【超危険】犬が飲み込むと死に至るもの4選!今すぐ病院へ!

【超危険】犬が飲み込むと死に至るもの4選!今すぐ病院へ!

この記事ではワンちゃんが飲み込むと死に至るものについていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が飲み込むと死に至るもの1:紐などの長いもの

紐

身近にあるものでワンちゃんが飲み込むと危険なものとして、まず紹介するのが紐などの長いものです。紐を飲み込んでしまうとワンちゃんの身体ではなかなか消化されることがなく、腸に絡みついてしまう恐れがあります。

一度腸に絡みついてしまうと、腸が動く際に腸を圧縮してしまい、この圧縮している状態が長く続いてしまうと血流が止まり、腸を壊死させてしまいます。

ワンちゃんも好奇心があったり、お腹が空いていたりしたために誤って食べてしまうことがあり、案外その後普通に生活してしまうことから、食べてしまってもなかなか気付かないことの方が多いです。

そのため、飲み込めるぐらいの大きさの紐状のものをおもちゃとして与えている場合は、別のものに変えるなどしてなるべく誤飲できない物を与えるようにしてください。

犬が飲み込むと死に至るもの2:人間の薬

いろいろな種類の薬を持つ人の手

人間の薬は、人間が摂取するのに適した成分を含有しています。そのためワンちゃんが風邪をひいたからといって、人間の風邪薬を与えてはいけません。

また、何かの拍子に人間の薬をワンちゃんが飲み込んでしまったら大変危険です。薬は小さいため、万が一落としてしまってもワンちゃんは簡単に飲み込むことができますし、飼い主さんもワンちゃんが飲み込んだことに気づかない場合があります。

もし落としたと思ったらすぐに拾ったり、ワンちゃんが行き来できる場所で薬を開封したりしないようにすれば、誤って飲み込んでしまうリスクを減らすことができます。

犬が飲み込むと死に至るもの3:チョコレートなどの中毒性がある食べ物

チョコレート

チョコレートやコーヒー、ぶどうやネギなどワンちゃんにとって中毒性のある食べ物を食べてしまうことも死に至る恐れがあります。

例えばコーヒーであればカフェインのように、中毒性のある食べ物それぞれに含まれている成分を摂取してしまうことにより、体内で消化されるどころか害を及ぼし、最悪の場合ワンちゃんを死に至らせてしまいます。

そのためワンちゃんに食べ物を与える際は、与えて良いものなのか獣医さんに相談するなどして確証を得てから与えるようにしてください。ワンちゃんが食べてしまう恐れのある場所に置きっぱなしにしてしまうことはもってのほかです。

犬が飲み込むと死に至るもの4:タバコの吸い殻

道端に落ちているタバコの吸い殻

特に散歩に行く際に気をつけなければいけないのが、道端に落ちているタバコの吸い殻をワンちゃんが食べてしまうかもしれないことです。

タバコの吸い殻は臭かったりするため、ワンちゃんも警戒して食べることが少ないかもしれませんが何でも食べてしまう食いしん坊なワンちゃんであったり、好奇心の旺盛なワンちゃんであったりすると食べてしまう恐れがあります。

そのため散歩に出かけた際はタバコの吸い殻が落ちていたら、あまりワンちゃんを近づけないようにしたり、興味を持つようであったら注意したりして興味を逸らすようにする必要があります。

まとめ

獣医師に抱かれて聴診器を咥える子犬

ワンちゃんが飲み込むと死に至ってしまうものは身近にたくさん存在します。万が一飲み込んでしまっても、すぐに症状が出ないなどの理由から発見するのが遅くなってしまいがちです。

ふだんから危ないものは近くに置かないようにしたり避けたりするようにして、もし飲み込んでしまったことを発見したら、すぐに動物病院に連れて行くようにしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。