場所に行き、そこには知らない人、知らない他のワンちゃんたちが待ち構えているのです。

連れて行かれた直後は、どこかに遊びにきたのかなとワンちゃんも思うかもしれません。そして、飼い主さんもいなくなりしばらく経っても迎えに来ないと感じると置いていかれたと思うはずです。

もし家にいたときにあまり構ってもらえていなかったり、散歩にも連れて行ってもらえなかったりした場合や、飼い主さんから暴力を振るわれるなどの虐待行為を受けていたならば、家にいることに対し物凄いストレスを感じていたはずです。

ところが施設に来たことにより、始めのうちは知らない環境で暮らすことによってストレスを感じることもあるかもしれませんが、家で受けていたストレスがとても大きかった場合は、どこかで喜んでいるかもしれません。

しかし、ワンちゃんがどのように感じていようが愛護センターです。最近はいろいろと改善策がありますが、殺処分の可能性があるということと常に隣り合わせであることには変わりありません。 

捨てられた犬たちが辿る運命2:新しい飼い主さんと出会う

網越しに犬を触る人

先ほどは愛護センターで暮らす場合のことでしたが、愛護センターにいるということは、そこで新しい飼い主さんと出会い一緒に暮らすということもありえます。

どのような経緯があろうとワンちゃんを捨てたという飼い主さんの行動は決して許されることではありません。そのため愛護センターで新しい飼い主さんと出会えたワンちゃんは幸せ者であると思います。それは悪い「元飼い主」よりも良い人であることに違いないからです。

新しい家で暮らすことになったら、また始めのうちは知らない環境でストレスや不安など様々なことを感じるかもしれませんが、そこで楽しい思い出を作ることにより改めて幸せだと思える気持ちを味わってもらいたいです。

捨てられた犬たちが辿る運命3:野犬になる

走り去る車を見つめる犬の後ろ姿

飼い主さんに捨てられる場所が愛護センターだとは限りません。もしかすると道端や山などに捨てられることもあります。仮に外で捨てられて誰かに保護されたらその方の家、あるいは愛護センターに行くことになりますが、そうでない場合はずっと外で自給自足の暮らしを強いられます。

ワンちゃんほ本来狩りをして暮らしていましたが、家庭犬でそのようなことをしたことがないワンちゃんだと、適切な行動ができませんし、外で暮らすことに苦痛を感じるはずです。しかし、家での暮らしがあまりにも酷かった場合は外だとのびのび暮らせることから、対照的に喜びを感じることもあるかもしれません。

まとめ

悲しそうに地面で伏せている犬

ワンちゃんと暮らすことを決めた際には必ず最後まで一緒にいるという気持ちを持たなくてはいけませんし、その気持ちを忘れることは決してしてはいけません。飼い主さんに捨てられることによりどのようなワンちゃんであれ、まずは悲しむはずです。一日でも早く飼い主さんに捨てられるワンちゃんが減ってほしいと思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    捨てられた犬は心に深い傷を負い信頼を失います。心の傷は一生残り信頼を取り戻すには莫大な時間がかかります。犬には飼い主が必要なのです。飼い主が全ての生命体、弱い存在です。買うのは簡単でも飼うのは難しいのはそれが理由です。
    捨てられた身になれば解るでしょう。心の傷の深さ、信頼できなくなった世界で生きていきたくないでしょう。貴女が捨てたことで犬を生きづらくする。飼うのは難しいです、けど捨てるのは飼い主失格だ!犬は人を選べない、だから飼うには責任が問われる、覚悟が必要。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。