【わんちゃんごはん】おなかぽかぽか『鶏肉と冬野菜の煮込み』のレシピ

【わんちゃんごはん】おなかぽかぽか『鶏肉と冬野菜の煮込み』のレシピ

身体がぽかぽか温まる、この季節に食べさせたい『鶏肉と冬野菜の煮込み』。わんちゃんにおすすめの身体に良い食材と、作るときのポイントもご紹介致します。

お気に入り登録

寒い季節のあったか煮込み

人の足元で眠る犬

身体がぽかぽか温まる、寒い季節に元気を与えてくれる煮込み料理。ぜひ可愛いパートナーのために作ってみませんか。この季節におすすめの食材と、わんちゃんごはんを作るときに気を付けたいポイントもご紹介致します。

それでは、作ってみましょう

お料理をする人

材料

(作りやすい分量)

  • 鶏むね肉…2枚
  • 冬野菜(かぼちゃ、大根、かぶ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、白菜、人参など)…適量
  • ローズヒップ…ひとつかみ
  • 小豆、ハトムギ粒、蕎麦の実などの雑穀…お好みで、適量
  • 本葛…大さじ1ほど
  • 生姜…少量

お肉と野菜の分量は、わんちゃんにあわせて加減してください。目安として、お肉6:野菜4くらいが適量です。

作り方

1、雑穀、ローズヒップは、水に浸しておく。鍋に適量の水、浸しておいた雑穀、根菜類、すりおろした生姜を入れて、火にかける。沸騰したら、鶏肉とローズヒップ、その他の野菜を入れる。

2、時々混ぜながら、根菜や雑穀が十分柔らかくなるまで煮込む。(圧力鍋でも作れます。)

3、鶏肉をほぐして食べやすい大きさにする。本葛を倍の量の水で溶き、鍋に加えて2~3分沸騰させる。全体を混ぜたら出来上がり。

出来上がりの写真

このレシピのポイント

人差し指をさす人

旬の冬野菜と、この時期摂りたいビタミンCたっぷりのローズヒップ(ローズヒップのビタミンCは加熱しても壊れにくい)、お腹を温める本葛や生姜、抗酸化作用の高い小豆やハトムギ、血管を丈夫にする蕎麦の実などを組み合わせた煮込みです。

本葛の自然でやわらかいとろみも、身体が温まり食べやすくなるポイント。お腹からぽかぽかになる、寒い季節に元気を与えてくれるわんちゃんごはんです。多めに作ってフリーザーバッグに入れれば、冷凍保存できます。

手作りごはんの分量と、調理で気を付けること

餌を貰う犬達

わんちゃんに食べさせるお肉と野菜の分量は、それぞれのお腹の調子や、同じ野菜でも消化がどのくらいできるかなどによって、それぞれ違います。わんちゃんは、野菜の消化が得意ではありません。やわらかく煮込む、小さく切るなどして、お腹の負担を調理段階で助けてあげましょう。

食べたものがうんちになって出てきたとき、その姿が見えなければ、あ~よかった!と安心できます。私はいつも、食べたものの固さや形と、出てきてくれたものを、なんとなく比べてチェックしています。消化しにくい野菜や穀物があれば、すりおろしたり、食べさせるときにつぶしてあげるのもおすすめ。わんちゃんの身体の状態をよく見てあげてくださいね。

わんちゃんにおすすめの食材

キッチンにいる犬

わんちゃんごはんにおすすめの、食材をご紹介致します。

ルイボスティー

煮込み料理を作るときに、煮だしたルイボスティーを加える。ビタミン、ミネラル、抗酸化作用の高いポリフェノールたっぷり、体内の活性酸素を除去する効果があるので、毎日食べるごはんにお使いになるのもおすすめです。我が家では毎日、水で薄めたルイボスティーを愛犬に飲ませています。

ルイボスティー

ローズヒップ

真っ赤な小さい実のローズヒップ。リコピン、βカロテン、熱に強いビタミンCがたっぷり、抗酸化作用が高いので、季節を問わず摂りたいハーブです。ハーブティーなどにしても美味しいですが、毎日食べるわんちゃんごはんにもおすすめです。

ローズヒップ

まとめ ~季節に合った、愛犬のためだけのごはん~

毛布をかぶった犬

ご紹介致しました『鶏肉と冬野菜の煮込み』いかがでしたでしょうか。

その季節の食材を食べさせてあげられることが、手作りごはんの良いところですね。愛犬のために大好きな食材を組み合わせて、ぜひぽかぽか温まるお料理を作ってみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。