犬と泊まれる宿の選び方と守りたい4つのマナー

犬と泊まれる宿の選び方と守りたい4つのマナー

愛犬との旅行で宿泊できる施設が増えているのは嬉しい事ですよね。しかし中にはマナー違反のためにペットとの宿泊サービスをやめる宿も増えています。宿の選び方と守りたいマナーをご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬との宿泊ではマナーを守ろう

スーツケースを持った女の子と犬

愛犬を連れた旅行の人気が高まっていることもあり、年々、ペットと泊まれる宿も多くなってきました。選べる宿が増えることは愛犬家にとっては嬉しい事でもありますが、残念なことにペットの受け入れをやめてしまう宿も増えています。これは一部のマナー違反の飼い主による行動が原因です。

「部屋を汚すor破損しても宿へ伝えない」「しつけをせずに他のお客さんへ迷惑がかかっている」「ペット立ち入り禁止の場所へペットを入れている」など、飼い主のルールやマナー違反が原因となっています。愛犬との旅行を楽しむためにもマナーを守り、飼い主一人一人が意識することで泊まる側も泊める側も満足のいく環境を作っていきましょう。

犬と泊まれる宿の選び方

車から顔を出す犬

犬と泊まれる宿を選ぶとき、何を重視しますか?犬と泊まれる宿泊施設が増えているため、その選び方には注意したいものです。

宿のルール

例えば宿泊施設ごとに設けられているルールは異なります。犬の入室可能な範囲は必ず確認をしましょう。例えば同じ部屋に入れるのはOKでも、室内ではケージに入れたままといった宿泊施設もあります。また、基本的には人間が使うソファーやベッドには犬を乗せるのはNGなところがほとんどです。他にも排泄物を捨てる専用のごみ箱が用意されている施設もあれば、全て持ち帰りといった施設もあります。それぞれ衛生管理にも関係してくるため、どこまでOKでどこからNGなのかを事前に確認しておきましょう。

宿の形態

ホテルなのか旅館なのかロッジなのか、フローリングなのか畳なのか絨毯なのかといった、宿の形態や室内の様子も確認しておきましょう。例えば他の宿泊者もいるようなホテルの場合、他の人や動物が苦手な犬からしたらすれ違うことがストレスになってしまいます。そういった場合は、一棟貸しのロッジなどでのびのびと過ごす方がリフレッシュできますよね。

後でルール違反とならないように、宿の選択は事前にじっくりと検討しましょう。

犬と宿泊するときに守りたいマナー

スーツケースに入った犬

犬と泊まれる施設だからといって、何もかも自由にしていいというわけではありません。それぞれの施設にルールがあるため、最低限そのルールは守る必要があります。同時に他の宿泊客への配慮や飼い主として守っておきたいマナーもあります。

1.狂犬病、ワクチンの予防接種

狂犬病の予防接種は義務ですが、それ以外の推奨されているワクチンについても摂取を済ませておきましょう。旅先のいつもと違う環境では他の動物と触れ合う機会が多くなるため、愛犬を守るためにも大切なことです。

2.旅行前のシャンプーや入室前のブラッシング

ブラッシングされる柴犬

宿泊施設を利用する場合、旅行前にはノミダニの対策やシャンプーを行い、愛犬の体は清潔にしておきましょう。部屋への入室前には愛犬の足を洗い、ブラッシングで汚れも落としておいた方が清潔に利用することができます。宿泊施設はあくまでも借りているものなので、家以上にその清潔感には気を付けたいものです。

3.トイレのしつけ、排せつ物の処理

トイレのしつけができていることも重要ですが、いくらしつけをしていたとしても慣れない環境のため施設内で粗相してしまうこともあるかもしれません。そういった場合は宿泊施設のルールに沿って処理を行いましょう。ほとんどの施設で報告が必要だと思いますので汚してしまった場合は隠さずに報告をしてくださいね。

4.吠えへのしつけ

吠えている犬

トイレのしつけと同じく重要なのが吠えることへのしつけです。不特定多数の人が宿泊しているような施設の場合、犬の吠える声にクレームがくることもあります。愛犬が吠え続けている場合は外へ連れ出す、不安を解消するなど、何かしらの対策を取るようにしてください。普段から吠えた際に静止できるようにしつけておくことも大切です。

チェックアウト時の掃除

チェックアウトの際には簡単に掃除をすることも犬を連れた宿泊時のマナーです。排泄物を残していかないことはもちろん、簡単に粘着テープなどで飛び散った毛を掃除できるといいですね。

まとめ

宿から外を眺める犬

犬と泊まれる施設を減らさないためにも、私たち飼い主一人一人が利用の際にはマナーを守った行動を心掛けたいものです。ぜひマナーを守ったうえで愛犬との旅行を楽しんでくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。