飼い主さんの命を救ったのに、独りぼっちで取り残された犬

飼い主さんの命を救ったのに、独りぼっちで取り残された犬

一緒に暮らしていたおばあちゃんが突然倒れて入院してしまいました。家の外に愛犬が、ひとり取り残されてしまいました。さて、犬はどうなるのでしょうか?

お気に入り登録

愛する飼い主をひたすら待つ犬

床下の犬

『Ddoong』と名付けられた犬は、ある家の床下にひとり取り残されていました。

その家には今は誰も住んでいません。

確認

車の音がすると、Ddoongは床下から走りだしました。

1台のパトカーでした。

Ddoongは、パトカーの中を確認しています。

期待した人が乗っていない?

それがわかるとがっかりして、また、家の床下に戻っていきます。

家の中

時々、家の中をのぞいてみるけど、誰もいません。

いったい何があったのでしょうか?

通報

1週間前の朝、この家のおばあちゃんが倒れたと通報が入りました。

おばあちゃんは病院に運ばれました。

それで、Ddoongはひとり取り残されてしまいました。

何が起きた?

Ddoongはいつもおばあちゃんと一緒に行動していました。

その日の朝も、一緒に山に散歩に出ていました。

その途中で、おばあちゃんが倒れたみたいです。

Ddoongは、すぐに山を下り、人々に異変を報せました。

そして、おばあちゃんが倒れた場所に案内しました。

命の恩人

Ddoongがすぐにおばあちゃんの異変を人々に報せたことで、手遅れにならずにすみました。

Ddoongは、おばあちゃんが乗せられたパトカーを追っかけたそうですが、規則で犬を車に乗せるわけにはいきませんでした。

そのため、Ddoongはひとり取り残されてしまったのです。

待つ

Ddoongはひたすらおばあちゃんが戻ってくるのを待っています。

車の音がすれば、期待を込めて走って確認に行きます。

でも、おばあちゃんは戻ってきません。

Ddoongは、町中おばあちゃんを探し回りました。

おばあちゃんと行ったことがあるところへ、おばあちゃんを探しに行きました。

最後に

おばあちゃんはもうすぐ退院して戻ってくるそうです!

それまで少しの我慢です。『Ddoong』を世話してくれている親戚は、おばあちゃんの洋服を彼女のベッドに敷いて、においで安心させてくれました。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。