犬に一人遊びをさせる時の3つの注意点とおすすめの遊びグッズ

犬に一人遊びをさせる時の3つの注意点とおすすめの遊びグッズ

お気に入りに追加

お留守番の時など愛犬に一人遊びをしていて欲しいタイミングは必ず存在します。しかし、飼い主が見ていないという状況の場合、注意点を知ってく必要があるのです。今回は犬に一人遊びをさせるときの注意点とおすすめのアイテムをご紹介します。

7555view

犬に一人遊びをさせるときの注意点

おもちゃで遊ぶ犬

お留守番をしてもらう際、あるいは家事などの用事をしている際、愛犬には一人で遊んでいてもらう必要があります。しかし、一人遊びは飼い主が監視できないことが多いため危険が伴います。そこで一人遊びを安全に行わせるための注意点を確認しておきましょう。

1.噛むことで破損するような物は危険

ぬいぐるみをボロボロにする犬

犬は元々狩猟をしていた動物のため、本能として「噛む」という行為が備わっています。与えたおもちゃも噛んでしまい、すぐにボロボロにしてしまうという話はよく耳にしますよね。

このように噛むことによってすぐ破損してしまうようなプラスチック製の物や布製のぬいぐるみなどは、一人遊びをさせている際に万が一壊してしまった場合、非常に危険です。口の中に入ってしまえば誤飲の原因になりますし、怪我をしてしまう可能性もあります。

したがって、お留守番などの飼い主が見えないところでの一人遊びには、壊れやすいおもちゃを与えないようにしましょう。

2.口にすっぽり入ってしまう物はNG

ボールを咥える犬

愛犬の体のサイズによっても口の大きさは異なりますが、愛犬の口にすっぽりと入ってしまうようなおもちゃは危険です。飼い主が見ている前であれば、口に入ってしまった際にとりだしてあげることができますが、見ていない一人遊びの場合、口の中に入れて自力で取り出せないという状況に陥るかもしれません。

また口内で止まればまだ良いですが、そのまま飲み込んでしまう危険性も考えられるため、窒息してしまうリスクも考えられます。

一人遊びをさせる場合には、噛んでいてもすっぽりと口の中に入ってしまわないサイズの物を選び与えてあげるようにしましょう。

3.穴のあるボールは舌を挟む危険性

黄色いボールを潰している犬

一人遊びの際にボールを与えている飼い主さんは多いでしょう。しかし、そのボールには穴があいていませんか?実は穴があいているボールも犬のおもちゃとしては危険性が伴います。

実際、海外では愛犬が穴のあいたボールで遊んでいる際、穴に舌を誤って入れてしまったことで抜けなくなってしまい、最終的に舌を切断しなければいけない事態に陥ってしまったトラブルが報告されています。

飼い主と一緒にボールを投げて取りに行く、という遊びをしている場合には、飼い主がしっかり見張っていてあげる事で回避できますが、見張ることができない一人遊びの場合には与えないようにしましょう。

ボールを与えたいのであれば、丈夫なタイプで穴のあいていない物を選んであげると良いでしょう。

一人遊びにおすすめの遊びグッズ

ぬいぐるみを持つ犬

どのようなおもちゃが一人遊びに危険であるかを知ったところで、Amazonで購入することができる犬の一人遊びにおすすめのおもちゃをご紹介します。耐久性などの安全面を考慮したおもちゃを選びましたので、安心して与えてあげてくださいね!

LaRoo 音の出る玩具

LaRoo 音の出る玩具 二点セット
1,480円(税込)

商品情報
・音が鳴る
・ラバー素材のため、丈夫で環境に優しい
・歯磨き効果もある

こちらはダンベル型のおもちゃです。狩猟本能のある犬のため、噛んでも安全な丈夫な素材で作られています。音が鳴る構造のおもちゃですので、犬にとっても夢中になって遊べるおもちゃでしょう。またデコボコしているため、歯磨き効果も期待できます。

しかし、小型犬用のおもちゃのため、大型犬や中型犬に与えてしまうと口のサイズに合わず、すっぽりと口に入ってしまう可能性がありますので注意しましょう。

Raffaelo

Raffaelo デンタルトイ
1,580円(税込)

商品情報
・ラバー素材のため、丈夫で環境に優しい
・明るい色
・遊びながら歯のケアができる

ぬいぐるみを与えてしまうと布を破ってしまい、中の綿が出てしまう危険性があるため、一人遊びをさせる場合には少々危険です。しかし、この動物の形をしたおもちゃはコットン製の縄で作られているため、通常のぬいぐるみよりも遥かに丈夫です。

しかし、こちらも縄で作られているため、少しでもほつれが見え始めたら一人遊び用のおもちゃからは外し、飼い主の見ている前で使う用にチェンジしましょう。

まとめ

おもちゃを前足で挟む犬

いかがでしたでしょうか。一人遊びに慣れさせることは、飼い主と暮らしていく上で必要になってきます。しかし、注意点を守らなければ愛犬に怪我をさせてしまう危険性があるのです。皆さんも一人遊びをさせる際は、今回ご紹介した注意点を踏まえた上でおもちゃを与えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。