おすすめ犬のブラッシング用品「スリッカーブラシ」の持ち方と注意点

おすすめ犬のブラッシング用品「スリッカーブラシ」の持ち方と注意点

我が家で使っているお気に入りのブラッシング用品「スリッカーブラシ」を紹介します。傷を作ってしまうので、力加減には要注意です。

お気に入り登録

スリッカーブラッシング

我が家は、ダックス、チワワ、ヨークシャーテリアの多頭飼いです。

ダックスとチワワは、換毛期があるため、我が家に欠かせないのが、”スリッカーブラシ”です。

スリッカーブラシ

”スリッカーブラシ”には二種類あって、

  • 先が尖ったままのもの
  • 先端に安全玉が付いているもの

が、あります。我が家は、先端に安全玉が付いているものを使用しています。

スリッカーの利点は、

  • たくさんの範囲をとかすことができる
  • 換毛期の時に、アンダーコートがよくとれる

ところです。我が家は、ダックスと、チワワが換毛期があるので、とっても助かっています。

スリッカーの欠点は、とかす強さを加減しないと、ワンちゃんの皮膚に傷を作ってしまうことです。

スリッカーを使用するときは、必ず力加減は意識しながら使って下さいね。

使い方・持ち方

持ち方は、鉛筆をもつ持ち方ど、軽くとかしてくださいね。それでも、力加減がわかりにくいようでしたら、自分の手の甲などを使って感覚をみてください。

持ち方

我が家の愛犬たちは、ブラッシングが大好きで、一匹ブラッシングしていると、まだかまだかという感じで、順番待ちしています。

私も、しっかり抜け毛がとれてるのが確認できると、スッキリします。

換毛期にいいといわれている、アンダーコートや死毛をとるといわれている、シェッドバスターというのも持っていますが、あまりにも溶かす歯が細かすぎて、確かにぬけますが、あまりにも抜けすぎて薄毛の様になってしまったので、私はスリッカー(先端に安全玉がついてるの)が、おすすめです。

スリッカーは、ヨークシャーテリアのような、絹糸状の毛の子にも、しっかり使えますので、一つはあると便利かと私は思います。

↓の写真が、安全玉なしのスリッカー

安全玉なしのスリッカー

↓の写真が、安全玉ありのスリッカーです。

安全玉ありのスリッカー

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。