ケガした野良犬が、治療してほしくて自主的に薬局へ

ケガした野良犬が、治療してほしくて自主的に薬局へ

トルコで薬剤師をしている女性は、何年も野良犬たちを助けています。

お気に入り登録

野良犬たちを助ける薬剤師の女性

日常

トルコの薬剤師バヌーさんは、人々の痛みを和らげるのが日常でした。

しかし最近、彼女のところに珍しい患者が訪れました。

それは足を痛めた野良犬でした。

救助者

バヌーさんは数年前、街頭で助けた犬を養子にしただけでなく、近所のたくさんの野良犬たちに無料でフードと休息の場所を提供し続けています。

どうやら優しい救助者として、彼女の評判は地元の犬たちに伝わっているようです。

ある日彼女は、薬局の外で店が開くのを辛抱強く待っている四つ足の患者に気が付きました。

「どうしたの?」と彼女は野良犬に訊き、その犬を店の中に入れました。

犬は自ら、彼女に怪我した足を差し出しました。

バヌーさんは傷口を消毒して軟膏を塗ってあげました。

「私が傷の手当てを終えると、犬は感謝するかのように横になりました。その様子は、その犬が“私はあなたを信頼している”と言っているように感じました」とバヌーさん。

最後に

その犬はその日は店内で休み、閉店の時に外に出て行きました。

バヌーさんは「私はその犬を養子に迎えてあげられないんです」と残念そうに言いました。

しかしバヌーさんは、もう何年も野良犬たちを助け続けています。

「私は彼らにごはんを提供し、治療し、そして里親を見つけるよう努力しています。」と最後に語りました。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。